NITARIって誰?
アクション・ミステリー・ホラー

映画「エクソシスト」感想と解説・リーガンに取りついた悪霊についてもまとめたよ

どうもこんにちは、NITARIです。

エクソシスト、良いですよね。大好きな映画です。
夏にはピッタリのホラー映画を再見しましたので、レビューを書きます。

映画「エクソシスト」のあらすじ

「エクソシスト」はウィリアム・フリードキン監督が1973年に発表した映画です。

主人公は女優のクリス。夫とは別れ、今は12歳の娘リーガンと二人で暮らしている。
ある日、家の屋根裏で物音がするのでネズミが入り込んだと思い、使用人に駆除を頼むが、屋根裏にはネズミはいなかった。

しかし徐々にリーガンの様子がおかしくなってくる。
卑猥な言葉を言ったり悪態をついたり、嘘をつくようになったのである。

クリスは異常を感じ、医者に見せ様々な検査をするも、脳に異常は見られない。症状は見るからに悪化するが、医者からは「悪魔祓い」を薦められる。

ある日クリスが家に帰ると、リーガンのベビーシッターが不在で、リーガンは一人で眠っていた。戻ったシッターは、外出の間、クリスの友人で映画監督のバークにリーガンを観ていて貰っていたはずだとのこと。

しかし実はその夜、バークはクリスの家の前の階段から落下し、死んでしまった。殺されたのである。

事件を起こしたのがリーガンだと確信したクリスは、近所に住む精神科医のカラス神父に悪魔祓いを依頼するのだった・・・

映画「エクソシスト」の基礎知識と謎

非常に宗教的な要素の強い映画なので、分かる範囲で補足説明したいと思います。

映画「エクソシスト」メリン神父と悪霊の関係

この映画は冒頭のシーンが意味不明ですよね。
後にも出てくるメリン神父がイラク北部で発掘を行っており、そこで悪霊の像を発見するというシーンです。

実はこのシーンは、原作にはしっかりと描かれているようなんですが、映画ではあまり説明がないので、私としては初め、「???」という感じでした。
まあ、悪霊を掘り起こしちゃったんだな、という認識でいいと思います。

Wikipediaでは「彼(メリン神父)は『この邪悪な宿敵と再び対峙する日が近い』と予感する。」と書かれていますが、本編にこのセリフはありません。原作に書かれていたのかな、と思います。

ちなみに「再び」というのが何の事かも不鮮明ですが、映画の本編で悪魔祓い師にメリン神父が選ばれる際、「昔数か月にも及ぶ悪魔祓いの経験もある」と言われているので、この悪魔との対峙は初めてではないのでしょう。

もちろんそれは、後半で悪霊パズズ自身がリーガンの体を使ってメリン神父を呼んでいることでもわかります(テープの逆回転のシーンです)。

ちなみに興味があったので読みたいなと思ってたんですが、すでに絶版になっているようですね。手に入らないことはないようです。

映画「エクソシスト」悪霊パズズについて

では、キリスト教にとっての「悪霊」とは何のことでしょうか。

聖書には、イエス・キリストが悪霊を追い出し、病を癒し、また弟子たちに悪霊を追い出す権威を授けたと書かれてある。-Wikipediaよりー

この映画でさんざん出てくる「エクソシスト」「エクソシスム」というのは、カトリックの考え方のようです。プロテスタントの場合は同じ行為を「悪霊追い出し」というそうです。

この映画で出てくるのは「悪霊パズズ」という霊で、アッカドに伝わる風と熱風の悪霊の事だそうですが、映画のイメージとして登場するのは「悪霊ベルゼブブ」という蠅の悪霊です。

キリスト教では「悪霊」の解釈とサタンとは別と言われていて、サタンは悪の頂点のような存在なのでレベルが違うのですが、この「ベルゼブブ」という悪霊はそのサタンの次に悪いヤツだそうです。

ちなみにこのベルゼブブに関しては、16世紀にフランスで現れたという記録があります。詳しくは脇道にそれるのでリンクだけ貼っておきますが、ニコールという少女に取りつき、様々な言語で話したり身体が宙に浮いたりして悪魔祓いが行われたそうです。

映画「エクソシスト」の感想と解説

この映画を「ホラー映画」だと認識している人は非常に多いですが、実際はこの映画を「ホラー映画」にカテゴライズすることには抵抗があります。

この映画はあくまでも悪霊と人間の対決の物語であって、観客を怖がらせる(ホラー)意図はないからです。

何が違うのかといえば、この映画は最初から最後まで淡々と事実のみを描かれていて、簡単に言えば観客を驚かせるようなシーンもなければ、ホラー映画でありがちな「来るぞ…来るぞ…」というような緊張感のあるシーンはありません。

