どうもこんにちは、NITARIです。

クリント・イーストウッド監督の映画「ハドソン川の奇跡」を観ましたのであらすじと感想です。

スポンサーリンク

実話映画「ハドソン川の奇跡」のあらすじ

「ハドソン川の奇跡」は、クリント・イーストウッド監督トム・ハンクス主演で2016年に公開された映画です。

キャスト
  • チェスリー・“サリー”・サレンバーガー – トム・ハンクス
  • ジェフ・スカイルズ – アーロン・エッカート
  • ローリー・サレンバーガー – ローラ・リニー
  • チャールズ・ポーター – マイク・オマリー
  • ベン・エドワーズ – ジェイミー・シェリダン

舞台は2009年のニューヨーク。
空港から飛び立ったUSエアウェイズ1549便が、マンハッタン上空でバードストライク(鳥のエンジン巻き込み)によって両翼のエンジンが停止し、コントロールを失う。

機長サレンバーガー(通称サリー)の決断により、機体をハドソン川に不時着させ、乗客乗員の全155名の救助に成功。一躍サリーはスターになった。

しかし、物語は単純な話ではなかった。
サリーと副操縦士のジェスリーは事故原因の調査により、監視塔からの指示に従えば元の空港に問題なく戻れたのではないかと追及される。

サリーとジェスリーは公聴会で審問にかけられることになった。

実話映画「ハドソン川の奇跡」の感想と解説

クリント・イーストウッド監督は、間違いなく世界最高の映画監督の一人だと信じて疑わないNITARIです。

イーストウッドの作品を全て見ているわけではありませんが、私が見た作品で特に2000年以降の作品はあまりにもすごい。

彼の作品はそれもインテリジェンスに溢れ、エンターテインメント性も高く、しかも王道作品を作る天才。

彼の作品は「100点満点!」と評価したくなるようなものが本当に多い。マジですごい。
今回の「ハドソン川の奇跡」でもその素晴らしく研ぎ澄まされた感性は健在でした。

実話映画「ハドソン川の奇跡」の評価

この作品は2009年に実際にあった事件を元に制作されています。

世の中でヒーローとされる機長と副操縦士。彼らの判断は本当に正しかったのか?という事を焦点に話は進みます。

この映画は構成が素晴らしくて、最初の時点で知りえる情報を提示しきらず、回想シーンとして何度も描くというのが面白いですよね。

どちらかといえばこの手法はミステリー作品に近いものがあります。

特に最初の審問会では、NTSBが「空港に戻れたはずだ」という指摘に対して、観客である私たちも「本当はどうだったんだろう??」と興味をそそられます。

着水のシーンは何度も描かれますが、見ているこちらからするとサリーの判断が正しかったかどうか、というのは素人目には分からないのです。

この興味のあおり方は非常にうまいですよね。
もっとセンスのない人が同じ話を映画化したら、まず「サリーは正しかったのだ。サリーはいい人」という前提で物語を構成してしまいます。

そして、対するNTSBの職員の事を徹底的に「悪」として描くでしょう。

で、見ている側も「サリー頑張れ!役人ウザい!」といった演出でサリーは虐げられる。しかし最後にはどんでん返しでサリーはやっぱり英雄だった。拍手喝采。

こういう映画はハリウッドには腐るほどあります。

しかしながらイーストウッドはもともとサリーを「英雄なの?違うの?」と、見ている側も良く分からないという視点で描いたのが秀逸でしたね(もちろん有名な実話なので、彼が英雄であることは前提ではありますが)。

やはりイーストウッドは頭がよかった。

実話映画「ハドソン川の奇跡」の演出

すばらしいのはそれだけではなく、全体的に余計な音楽などを使わずに淡々と描くところも素晴らしかった。

特に圧巻なのは、着水してから乗客を救出するまでの一連の演出です。
このシーンではただただ無感情に淡々を乗客の姿を描写していますよね。音楽などもほとんど使っていません。

