死ぬまでに観たい映画
その他

SEKAI NO OWARI「サザンカ」PVと歌詞の分析

SEKAI NO OWARIの、新曲「サザンカ」のMVが公開されました。

見てみたらいろいろと思う事があったので、しっかりと感想を書こうと思います。

SEKAI NO OWARIの新曲「サザンカ」の感想

最初にこの曲を聴いたのは、NHKのオリンピックの特集が放送されたときでした。
その時がこの曲の初披露だったと思いますね。

それを聴いたときには、正直ちょっと微妙だったね。

理由は、まずそもそもあんまりバラードが好きではない。
バラードの持つ「泣きを狙う」感があんまり好きじゃなかったんですよね。

特に、今回はオリンピックのNHKのテーマソングなわけで。
この曲をバックに選手が喜んだり泣いたりする映像が流れると思うとおなか一杯っすね。

オリンピックそのものが私は、えーと、スポーツは好きなので楽しみにしているのですが、今のオリンピックの体制そのものは好きじゃないので。

参考記事:アイスホッケー南北合同チーム結成問題で五輪を考える

それから、最も気に入らなかったのは、この曲のメッセージでして。

「夢を追う」ことに対して全肯定的な内容は、私はあんまり好きじゃないですね。
まあセカオワは「FIGHT MUSIC」「yume」とかもそうだけど、結構そういう応援ソングがあります。

しかし、後者が「夢を追う一般人」や「夢を追う負け犬」に対する曲である反面、今回の新曲「サザンカ」のほうは、「強い人への応援歌」のような気がしたんですよね。

アスリートへの応援歌ですよね、ストレートに。それが気に入らなかったですよ。

アスリートなんてね、ほっとけばいいんですよ。そもそも強いんですから。
別にわざわざ応援歌なんか謳わなくていいと思う。
一般の人の事を歌ってほしかったと。

「サザンカ」MVを見て感じたこと

しかし、「サザンカ」のMVを見ていると、割と腑に落ちたというか、そういう曲じゃなかったんだなという一面もありました。

「笑われる」とか「笑うほう」とか言う言い回しはいかにも深瀬慧の理屈で動いているような感じで割といい。割といいが、ちょっと意味が分からない(だからいいのだけど)。

しかしセカオワは他の曲もそうだけど、非常にメロディーが美しいので、この曲もかなりの頻度聴くことになりそうですね。

(NITARIはもう2年半ほど、セカオワの曲を毎日必ずヘビロテしております)

MVの感想と分析

ここからはMVの感想と分析です。

セカオワのMVはこれまでのものももちろん全て見ておりますが、まあ特に際立って面白い表現のものは特にはないですね。

奇をてらってなくてまあいいとおもう反面、物足りなさを感じることもありますが、まあ普通です。
しかし今回の「サザンカ」に関してはかなり気になる点があったので筆をとります。

まずは、ストーリーですが、fukaseが書いたみたいなことを本人が言ってましたね。
話は死ぬほど単純で、アーティストの卵の神木君の兄がfukaseで、神木君の頑張りを兄が食事を作ったりしながらサポートする。

いろんなことがあってくじけそうになったり兄に八つ当たりしたりするけど、最後には彼は夢をかなえる、という話に、一見は見えます。

まあそうやって書いちゃうと普通なんですけど、実はよく見てみると、これは夢を追う弟の話ではなく、2層構造になっていて、実はこれ全部兄の話なんですね。

これって実は、「弟の夢をかなえようとする兄」の話なんだよね。これは結構すごいと思う。
食事を作ったりしてサポートをする、弟がくじけそうになっても静かに見守っている、そして最後に弟が夢をかなえて、兄が一人部屋で涙する、というのは、要するに、結局夢をかなえたのは「兄」だという事。

何がすごいのかといって、私が曲だけを聞いて感じた違和感(「アスリートなんか強いんだからほっとけよ」)に対してのアンサーなんですよ。
このMVはどちらかといえば、アスリートをサポートする存在に対して寄り添う作品になっている。

ふつうはどう考えても、アスリート(このMVでいえば、弟)があくまでも主役なんだけどね。
実はそういった要素がこのMVではふんだんに表現されています。

一番面白いなと思った演出は、カーテンを開ける表現。
毎朝兄がカーテンを開けるという描写がありますが、この表現は意味深ですごくいいよね。

この「毎日の繰り返し」の表現から、弟がついに夢を叶えて賞を取った会場に足を踏み入れる際の「ドアを開ける」表現にスイッチしてゆくわけですが、ここの流れがあることで、兄の単調な毎日と夢を叶える高揚感がうまくコントラストとして演出されています。

ここまで細かい表現がfukaseにできたか分からないし、まあここは演出家がうまかったかな、と思うんですが、すごくよかったです。

何よりも素晴らしいのは、このMVの陰の主人公である兄が報われるシーンてあんまりないんですよ。
毎日弟をサポートしていて、かなり傷つけられたり落ち込んだりしているのは兄も同じ。

だけど夢を叶えた弟に会いに行った兄に、弟は過剰に感謝をしたりもしない、割とあっさりしている。
兄は純粋に、弟の成功をのみ喜んでいて、自分が支えてやったという感覚が全くなくて感謝されるとかも必要ないという。

どこまで細かくfukaseが書いた話か分からないけど、この辺は私がこの曲や、世間の対スポーツや「がんばる人」に対して持っている違和感をぬぐうような視点で、さすがです。

「サザンカ」MVの神木隆之介君

もはや、国民の弟たる神木隆之介君。みんな大好き神木君。私も大好き神木君。

もう、完全に安定の神木っぷりでしたね。何の問題もなかったです。

神木君といえば、RentaのCMの彼があまりにも可愛すぎて、あれ流れ始めると必ず早送りせずに見ちゃう。
神木君が好きだからです。

まとめ

まあ、たかがMV一つでこんなに論じることはなかったかなと思ったんですけど、いろいろ思う事があったので書きました。

最初はいまいちかな、と思ったものでも、深瀬の思想を探ってみると、実はすごくいいものだという結論になる。

特に今回の場合は、曲自体はどうかなーと思ったからこそ、MVの視点が面白かったので(ストーリーは普通ですが)、感想を真面目に書いてみたというわけでした。

※こちらもおすすめ!
【藤崎彩織:ふたご】感想。本気で批評してみる。