死ぬまでに観たい映画
旅の情報・グルメ

海外旅行の靴の選び方&ヨーロッパ旅行におすすめの靴を解説!

どうもこんにちは、NITARIです。

海外旅行って、靴の選び方にすごく迷いませんか?
靴はそれほど何足も持っていくものでもないし、失敗したら旅行が台無しになることもありますよね。

NITARIはじつはコンフォート靴の専門店でしばらく働いていたことがあって、専門的なトレーニングも受けました。今回はせっかくなのでぜひ「歩きやすい靴の選び方」のノウハウと、おススメの靴をご紹介したいと思います!

海外旅行におすすめの靴の選び方を徹底解説!

海外旅行にどんな靴を履いていくのかは結構重大な問題です。
まあ実際、「履きなれた靴」が一番だとは思うんですよ。

もし、あなたが履きなれた靴を持っているのだとしたら、絶対にそれを履いていくべきです。

「せっかくの旅行なので靴もかわいく新調したい!」という方もよくいますけど、それはマジでリスク高すぎです。

ただ、普段は街で短時間歩く為の靴しか持っていないとか、履きなれた靴はすでにボロボロで不安が・・・という人もいるし、「せっかくなら長く履けるウォーキングシューズが欲しい」という方もいると思います。

そういう方のために、いくつかのポイントを踏まえて靴の選び方とおすすめ靴をご紹介しますね。

私はヨーロッパによく行くので、ヨーロッパや東南アジアなど、石畳や砂利道を歩く機会の多そうな都市への旅行を想定します。

海外旅行(ヨーロッパなど)におすすめの靴ってどんなもの?

ポイント別に映る前に、「そもそも自分の持っている靴が、旅行向きなのかどうかもわからん・・・」という人のために、「旅行におすすめの靴タイプ」を説明しますね。

①スニーカーである

これはまず絶対です。
「スニーカーはかっこ悪いから嫌だ」とか「エレガントにヨーロッパを歩きたいから嫌だ」という方もいますが、ほんと後悔するから辞めたほうがいい。

いや、良いんですよ。
マジで美意識高い人はそんなこと気にせず、誰がなんといおうと好きな靴を履くのだろうし、それはその人それぞれの楽しみ方なんでいいのだと思うんですよ。

ただ、それは「足が痛くなる」というリスクを重々承知の上での話です。
普段から当たり前のように革靴やハイヒールを履いている人ならいいかもしれない。(日本よりは石畳多いけど)ただ、「旅行の時くらいおしゃれしたい」という考えで浅はかに美意識を発信するのは辞めたほうがいいです。

②ある程度、靴底にクッションがある

後で細かく説明しますが、スニーカーやスポーツシューズの場合、靴本体の重さを軽減するために靴底を薄く作っているものがあります。

特に専門性の高いランニングシューズなどによく見られます。
しかし、これはランニング用に作られているもので、元々足の裏の筋肉がある程度発達した人向けのシューズです。

もちろん足の筋肉が発達したひとならいいけど、海外旅行、特にヨーロッパやアジアなど、石畳などで足場の悪い場所への旅行には向きません。

詳しくは後で説明しますが、ある程度クッションのあるものにしたほうがいいです。

③サイズがピッタリ

サイズがピッタリかどうかも重要なポイントです。
普段の街歩き程度であれば、サイズが多少大きめだったりしてもそれほど疲れません。

なので、「ちょっと大きい気がするけどいつもは疲れないよ」という靴も要注意です。長く、足場の悪い所を歩くのだから、ぴたっとフィットしているものを揃えるのが鉄則です。

海外旅行向けの靴を買うタイミングは?

これは重要なポイントですが、靴の販売をしていた時にたまにいたのが、「来週から旅行だから履きやすい靴が欲しい」と言ってくる人。

遅い。遅すぎます。

普通、革を使った靴でも毎日履いて2週間くらいしないと自分の脚に馴染んできません。布を使ったスニーカーの場合は、そもそも足に合わせて伸びるという事もないのでまあまだ2週間くらいあればいいですけど、革タイプのスニーカーなどを選ぶ場合は、1カ月は見たいところ。

2週間でもいいですけど、リスクは高いです。
もしも、そこそこ歩きやすい靴を持っているけど、この機会に新調したい、けど時間はあと1週間しかないっていう人は、とりあえず今回はすでに持っているものを使うか、念のため予備に持っていくのが無難です。

海外旅行には靴は何足持っていけばいい?

私の場合は、履いてゆく靴以外に1~2足ですかね。
スニーカータイプの他に、ちょっとしたお出かけにも使えるキレイ目のシューズも持っていきます。

女性でいうとバレエシューズ的なやつですね。男性だとビジネスやフォーマルっぽいやつ。
私なんかが大したところでご飯食べるなんてことも滅多にありませんが、メインで履く靴がトレッキングみたいなガチなやつなんで、ライトに使えるものをオシャレ用として一つ持つかな、っていう感じです。

ドレスコードがあるお店や、オペラやコンサートなどでもやっぱり少しビシ!と決めたいこともあると思いますので、男性も女性も「ちょっとフォーマル」も持っていくことをおすすめします。

海外旅行におすすめの靴をネットで買ってもいい?

