NITARIって誰?
恋愛・青春

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の感想・その独特の世界

どうもこんにちは、NITARIです。

岩井俊二の「リップヴァンウィンクルの花嫁」を見ましたので感想です。

「リップヴァンウィンクルの花嫁」のあらすじ

「リップヴァンウィンクルの花嫁」は、2016年に公開された岩井俊二監督の映画です。

出演者

  • 皆川 七海 – 黒木華
  • 安室 行舛 – 綾野剛
  • 里中 真白 – Cocco
  • 鶴岡 カヤ子 – 原日出子
  • 鶴岡 鉄也 – 地曵豪

皆川七海は派遣教員とアルバイトを掛け持ちしながら生活している。

ある時七海はSNSで鉄也と知り合い、結婚することに。
当初は仕事は続けるつもりだった七海だが、派遣契約が更新されないことが決まってしまい、仕方なく「寿退社」の体で学校を後にする。

結婚式の参列者が少ないという事で、ネット友達のつてで何でも屋の安室を紹介してもらい、参列者を外注することにした。

結婚式は滞りなく執り行われたが、七海が書いていたブログが鉄也に見つかってしまい、それ以来鉄也は七海に不信感を持ってしまう。

新婚生活が始まったがぎくしゃくした毎日。
ある日七海は、覚えのないイヤリングをソファの陰から見つけた。

浮気を疑い始めた七海は、再び安室に話を持ち掛けるが・・・

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」のネタバレ感想

結論から言って、めちゃくちゃ面白かったです。
岩井俊二の映画ならではの世界観がすごくいかされていて、よかったと思います。

いくつかの項目に分けて検証してみようと思います。

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」岩井俊二の世界観

岩井俊二の世界観が存分に出た作品ですよね。

岩井俊二の作品は、どれにも独特の雰囲気があります。

私はもともと「リリィ・シュシュのすべて」と「花とアリス」が好きですが、今回の「リップヴァンウィンクルの花嫁」はその二つを足して2で割ったような印象の作品でした。

ふんわりとした淡い色使いと優しいタッチの「花とアリス」感の中に、「リリィ・シュシュ」で見せた胸糞感が絶妙にマッチしていました。

「花とアリス」をはじめ、岩井俊二の作品はもともとロリ感があったり、キザ丸出しの寒いロマンチシズムも健在で、ウェディングドレスの黒木華とcoccoがいちゃつくシーンのやりすぎ感など見ていて辟易とするほどでした←褒めています

そのロマンチシズムやナルシシズムに耐えられず、この3時間という長尺を鑑賞しきることができない人がいるもの分かる気がします。

が、私はそれこそが岩井俊二だ!」と声を大にして言いたいです。
岩井俊二のヤバいフェティズムを楽しめる人にはこれ以上の作品はないのではないでしょうか?

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の笑い

私がこの映画が最も気に入った大きな理由は、今までの岩井俊二の作品には全く見られなかったもしくは、さりげなくしか見せてこなかった「笑い」のセンスです。

この映画では全面的に「笑い」の要素が取り入れられています。
私がこの映画を本当に面白いと思ったのはこの「笑い」の要素によるところが大きいです。

とにかく綾野剛演じる安室がそもそも面白すぎる。
あのうさん臭い感じ・・・どうしようもなく信頼できない感じはまさに一級品。

しかし、あんなしょうもない男にあまりにもあっさりと騙されてしまう七海。(うざい)

安室が面白いのは間違いないですが、cocco演じる真白のマネージャーもかなり面白い。
熱を出した真白を運ぶためにマネージャーと七海が彼女を運ぶ練習をするシーンなどは抱腹絶倒で、「ああ、岩井俊二もここまで来たのか」と思いました。

思い返してみると「花とアリス」でも要所要所に笑いを組み込んでいて好きだったけど、より本領を発揮してきたな、という感じ。

しかしあまりにも圧倒的にすさまじかったのは、リリィが脱いだクライマックスでしょう。

リリィの演技は素晴らしく、彼女が脱ぎ始めたあたりでは衝撃的過ぎて何が起こっているのか分からなかった。しかし問題は安室が泣き始めてからですよね。

さながら地獄絵図のようでした。

これまでの岩井俊二の「笑い」はあくまでも作品の中のエッセンスとして用いられていたにすぎなかったところが、あのシーンでははっきりとメインストリームとして「笑い」を取ってきたのは特筆すべきところだと思います。

