死ぬまでに観たい映画
旅の情報・グルメ

【旅行期間別】海外個人旅行プランの立て方の3つのコツ!

どうもこんにちは、NITARIです。

普段はツアーで旅行をする!という方でも、自由旅行に挑戦したいと考えている人は多いと思います。

だけど問題は、どうやってプランを立てるのか?という事。
今日はそんな方におススメの、旅行プランの立て方のコツを伝授します。

海外個人旅行プランの立て方

旅行期間が3~8日程度の場合

旅行の場合は、最初の段階で「旅のテーマ」をある程度決めておくと非常に効率がよくなります。。

例えば、「美術館を巡りたい」「ショッピングをしたい」「美味しいものを食べたい」「ホテルでのんびりしたい」という、旅の「目的」ですね。

友だちと行かれる方だったら、「とにかく友達とワイワイ楽しみたい」でもOKです。

特に短期の自由旅行の場合は、目的がある場合はまず「何も考えずに行く」というのは避けたほうがいいです。(リゾートなどでとにかくダラダラしたいとかならOKですが)

たったの8日間、時差があるので実際動けるのは5~6日だと思いますが、思った以上にあっという間に過ぎてしまいます。

まずは、自分が何をしたいのか、という事を、大体3つくらい書いておくのをおススメします。

【個人旅行テーマの例】

  1. 観光地を巡る
  2. ショッピングをする
  3. 美味しいものを食べる

まあ、このくらいが一番メジャーなテーマだと思います。

もちろん、短期の旅行でもテーマとかを決めない方法もあると思いますが(それは自由です)、効率的に観たいものがある場合はテーマを設定しておくのがおススメなのです。

「巡るべき観光地」を見極める

上記の3つの中で、いい意味でも悪い意味でも最も広い意味を持つのが「観光地を巡る」です。

私の場合は元々美術館が好きなので、見たい美術品に合わせて訪れる都市を選んでいるくらいですが、一般的には漠然と「観光地は見ときたいよね」という人も多いと思います。

だけど実はこの「巡るべき観光地」も、大都市の場合は相当絞っていかないと見切れない場合もあります。

例えばパリなんかは美術館だけでも1週間では到底見て回れないし、ローマだって教会や遺跡を見て回るのには1週間ではとても無理。

「地球の歩き方」にある、「おすすめ3つ星」の観光地すら全部回れなかったりしますからね。

地球の歩き方三ツ星地球の歩き方3つ星

(地球の歩き方の3つ星の選出についても結構疑問も残りますし……)

その場合はそもそも「なんでこの国(都市)を選んだのか?」という事に立ち返って考えることをお勧めします。

例えば「おしゃれなパリをブラブラしたい」と漠然と思っていたんだったら、何が何でもエッフェル塔に上らなきゃいけないわけでもないし、ルーブル美術館に行かなくてもいいわけです。

実際私は2回パリに行きましたが、一度目はなんとルーブルをすっ飛ばしたし、一度もエッフェル塔にも上ってないしヴェルサイユ宮殿にも行ってません(行きたいな~)。

割と世の中には「とりあえず有名だから行く」とか、「とりあえず世界遺産だし」っていう感覚で旅をする人結構多い感じがするんですけど、まあ別にそれでもいいと思うけど、例えば「モンサンミッシェルもヴェルサイユ宮殿も美術館もショッピングも楽しみたい!!」とか短期旅行で詰め込みたい人は、無理はしないほうがいいと思うんですよね。

とか言うと、私の場合は仕事せずに旅行しちゃうんでいいよね!とか言われちゃうんだけど、それはそうかもしれないけど詰め込み過ぎるとすっごい疲れるし、特に誰かと一緒に旅する場合は十中八九険悪になると思うから、ある程度ゆとりを持たないとあんま意味ないと思う。