この記事では、海外旅行におすすめの靴をご紹介していきます。
実際にAmazonでおすすめのタイプの靴をリンクで貼っていきます。

ただ、本当は靴はお店で買うのが無難ですよね。
実際に履いてみて、歩いてみないと自分の足に合うかどうかは分かりません。

しかーし!Amazonに関しては試着後の返品・交換がなんと無料!
送料も着払いでいいんだからかなり良心的だし、気軽に帰るので本当におすすめです。

サイズ選びに迷ったら、数サイズ&数カラーまとめて注文して、気に入らなかったものを返品すればいいんだからマジでおすすめ。

海外旅行におすすめ!タイプ別の靴の選び方【スニーカータイプ】

それでは実際に、「買うぞ!」という人向けにおすすめの靴を紹介していきたいと思います。

タイプ別に説明し、そのあとで「こんな靴がおすすめだよ」という例を挙げていきます。

今回は、総評として割と「フィットする人が多いタイプの靴」をご紹介するので、誰の足でも必ず合う、という事ではないことをご承知おきください。
選び方のコツを踏まえて、選んでいただければいいなと思います。

ローカットのレースアップスニーカー

ローカットのレースアップスニーカー

いわゆる、普通の紐のスニーカーですね。
スポーツブランドから出ているようなシューズです。

ある程度、全体的にホールド感があり、足の形に添ったフォルムのものがおすすめです。

海外旅行におすすめのレースアップスニーカー【男女】

上が女性用、下が男性用です。アシックスとニューバランスで選んでみました。
どちらにも言えることは、比較的アッパー(靴上部の本体部分)と靴底がしっかりしていることです。

足場の悪い所を長時間歩くとき(石畳や砂利道など)は、靴全体があまりにも柔らかい状態だと疲れてしまう事がありますので、どちらかといえばある程度ホールド感のある、しっかりしたものをお勧めします。

スニーカーというと、非常に軽量で柔らかいタイプのランニングシューズも根強い人気がありますが、あまりおすすめしません。

ランニングシューズ

本格的なランニングシューズは、走ることを目的としている為、アッパーが非常に柔らかく通気性がいいタイプで、靴底も非常に軽く柔らかいものが多いです。

全体が非常に柔らかいシューズは=(イコール)歩きやすいと誤解されますが、あくまでもこれはトレーニング用。ホールド感のあまりないシューズは石畳や砂利道では靴の中で足が動いてしまい、かなり疲れてしまう恐れがあります。

あまりにも軽くてクニャクニャと柔らかいものは避ける方が◎。

ハイカットのレースアップスニーカー

ハイカットのレースアップスニーカー

ハイカットのシューズは割とおすすめです。

ハイカットになっていると、足首が自然にホールドされるので、その分歩いたときに非常に安定感があり疲れづらいです。

ご紹介したのはバスケットシューズですが、スニーカーのハイカットタイプは比較的おすすめです!

海外旅行におすすめのハイカットのレースアップスニーカー

やはりアッパーも靴底もある程度しっかりしたホールド感のあるタイプがおすすめです。

人の足の形にもよるのかもしれませんが、人気のコンバースのシューズはあまりおすすめしません。ハイカットもローカットも同じです。

コンバース

コンバースは見た目はかわいらしいですが、足の形に添った靴ではないし靴底もフラット。やはり靴は、全体的に足の形に添ったフォルムのものをおすすめします。

スリッポン型スニーカー

スリッポン型スニーカー

本来、「歩きやすい靴」を探している人にスリッポンタイプのものは絶対におすすめしません。

なぜかといえば、確実に靴ひもでしっかり足をホールドしてあげることが、安定して歩くことができる鉄則だからです。

ただし、いろんな事情もあると思うんですよ。
めんどくさい、とか。

めんどくさいのもまあ私としては立派な理由だと思います。
めんどくさすぎて靴紐を緩めて履くのとか本当におすすめできないし、それだったらスリッポンタイプのほうがマシかも。

海外旅行におすすめのスリッポン型スニーカー

やっぱりここでも、足の形にフィットするタイプのスリッポンシューズをおすすめします。このタイプのシューズは全体的にソフトで着脱も楽。

ホールド感は紐タイプには劣りますが、それでもまずまずフィットしてくれます。

悪い例としては、以下のようなタイプ。

死ぬほど安いけど足壊れそうな気しかしない。

まあ、足に合えばいいのかもしれないけどね・・・

アウトドアタイプのスニーカー(トレッキングシューズ)