リリィが脱ぎ始めるシーンの振り切り加減は半端ではなくて、「こういうのを自由な表現というんだ」と確信しました。

しかもその反応としての安室の号泣と全裸。
あまりにもアホすぎるし衝撃的すぎるし、正直ここまで振り切った表現を岩井俊二がしてくるとは思わなかったので絶句しました。

最高です。映画はこうあるべきです。

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の俳優たちの魅力

安室役の綾野剛

この映画を傑作に押し上げたのは、ひとえに「綾野剛」のすばらしさ、といってもいいかもしれません。

私はもともと、それほど綾野剛は好きではなかったです。あんまり演技がうまくないので。
しかしながら、割といい作品に出ているのも事実です。

そして私は、「もしかしたらこの人実は結構笑いを分かってるんじゃないか…?」という予感をいくつかの作品で持っていたので、花開く瞬間を待ち望んでいた、といってもいいかもしれません。

「コウノドリ」というドラマを見た時に、あくまでもシリアスな作品なのですが、「ひょっとして…?」という部分があったんですよ。

そういう事もあって楽しみにしていたのですが、この作品の綾野剛ははっきり言って望んだ10倍も楽しい姿を見せてくれて、私は満足です。

七海役の黒木華

とはいえ、もちろんこの映画の黒木華も素晴らしかったですよね。

離婚の顛末などはあまりにもあっさりと周りに翻弄されまくっていて、「馬鹿じゃないの」としか思えませんでしたけど、まさに「バカ丸出し」の騙されやすい女を完璧に演じ切っていたなあと。

ウジウジウジウジしていて何の面白みもない表現がとても面白く、映画をいっそうメランコリーな感じにしてくれたよね。

ちなみにあの離婚劇って結局誰が仕組んだのか?というところですが。
まぁ、たぶん旦那の母親が安室に頼んで別れさせたんだろうなという風に思います。

真白役のCocco

この映画、黒木華が出ているという事以外は一切予備知識がなかったので、綾野剛が出ていたことも知らんかったしcoccoが出ていることも知りませんでした。

正直coccoは別にぜんぜん音楽も聞いたことないので何とも思ってないんですが、この役はたいそう素晴らしかったです。

もう、あまりにも説得力がある。
こういう人にしか、見えないんですよ。

岩井俊二の演出が上手いからなのか、coccoの勘がいいのかわかりませんが、とにかくこの映画に素晴らしくマッチしていてよかったと思います。素敵でした。

映画「リップヴァンウィンクルの花嫁」の胸糞感

それにしてもこの映画は全体的にふわっとした優しいタッチで描かれているのに、内容はなかなかに胸糞感が高かったですよね。

出ている人みんなが不幸な感じなんですよ。
まず、七海が不幸だったじゃないですか。

そもそもSNSで知り合った男と結婚するという、描写の仕方が不幸。
そして別れさせられちゃう感じは、もはや詐欺みたいなもので、不幸以外の何ものでもないよね

そして極めつけは真白の不幸さ。
真白の不幸さは徹底されていて、最終的に自殺をする事は分かっていない段階でも圧倒的に不幸なんですよ。

なんなら、最初に出てきた段階で、すでに不幸。

これだけ圧倒的に不幸な人たちばかりが出てくるのに、何となく面白くて愉快な気持ちで見れるというのはどういうことなのかなっていう感じです。

胸糞映画レビューリストはこちら

しかしこの映画は出てくる人が皆ワケありで暗いからいいんですよね。
この映画が描く孤独感はなかなか心にしみこむものがあります(人によっては、心をえぐられるかもしれませんが)。

それから映像美と役者の魅力。とにかく美しい作品です。

ただ、見る人によってすごく感想が変わる作品だと思います。
重くて見ていられないという人もいれば、岩井俊二の映画はそもそもウザい(笑)という人もいると思うし。

人によっていろんな楽しみ方ができるのも魅力かもしれませんよね。

まとめ

というわけでとってもおススメの「リップヴァンウィンクルの花嫁」の話でした。
いやあ、こういう楽しい映画は何度でも見たくなりますね。

先ほど私はこの作品の原作を買ってみました。
こんなに不幸な人たちが出る作品は、小説版でもやっぱり愉快な感じに描かれているのかがとても気になったので。