人間ドラマ・社会派

映画「THE GUILTY/ギルティ」動画情報&あらすじネタバレ評価!

今日おすすめしたい映画は、2018年のデンマーク映画「THE GUILTY/ギルティ」です。

映画「THE GUILTY/ギルティ」あらすじ【ネタバレなし】

普段ですとまず、映画のキャストを紹介しているのですが、この映画は出演者がほぼ一人なので省きます。

既に映画をご覧になった方は、ネタバレ感想まで飛んじゃってください!

「ギルティ」画像(C)2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

緊急通報指令室のオペレーターとして働いているアスガーは、以前は警察官として現場で働いていた。

実はある事件をきっかけに、一時的に緊急通報指令室に配属されているのである。

現場での仕事に比べて、街で起こる些細な事件に応対する地味なオペレーターの仕事はアスガーにとっては馴染めないものだった。

ある日、電話を掛けてきたが男性に誘拐されている事に気付いたアスガーは、彼女を何とか救おうと話を聞きだす。

女性は、子どもに電話をかけたふりをして緊急通報に電話をかけていたのだ。

逆探知から、その女性の名がイーベンだと知ったアスガー。その他にも、どこへ向かっているのかや車種、色などを詳しく聞き出す。

GPSで大まかな場所を突き止めてパトカーを派遣するも、暗闇と雨によって当の車両は見つけられなかった。

アスガーはイーベンの娘がいる筈の自宅へ電話をかけた。
電話に出たのは6歳の少女。

イーベンを連れ去ったのは彼女の元夫ミケルで、実は彼には暴行罪によって前科があったのだ。

アスガーの、警察官としての血が騒ぎだしていた・・・

映画「THE GUILTY/ギルティ」を無料で観れる動画配信サービスは?

映画「THE GUILTY/ギルティ」は現在、以下の動画配信サービスで視聴が可能です。

無料トライアル期間を利用すれば、今すぐ無料でお楽しみいただけます。

映画「THE GUILTY/ギルティ」おすすめポイント

「ギルティ」の画像(C)2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

「ギルティ」は数々の映画祭でもそこそこ高い評価を受けた作品です(ノミネート多数)。

どうしてこの映画がそのように支持されたのかの大きな理由の一つが、この映画が「緊急通報指令室」でのみ撮影されているという点でしょう。

登場人物は、電話の先の誘拐犯や女性など数人がいることはいますが、顔が出てくるのは「緊急通報指令室」のオペレーターのみだし、彼らは事件にはほぼ全く関わってきません。

全てが、アスガーと電話口の人物の声のみでストーリーは進行しています。

私はそもそもそういった限定された空間で起こるミステリー的な作品が好きなので、下馬評など全く知りませんでしたが観ようと思ったわけです。

ワン・シチュエーションものが好きな方ならおススメします。

映画「THE GUILTY/ギルティ」のネタバレ評価と感想

「ギルティ」の画像(C)2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

ここからはネタバレありで私個人の評価を書いていこうと思います。

「ギルティ」をミステリーだと期待しすぎるな!

私はこの映画を観るときに、すごく脚本的に練られたミステリーなのではないかと想像しました。

元々、ワン・シチュエーション作品というのは脚本が命なので、言葉の力だけでミステリーを成り立たせようとするとかなり大変だからです。

しかし、観ているうちに、この映画の場合はあまりミステリー的な期待を寄せない方が楽しめるのではないか?と感じるようになりました。

なぜなら、この作品はお世辞にもミステリー作品として脚本が完璧に機能しているわけではないからです。

そもそも、緊急通報指令室の仕事というのは、電話を受け取って要件を聞いて、パトカーなどを派遣するなどの橋渡し的な存在でしかなく、電話越しに事件を解決させるなどという事はリアリティにかけているからです。

