イタリア

ローマでのセールショッピング&イタリア人店員の英語力事情

ローマでは今年(2017)は本日7月1日からセールでした!

記事は前後しますが昨日は結構ハードなスケジュールだったので今日は遠出せずに、ブラブラとセールショッピングすることに。

ローマでのセールショッピング!ほぼ見てるだけ

※この記事は2017年6~7月にローマに滞在した際に書いた記事です。

皆さんとっくにご存知かと思いますが、私には金がないです。
金を持っていないといってもいいでしょう。←おなじだ

なので、とりあえずセールとかは基本的には無縁なんですね。

でもまあ楽しそうだし、とりあえずイタリアのセールってどんな感じかなーと思って見に行きました。

あと、そうはいっても一つどうしても欲しいものがありまして。
それは靴です。ウォーキングシューズです。

こっちに来てからあまりにもいつも同じ靴ばかり履いているので、さすがにくたびれてきました。

f:id:nitari-movies:20170701222747j:plain

あまりにも汚いので、画像とりあえず小さくしてみた(笑)

この靴はどっこも痛くならないし優秀なのですが、元靴屋から言わせるとベターではあるがベストではない構造なんですね。

ソールが曲がりやすいように、歯みたいになってるタイプじゃないですか。

これは実は確かに非常に柔らかいけども、靴の構造としては柔らかくなりすぎるのであんまりよろしくないです。

皆さん、こういう靴買ったらだめですよ(お前が言うな)。

というのは大げさかもしれないけど、まあ実は長く歩いたり特に今回みたいに石畳を歩くような時には、できれば多少ソールは固めのほうがいいですね。

トレッキングシューズだと行き過ぎですけど、多少固いほうが足をサポートしてくれるのでいいです。

というわけで、よさそうな靴がセールであれば買おうかなと思いまして。

ローマのセールでNITARIの買ったもの

ここ最近、ローマはそこそこ涼しいです。

せっかく涼しいのに家にいるのはもったいないのでなるべく遺跡とかハード目なところに行ってるんですけど、今日なんかは家を出たら「寒っ!」ってなりました。

Tシャツじゃ寒くて、薄手のカーディガン羽織った。

ローマって本当に何もかもが極端ですよね。
いつもは倒れそうなほどに暑いんですけどね。

でもとにかく、そんな感じなので非常に歩きやすいんですね。

今日も結果的には15時くらいまで外にいたけど、普段ならヘロヘロになるのにそうでもなかったし。

ローマのセールって言っても別に日本のセールとは変わらないです。

ただ、値引き率が割といいような気もします。店に寄りますが。

日本ではラグジュアリーブランドは普通セールにならないけど、イタリアではなるのもあるみたい。(詳しくは知らない)

で、ローマでよく見かけるプロプラのコスメブランドがあるんですけど、そもそもプチプラなのにさらにセールまでしてて優秀なのでいくつかお買い物!

洗顔料とかなんで……残念ながら(?)必要経費なんですが。

f:id:nitari-movies:20170701223948j:plain

ここからブラブラ歩いて、お昼にマック食べて、前から目をつけていたスポーツシューズショップに入りました。

いろんなブランドのスポーツシューズを扱っている店舗です。
別に珍しくもなんともなく、アディダスとかナイキとかそういう大手のやつですね。

別にローマで買うからと言っていつもイタリア製を求めているわけではありません。

いくつか派手な靴で気になってたのはあるんですが、いろいろサイズを出してもらって、最終的に決めました!

それが、これ↓

f:id:nitari-movies:20170701224332j:plain

70ユーロくらい=1万円弱なんで、別に安くはないですが、adidasだし高くはないです。

めっちゃかわいいでしょ~~

しかもソールもしっかりしたタイプで凸凹道に非常に有利な構造です。
かなり気に入って帰宅。

しかし。

部屋で履いてみたら若っっ干右足の小指が当たる。
これは困りました。

今の段階では全く痛くもないし締め付けもないんだけど、私の足の形からして小指はかなりネックなんですね。

これのせいでコンバースなんかは足を入れただけで割れそうになるんだよ。

まあそれは大げさですが、本当にわずかに当たる部分が吉と出るか凶と出るか……(吉と出るっていうのも変な話ですが)。

明日は郊外にまた遺跡見物に行くつもりなんだけど、いきなり長距離は危険そうなので、とりあえず明日は今までの靴で行こうと思います。

イタリア人店員さんの見事な英語力について

さて、今日はそんなわけでコスメショップと靴屋でショッピングしました。

で非常に驚いたのですが、店員さんの英語が非常に流暢なんですね。

これまでローマにいて、日本よりは遥かに英語が流通してるなと思いますけど(老人含めても)、さすがローマの中心地ともなるとすごいです。

コスメショップに至っては、私がコスメを見ているとかなり何人かの店員に声をかけられたんですが、「英語?イタリア語?」と聞かれて「英語」って答えると、ものすごく流暢に英語で接客を始めるのは本当にすごいと思います。

私も接客をしていたから分かるんだけど、英語で接客するのは結構難しいというか訓練がいります。

私はある程度日常会話は普通にできるけど、接客ってなると商品を説明したりおすすめする語彙って全く違うジャンルなんだよね。だから割と苦労する。

だけど、逆に言えば訓練さえすれば誰でも使えるようになると思うんだよね。特に接客英語は。

でもまあ、この店員さんたちは普通に英語が堪能なんだと思う。だから本当にすごい。

特にコスメショップの店員さんは、コスメ自体はプチプラなのに語学はもちろんのこと、すすめ方もすっごい訓練されてて、こんなに熱心にセールスするイタリアの企業もあるんだなーとびっくりしました。

靴を買ったお店も、いわゆる日本のセレクト系スポーツショップって感じのおしゃれなお店だったけど、かわいい店員さんが手際よくサイズを出してくれて気持ちよく買い物ができました。

どちらのお店もだけど、たぶんセール期間に気合を入れなおしてきている感じはあるけど(前に行ったときはもう少しダラダラ?してたから 笑)、でもなんかとにかく彼らの英語力に感服!

そういえば、村上春樹のエッセイで、「イタリアの若い人たちは、本なんか英語の言語でバリバリ読んじゃう」みたいなことを言っていて、「ないだろww」と思ってたんだけど、まあ日本の英語のできなさに比べればもう圧倒的に違うなと思って、やっぱり私も英語勉強したいなと思いました。

ローマにいるからイタリア語を勉強したくなるけど、正直言って英語ができればイタリアではそう困らないので(長期で住むのでなければ)、英語、必要です。

私もこっちでは英語のツアーに当たり前のように参加したり、英語で生活してるし、お店や観光地に行って英語が通じたり英語のガイドがあったりするとかなりホッとするんですけど、考えてみれば私はそれほど英語が堪能ではないので……

今日接客してくれた彼女たちのように英語ができれば、戦力だよなあーと思うのでした。

ただし、今回接客を受けたのはプチプラだったりスポーツブランドであっても割と洗練されたショップなので、もっと個人的なショップとかだとまた英語力は違うと思います。

ので、参考までに★

つづく(2017.7.1)

そのほかのイタリア旅行記はこちら!