やはりこれも先ほど書いたことと一致するのですが、とにかくこの映画はいたずらに面白おかしくしようとしなくて、ただただ事実を描いているというところが魅力なんです。

普通のセンスのない監督だったら、彼らの脱出をもっとドラマチックに描くでしょう。
もっとスリルを煽るような感じにするのが普通です。

ですが、この映画ではそもそも初めに「155人全員生き残った」という事を伝えたうえで描かれているので、このシーンでハラハラする人はいないんです。

しかしこのシーンで緊張感が保たれているのが、この時点ではやはりサリーの判断が正しかったのかどうかは、見ている私たちには分からないところ。

これは本当に巧妙ですよね。

それから演出で素晴らしいなと思ったのは、そののちにサリーが乗客の全員無事が確認された、と知らされるシーン。

やはりここでも、イーストウッドは特にドラマ性を排除して、ただ事実を彼に伝え、そこに事実以外の余計な演出をしなかった。

ダサい普通の監督だったら、映画のクライマックスにすると思うんですよ、一つの。
だってこのシーンは作り方によっては、泣けるシーンになるわけだから。

そもそもこの映画はヒーローを描いている作品なので、泣かせようと思えばいくらでも泣かせられるというのに、それを極力排除するところは素晴らしい。

まあ、イーストウッドはいつもそうですけどね。

実話映画「ハドソン川の奇跡」の物足りない点

とはいえ、この映画は基本的に英雄が素晴らしくて良かったね、という作品なので、演出は素晴らしいと思ったけど、映画自体は別にって感じでした。

最終的に、「ヒーローって素晴らしいよね。よかったね」という作品はそれ以上の感情を掻き立てられないのでどうかなと思います。

しかし、この映画のセリフでもありましたが、「最近のニューヨークで最も明るいニュース、特に9.11以降は」というようなセリフがありますが、そういう事でしょうね。

イーストウッドは9.11以降の世界に対して、元気づけるような明るい作品を作りたかったのだと思うんですよ。

この作品の結論が、ただ「ヒーロー素晴らしいよね」という作品になってしまっているのも、その他に私達に社会的メッセージを伝えるよりは、ただ、良い話、明るい話題を伝えたかったのだろうなと。

特に、この作品の前作は「アメリカン・スナイパー」というとにかくひたすらに暗い、うんざりな作品だったわけですから。

アメリカン・スナイパー」は全米で評価された一方、一部からは「戦争を支持する」と批判を受けました。この作品が様々な要因となって、「ハドソン川の奇跡」へつながったというのは間違いないと思います。

(私自身は「アメリカン・スナイパー」は他に類を見ない傑作であり、戦争支持の意図は皆無だと断言します。そんな評価をした人は、似非リベラルかただのバカです)

まあ、明るいエンディングもいいよねっていう感じの話。
あと、イーストウッドほんとアメリカ好きな。っていう。

イーストウッド作品のユーモアの欠如

それにしてもイーストウッドは、映画にユーモアを盛り込むことに恨みでもあるのか?というくらいユーモア的視点が皆無ですよね。

私は、すべての創造物には「ユーモア(笑い)かホラー(恐怖)」が必要だと信じて疑わないので、ユーモアを完全に排除したイーストウッドの作品は高く評価するけど完全に共感はできないわけです。

この映画に関しては、最後にジェスリーが「もう一度やるとしたら7月に」といって笑わせていましたが、私が言う映画のユーモアっていうのはそういう事じゃないんです。

映画そのものから醸し出されるユーモアや皮肉は全くない。

これほどまでにユーモアのかけらもないのに、これほどいい映画を量産する監督もいないので、ま、それはそれでいいとは思います。

ただ、圧倒的に私の心を掴むっていうところまでいかないのはそういう事です。
(あと、完璧すぎるっていうのもある)

まとめ

「ハドソン川の奇跡」は内容も面白ければ演出も素晴らしい。見て損はない作品ですが、一回見たらすぐに忘れそうでした。

スポンサーリンク