しかし、この映画の主人公アスガーは、何とか電話口の女性を助けようと、求められていないところまで勝手に動いてしまいます。

その時点で、ミステリーとしてはちょっと無理があるわけです。

実際に私が観ていても、「おいおいそこまでしなくても…」みたいなシーンも多いし、「この人、ちょっと痛い。」くらいな感想まで持ってしまいました。

全体的にミステリーやスリラーとしては緊張感が保てないし内容もあっちこっちに行ってしまって、完成度が高いとは言えません。

にもかかわらず、私自身はこの映画を2つの点から評価しています

評価ポイント①主人公の罪悪感を描いた人間ドラマである

途中で気づいたのが、この映画を「ミステリー」として観てはいけない、という事です。

主人公アスガーは以前は警察官として現場で仕事をしていたのですが、何らかの事件を起こしてしまった事が理由で左遷されて緊急通報指令室に飛ばされています。

アスガーが何をしたのかは、話を聞く中でちょっとずつわかってくるのですが、何が起ったのかが分かるのはラストシーンです。

この映画は、アスガーが解決しようとしている事件を中心に見ていると「なんて無茶な男だ。正義感ぶってウザイやつ」って思うに過ぎないのですが、途中から「何となくこの男がムキになっている理由があるのかもしれない」と思ってみて初めて、全体像がつかめるのだと思います。

実際に、電話口ではいろいろなことが起こるのですが、それらの時間がそれほどロジカルに解決されないわけですよ。それほど伏線も貼っていないし、貼っていないから回収もしない。

それに、ミステリーとして観てしまうと、イーベンがトランクに詰め込まれたのにどうして電話を持たされたのか?とか、いちいち突っ込みどころが出てくるんですよね。

NITARI

誘拐犯の前で電話するとかどんだけ迂闊な誘拐犯なんだよ、みたいなね。

実際彼は誘拐犯ではなかったから、その辺の詰めが甘かったのは理解できるのですが、その辺にこだわり過ぎてしまうとこの映画は楽しめないと思います。

この映画の主人公はアスガーで、彼の罪悪感と葛藤(そもそも、緊急通報指令室に馴染めていないという点)など、実はこちらの方のストーリーはきちんと描けているわけです。

評価ポイント②主役アスガー役ヤコブ・セーダーグレンが名演!

この映画「ギルティ」は、主役のヤコブ・セーダークレンが非常に素晴らしい演技をしています。

「ギルティ」の画像© 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

まあ正直言ってこの人が大したことない役者だったら、全然見てられないっていうレベルの作品になっていたでしょうね。

ぶっきらぼうでとっつきにくい男アスガーを、彼は見事に演じ切っています。

特に素晴らしいなと思うのは、間の取り方でした。

「ギルティ」は88分という短い映画ですが、後半になるにつれて物語は加速してゆきます。

セーダーグレンは前半の会話の部分では「ん?」と思うくらい言葉のレスポンスが遅かったり、十分に間を取っているのですが、物語が加速する後半では間を開けずに喋るなどの抑揚のつけ方が素晴らしいんですよね。

全体的にほとんど表情も変えないのに、間の取り方や言葉の反応のうまさで緊張感を高めているのが素晴らしいと思いました。

脚本のクオリティは今一つ疑問が残る

とはいえ、何度も言ってはいますが、「ギルティ」はミステリー作品としては今一つであることは間違いありません。

もう少しうまい事できるんだったら、ミステリー作品としてのクオリティを保ちつつ、同時にアスガーの罪悪感も十分に描き切れるのではないかと思います。

全体的に振り切れているわけではないのは少々残念ではあります。

とはいえ、私自身は役者の演技も含めてかなり楽しめましたので、おすすめしたい映画です。

まとめ

というわけで、なかなか面白いものを見せてもらったな、という感じで皆さんにもおすすめしたい映画です。

ちなみにこの作品はアメリカでジェイク・ギレンホール主演でリメイクされるようです。

リメイク版は指摘した点を十分に改良する可能性がありますので、非常に楽しみですね。

私はジェイクも大好きですのでかなり楽しみです。

映画のレビューと旅のブログ「映画と旅。」では、おすすめ映画を紹介しています!