旅行の疲れって半端じゃないですからね。

2週間~1か月の中期旅行

中期旅行といっても、実は2週間~1か月って変にタイトなんですよね。

例えば国の規模にもよりますが、1か国の場合は意外と厳選しないとものすごく大変なプランニングになっちゃうと思うので注意が必要。

例えば、ドイツを見て回るとします。

私の場合はベルリンから始まって、ドレスデン、ミュンヘン、フランクフルト→ベルギーを移動しました。
それでもベルリンでも3~4日しかいられなかったし、他も2~3日滞在くらいしかできなかったよね。

ドイツ旅行というと日本では、ロマンティック街道あたりが非常に人気のスポットですが、私は完全にその辺はスルーしてのプランでしたが結構タイト。

中長期旅行のプランの立て方のおススメ

中長期旅行の場合は、基本的に大都市に滞在して、大都市を起点に近郊の小都市をめぐる、というプランの立て方がベストです。

これを私は「サテライト型プラン」といっています。

サテライト型図解

例えば、フィレンツェに1週間滞在して市内や近郊を巡り、ローマに移動して同じく市内や近郊都市を回る、といったプランです。

これに対して、大都市も小都市も関係なく行きたいところを順次回ってゆく方法を、「プラネット型プラン」といっています。

プラネット型プラン

行きたいところに立ち寄りながら、一都市一都市巡ってゆく方法です。

最も効率の良い旅行プランの立て方は「サテライト型」です。

当たり前ですが大都市に拠点を置くので、軽装で観光することができます。
そもそも大きな荷物は、旅行中はあまり持たないほうが理想です。大きな荷物を持っているという事は、必ず「パスポートを持っている」と宣伝して歩いているようなものだからです。

重いから大変、という事だけではなく、安全面でもなるべく大きな荷物は持たない努力をしましょう。

行きたい都市を順次回ってゆくというプラネット型の方法は、確かに見たいものを網羅することはできるかもしれませんが、都市の移動の際必ず大荷物を持たなければならないし、移動自体が多くなりますので、あまりおススメ出来ません。

大荷物をもって、小さな都市に一泊し、そこから大荷物をもって別の都市へ移動する、という方法は、普通のようにも見えますが非効率的です。

できるだけ、日帰りで帰れるんだったら近郊の大都市に3~4泊はして巡ることがベストです。

例えば、私は初めてプラハに行ったときに、どうしてもチェスキー・クルムロフに行きたかったので、プラハのホテルに大きな荷物を置いて、軽装で一泊だけのためにチェスキーに行きました。

ふつうは大荷物を持ってしまうところでしょうが、チェスキークルムロフのような小さな都市は交通の便も悪いので、荷物を持って回るのはちょっと負担……というか、できなくはないですが、軽装で向かう事がベターだと思います。

もちろん、大都市自体が少ない地域というのもあります。
私はいずれシチリア島で遺跡巡りをしたいと思っていますが、遺跡の拠点となる都市があまりないのでそういう場合は全部荷物持って移動すると思います。

1か月以上の長期旅行

1か月以上の長期旅行の場合も基本的には上記のプランの立て方と同じです。

しかし、1か月以上、特に3か月くらいとか行ける場合には、「ちょっと飽きる」くらい一つの都市に滞在してもいいかな、と思います。

まあ本当にやることなくて飽きる必要はないんですけど、一年ごと民泊で1週間くらい住んでみるのはとってもおススメ。本当の生活感を味わえます。

しかしそもそも1か月以上も自由旅行する場合は、特にテーマとかも必要なく、何となく気の赴くままに旅をする、というのも全然ありですよね。

それができるのは長期旅行しかありません。

まとめ

旅行のプランの立て方によって、その時の旅行の印象って全然変わってきます。

今回のプラン方法は、いろいろ見て回りたい人向けのもので、もっと気ままに旅を楽しむタイプの方には向かないかもしれません。

色んな旅行をしましたが、私としてはとにかく「詰め込み過ぎないほうがいいよ!」というのが一番伝えたいこと。

「これだけはゆずれない!!」というテーマを決めてプランを立てれば、必ず楽しい旅行になるはずです!