トレッキングシューズ

場合によって割とおすすめしたくなるのが、アウトドア用のシューズ。いわゆる「トレッキングシューズ」です。

トレッキングシューズは、ちょっと持つだけでわかると思いますが基本的に重いです。
なので、実はすごく足が疲れるのではないか?と思いますよね。

実はそうでもないんですよ。
トレッキングシューズは靴底は非常にしっかりしていて重量があり、アッパーの部分もかなりしっかりしていますよね。

しっかりした靴底がバネのような作用になり、自然に足を押し上げてくれるというのが特徴なんですよ。

確かに重量はあるのですが、てこの原理で簡単に歩けるように作られているので、長時間歩いても疲れづらい。

とはいっても普通の街歩きにはトゥーマッチかもしれませんが、遺跡見学とかするにはすごく良いと思いますよ。

Amazonを覗くと、4~5千円のトレッキングシューズも観られますが、マジでそれ意味ないです。

絶対ただ重いだけで足痛くなると思うしすぐ壊れる可能性もある。
それに、せっかくトレッキングシューズを選ぶんだったらゴアテックスGORE-TEXの素材にしないとダメ。

「ゴアテックス」とは?

「ゴアテックス」とは、完全防水の素材の事です。
非常に薄い、布状の素材。これが靴の中に入っていて、足をまるまる包んでくれていることで、水の侵入を防ぐ作用があります。

ビニールなどの素材と違い、水の粒子よりも細かい穴が開いており水蒸気は通すので、通気性には優れているのに防水、という画期的な素材です。

靴の他に、レインウェアなどでも使われている、高級素材です。
なので高い。

海外旅行におすすめのトレッキングシューズ【男女】

おすすめなのは、やっぱりアウトドアブランドのものでしょう。
ノースフェイスは可愛いですしね~。私も欲しい!

私が前々から欲しいぞ~と思っているのが、アメリカのメレルMERRELLというブランドのシューズ。

何でほしいかといえばかわいいからです(笑)。
アウトドアブランドとして非常に有名。もちろんゴアテックス。

いつか買うぜ。

ブーツ

ブーツ

今までの事を踏まえると、ブーツは基本的にはあまりおすすめできません。

が、ブーツだったらなんでもかんでもダメだという事もありません。
たとえば、最近はやりのレースアップの革製ブーツとか、シンプルなサイドゴアのブーツとかだと、ちょっとかしこまった席でも使えちゃったりするからです。

海外旅行におすすめのブーツ

別にかっこよくもなんともないのですが、パンツスタイルにこういったブーツだったら、少しかしこまった感じになりそうです。

少し年齢層高めかな?とは思いますが・・・

eccoの靴は靴底が柔らかいものが多いので、歩きやすさはとても考えられていておすすめですよ!

あと、サイドジップのブーツって機内の着脱にもすごく便利です。

海外旅行におすすめの靴【スニーカー以外】

今まではスニーカータイプに焦点を当てて観てきましたが、ここからはスニーカー以外のシューズをご紹介したいと思います。

革靴・ビジネスシューズ

ビジネスシューズ

ビジネスシューズやちょっとしたフォーマル用の靴は難しいですよね。

まあ、メインで履くのでなければ、普段履いているものでも十分じゃないかな?と思います。あくまでもメインはスニーカーをおすすめしたい。

もしも歩きやすいビジネスシューズが欲しい!という場合は、こちら

海外旅行におすすめのビジネスシューズ

先ほどもご紹介したeccoのシューズです。

何でこのシューズがいいのかというと、靴底の素材が一般的にスニーカーで使われているポリウレタンを使用しているところです。(普通はゴムか革。どちらも堅い)

めちゃめちゃソフトで歩きやすいです。
普段のお仕事にもおススメ出来ます。

サンダル

サンダル

サンダルもやはりメインで履くのはおススメしませんが、一足あると何かと役立つアイテムではあります。

歩きやすいものだったら、夏の街歩きには結構重宝するしね。

機内とか、ホテルの中でも使えます(私はスリッパ派ですが)

海外旅行におすすめのサンダル

メンズもレディースも、ビルケンシュトックはいいですよね~。
ゆったりとしているし、デザインもかわいらしい。

たまに足に合わないとえげつない靴擦れできることがありますが、基本的にはほんとにおすすめです。

まとめ

以上が海外旅行におすすめの靴と選び方でした。
まとめると、「足の形にあったもの」「柔らかすぎないもの」これだけ。

Amazonの通販で買う場合は、未使用だったら返品できますから、家の中で何度も履いて歩いてみてください。

フィットした靴で楽しいご旅行をお楽しみに~☆

あわせて読みたい
フットレスト
【飛行機内で快適】おすすめのフットレスト&快適グッズ完全ガイドどうもこんにちは、NITARIです。 美術館巡りが大好きな私は、お金を貯めてはヨーロッパへ絵画鑑賞の旅に出ていた。 ヨーロッパ旅行・...