それがこの映画の非常に面白いところです。
もちろん、この映画は1973年の作品ですので、ホラー映画の基礎がそれほど固まってはいないのかもしれませんが。

ちなみにこの映画には、怖がらせようと緊張感を煽るようなホラー的シーンはほとんどないんですけど、リンダ・ブレア演じるリーガンの変化はまさに悪魔のようにキモくて怖くて最高ではあります。

※一応このブログのカテゴリーでは、しかしやはり「ホラー映画」としておきます。

カラス神父はなぜリーガンを助けたのか?

この映画は基本的には少女に取りついた悪霊と人間の戦いというベースになっていますが、それにしてはカラス神父の描写がやけに細かいですよね。

ここには、カラス神父の罪悪感と懺悔の気持ちが関係しています。

そもそも、カラス神父はどうしてあれほどリーガンを助けるのに躊躇していたのに、結局助けようと思ったのか。

カラス神父が自分のせいで母を死なせてしまったと思い、その自責の念を持っていたため、懺悔の気持ちで少女リーガンを助けようと思った、というのが一つのポイントです。

映画の序盤でカラス神父は、一人寂しく暮らす母の元を訪れていますが、中盤では彼女は精神科に入院しています。
そしてその時点ですでに彼女は、その事でカラス神父を責めています。

さらにそのシーンのすぐ後に彼女は亡くなっていますよね。

その一連の流れがあったので、カラス神父は自分を責めていて、リーガンを助けようとしたようですね。

しかしまあこの辺の流れに関しても、原作にはもう少しいろいろ書いているのかもしれませんが、映画だけでは割とさっぱりとしているのであんまりよくわかりません。
というか、描いてはいるけどあんまり関係ないのかなって感じがします。

どっちかというと、この要素はバックグラウンドとしての理解を促す狙いというよりは、劇中に登場させる母親像の視覚的効果を狙っているのかな、とも思います。

急にリーガンのベッドに腰かけていたりする母親の印象的なシーンなどす。
かなりインパクトがあって、映画に締まりを与える美しい描写だとおもいます。

今の映画だったら、感情移入しやすいようにそういうシーンこそしっかりと描くんだろうなと思うんですが、この映画では淡々と描かれています。

そこがとてもいいですね。

リーガン役のリンダ・ブレアについて

この映画を最高に面白くしている要因として、なんといってもリーガン役のリンダ・ブレアの光輝く存在があげられるでしょう。

とにかくこの子、凄すぎる。
「エクソシスト」のために生まれてきたのかな、と思うような凄まじさです。

あと、彼女がすごい事もさることながら、若干14歳だった彼女に言わせた卑猥な言葉やしぐさの数々。今だったらコンプライアンス的に完全アウト。教育に悪すぎる。

この映画は彼女がいなかったら絶対に成り立たなかったですよね。

しかしその後はパッとせず。そういう意味でも「エクソシストのために生まれてきた」って感じがします。

「エクソシスト」の結末について

それにしても私がこの映画で面白いなーと思うのは、結末ですよ。

最後、結局メリン神父は心臓病で死に、絶体絶命の状態になりますよね。
そのあと、カラス神父がキレて、悪霊に襲い掛かってぶん殴り、「俺に乗り移れ!」って首とか絞めて脅すとカラスに実際に乗り移りますよね。

それで一瞬悪霊が彼を支配しそうになりますが自制し、自ら窓から落ちて死んだという結末でした。

例えカラス神父がここで死んだとしても悪霊は死んでないとは思うんですけど、まあそこはいいとして私が気になったのはその力ずく感ww

「悪霊をぶん殴って脅して自分に入れる」とか、じゃあメリン神父とか歴代の悪魔祓い師は一体・・・って感じが非常に楽しくて結果オーライです。

まとめ

いやあ、何度見ても面白かったです。
後半の悪魔祓いのシーンも面白いけど、この映画は最初からずーっと面白い。何度見ても楽しいですね。

最後になりましたが、この映画ではリーガンのお世話役でシッターの女の子とか雑用係みたいな人がいましたが、こんなに怖い事になっているのに逃げずに忠実にリーガンの世話をしていてえらいなあ、と思いました。