イタリア

【ポンペイ遺跡】古代ローマ都市遺跡界のラスボス・移動編

時は2017年7月7日……日本でいえば七夕のその日、ついに私は古代ローマ都市遺跡界のラスボスともいうべき古代遺跡ポンペイへ行ったのでした。

古代遺跡ポンペイとは?

※この記事は2017年6~7月にローマに滞在した際に書いた記事です。

ポンペイ、というのは基本古代ローマに全然興味がないよ、という人でも名前くらいは聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

今から2000年以上前に栄えていた古代ローマ都市。

しかしある日、ヴェスヴィオス火山の噴火によって突如として火山灰の下敷きになり一夜にして滅亡した都市です。

地球の歩き方を参照にしてこの都市の説明をしようとしたんだけど、思ったよりもあんまり詳しく載ってなかったやつね(笑)。

発見されたのは18世紀で、それから徐々に発掘されたらしい。

どうしてポンペイの遺跡がこれだけ重要視されているのかといえば、それはもちろん、保存状態が圧倒的にいいからです。

なぜかといえば、一瞬で灰に埋もれたためにその灰の成分によって、状態が保たれていたそうです。

だから、昨日のモザイク壁画なんかもそうですけど、とにかく状態がいいわけです。

ナポリからポンペイへ行く方法

ナポリからポンペイへは、ヴェスヴィオ周遊鉄道で行くことができます。

ヴェスヴィオ周遊鉄道はその名の通り、ヴェスヴィオス火山の周りに張り巡らされた鉄道で、いろんな路線があります。

ポンペイへ行くにはソレント行きに乗ります。

周遊鉄道はナポリ中央駅から乗れるんだけど、始発駅はそこから300mほど離れたナポリ・ポルタ・ノラーナ駅という、専用の駅です。

f:id:nitari-movies:20170720191203j:plain

多くの人が中央駅から乗るので、確実に座りたい場合はここから乗るべし。

冬は分からないけど、ハイシーズンの土日だとほんとにエグイ混み方をするので、注意が必要。

f:id:nitari-movies:20170720191331j:plain

こんな感じの鉄道です。

そんな風に見えないと思うんだけど、正直汚いです。

f:id:nitari-movies:20170720191419j:plain

で、別にこの路線は何も観光用とかではないんですね。

なのでお仕事の人とか、あと多かったのは何かの物資を大量に運んでる黒人の方。
ゴミ袋みたいのに入れてサンタさん張りの袋をいくつも持ってる人が多く、何かの商品だとは思うんだけど謎だった。

私がポンペイに行ったのは金曜日だったので、そんなにめちゃくちゃ混雑してなかったけど、翌日の土曜にエルコラーノ遺跡へ行ったときはほんとにものすごい混み方だった。

f:id:nitari-movies:20170720191555j:plain

で、ガイドブックとかでは電光掲示板がないとか放送がないとか書かれていますが、見てお分かりの通りなくはないんですね。

ただ、合ってない。

この写真に写っている電光掲示板が記す駅は、とっくに通り過ぎた駅なんですよね……
合ってるときもあるんだけど、信用しないほうがいいね。

で、各駅の看板で駅を確認するんだけど、これほんと謎なんだけど急に駅が飛ばされたりすることもあるので、ちゃんと近くなったら降りる準備をしといたほうがいいと思います。

エルコラーノの時はいくつか駅をすっ飛ばして急に到着したので慌てました。

「みんなポンペイ行くんでしょ?」と思ったら大間違いで、この鉄道を利用してポンペイへ行く人は思ったより多くないです。

だって個人旅行の人だもんね、そういう方は。
ポンペイは言ってもナポリ郊外にあるので、基本的には団体客が非常に多くて、観光バスで乗り入れる人がすごく多いというわけです。

じゃあなんでこんなに混んでるのかといえば、行先のソレントっていうのがアマルフィ海岸の端にある玄関口なので、そのせいだと思われます。

ポンペイ遺跡オープン!チケット売り場での出来事

さて、ポンペイ駅へ着いたら入り口はすぐそこ。

開門10分前くらいに到着しましたが、すでに長蛇の列。

f:id:nitari-movies:20170720192154j:plain

これは完全にやばい。

しかし、別にあの列に並ぶ必要はないんじゃないか?
アレは団体客が並んでるだけじゃないの?
その列がたまたまどんどん伸びていると見た。

ということで、私は無視して日陰で待ってました。
思った通りというか、開門と同時に周りにいた人は一斉に入場。

ちなみに、開場しただけで拍手とか湧き上がって、盛り上がっていいなと思いました。

私は前日にインフォメーションで、ナポリパス的なものを買っていたんですが、正直どこの列に並べばいいかわからず普通の列に並んでしまったんですね。

結構早めに並んだんだけど、これでこの列じゃなかったら並びなおすのは完全にやばい。

f:id:nitari-movies:20170720192514j:plain

しかし何も考えずに並んだわけではなくて、もしネットリザーブ列に並んで、一般列に並びなおすより、一般列に並んで間違ってた場合リザーブ列に並びなおしたほうが絶対に早いよな。ということを一応考えてたんですね。

でもオープン同時だから、リザーブ列も結構並んでて。

で、スタッフの女性が出てきたところで大声で、

「マッダーム!!!!このカードはどこで並べばいいのおー!!??」

と、ナポリパスを見せながら叫ぶと、その女性が近くに来て、

「あら、これはリザーブ側に並ぶのよ」

 

何!?やはりか!
ガッデム!!!

そしたらその女性が、ついてきて!と。

これはリザーブ列の前方に並び直させてくれるヤツだ。助かる!

と思ったらとんでもない!

その女性がわざわざチケットボックスに入って、発券してきてくれたんですよ!!

何たる親切!!!

イタリアではそういう細かなサービスを考えたこともなかったので、ものすごくうれしかったです。

さて、そんなわけで無事チケットをゲットし、ついに夢のポンペイ遺跡に足を踏み入れるのだった。

つづく(2017.7.7)

続きはこちら【ポンペイ遺跡】古代ローマ都市遺跡界のラスボス・見学編

そのほかのイタリア旅行記はこちら!