死ぬまでに観たい映画
人間ドラマ・社会派

映画「僕たちの家族」の感想・家族の本当の姿とは?

どうもこんにちは、NITARIです。

先日、石井裕也監督の「舟を編む」のレビューを書きましたが、この作品よりも本作「僕たちの家族」のほうがはるかに素晴らしい作品です。今回はこの作品のレビューを書こうと思います。

映画「僕たちの家族」のあらすじ

映画「僕たちの家族」は、石井裕也監督の2014年の作品です。

映画「僕たちの家族」出演者

  • 若菜浩介:妻夫木聡
  • 若菜俊平:池松壮亮
  • 若菜玲子:原田美枝子
  • 若菜克明:長塚京三
  • 若菜深雪:黒川芽以
  • 深雪の父:佐々木勝彦
  • 深雪の母:梅沢昌代
  • ユースケ・サンタマリア
  • 鶴見辰吾
  • 板谷由夏

主人公の若菜浩介は結婚して妻と二人で暮らしている。
父は自営業、弟の俊平はまだ大学生で、何かというと母に小遣いを集っていた。

ある日、浩介の母である玲子の物忘れが激しい事を心配した父克明が病院へ連れて行き、念のため診察をすることに。
すると、衝撃的な事実が発覚する。

実は母の脳には既にいくつもの腫瘍ができていて、あと1週間くらいが山になるというのである。

あまりにも急な展開を受け入れられない家族だったが、大学生の弟である俊平だけは気にも留めない様子だった。

母の物忘れはひどくなり、浩介の事も忘れてしまう。その事に衝撃を受ける浩介。

しかし、問題はそれだけではなかった。
まずは医療費の問題。嵩む医療費を何とか捻出すべく、家の財産を洗いなおしてみると、実は父の経営する会社は火の車。母は消費者金融から金を借りており、破産寸前の状況だった。

しかし、破産すると保証人になった浩介の肩にすべてはのしかかってしまう。その額1千万。
浩介は浩介で、もうすぐ生まれてくる子供のためにコツコツ貯めたお金を母の医療費に充てたいと妻に告げると、猛反発に合ってしまう。

煮え切らない態度の父と、相変わらずノリの軽い弟、何よりも、いつ死んでもおかしくない母・・・すべての重圧が浩介の方にのしかかってしまうのだった。

映画「僕たちの家族」の感想

正直言って、「舟を編む」は特に面白くない作品でしたが、石井裕也の才能の片りんは感じることができたので、「僕たちの家族」はそれなりに期待してみていました。

が、その期待を上回る素晴らしい作品でしたね。

まずは演出の面からこの映画のいい所を書いていこうと思います。

映画「僕たちの家族」の演出

この映画は非常に淡々とした作りになっています。
それは「舟を編む」の時にもそうでしたが、レビューにも書いた通り、「舟を編む」はストーリー先行型の作品だったので、石井のテイストには合わなかった(もしくは「合い過ぎた」ともいえる)のだと私は思っています。

しかし、この「僕たちの家族」はもっと内容がシンプルで、映画としては「よくある話」だったのが良かったのだと思います。

この後、石井裕也の「乱反射」というスペシャルドラマを観ましたが、やはり悲劇に見舞われた家族の物語で、それも大変すばらしいものでした。

こちらも、不慮の事故で息子を失った夫婦の葛藤を描く、というシンプルなものでした。

当たり前の事かもしれませんが、「シンプルな内容」の映画を立派に見せることほど難しいものはありません。
「舟を編む」は、「辞書作り」という掴みがかなりキャッチーで、ストーリーが既にでき上がっていたので誰が撮ってもあんな感じの作品になったと思うんですよ。
ストーリー自体が奇をてらっているといってもいいかもしれない。

しかし、「僕たちの家族」は演出次第ではつまらなくもなりえるから、リスクもあるんです。

石井裕也監督は、奇をてらわない素直な演出で、登場人物の心情をうまく描き切ったのがとにかくすごいと思います。

映画「僕たちの家族」の登場人物と役者たち

浩介役・妻夫木聡

それにしても「僕たちの家族」の登場人物は魅力的ですよね。

妻夫木聡演じる浩介がまずあまりにも素晴らしい。
キャラも素晴らしいですが演じた妻夫木があまりにも良いんです。

妻夫木聡は素晴らしい役者だなと昔から思っていますが、この映画はとにかく今までも特に彼自身のキャラクターによく合う役で説得力が増したのかもしれません。

妻夫木聡は非常に顔が美しいですが、その不器用で実直な人柄によって幅広い役を演じられるのは素晴らしいですね。

昔は「顔が美しい」という役者でしたが今はもうそういう感じを凌駕した役者に成長してますよね。

演技力が素晴らしいというよりは、彼自身の持つ人間性の深さが役に奥行きを与えるタイプの役者だと思います。

「僕たちの家族」で彼は非常に苦しい立場に立たされる浩介、という役を演じていますが、どうしようもない家族を支える姿は胸を打ちました。

俊平役・池松壮亮

池松壮亮の演技が上手いかどうかは議論の余地がありますが、今の若手の中で圧倒的に良い映画に出まくっているのが彼だという意見に異を唱える人はいないでしょう。

私はもともと、とにかく池松壮亮が大好きでした。
まあ、過去形ではなくて今も好きなんですけど、どちらかといえば素朴な演技をする人で、役作りを固めるというよりは素のままぶつかる演技が良い時もあれば良くない時もある、という風には思っています。

しかし「僕たちの家族」の池松壮亮は最高。マジで最高すぎる。

まず、このキャラクターがいなければ絶対にこの映画は成り立たないといえますよね。
彼がいなかったら、果たしてどれくらい重苦しい作品になってしまったかを想像するだに恐ろしいです。

とにかくこの映画は池松も魅力的ですが、俊平というキャラクターがあまりにも魅力的なんですよ。

浩介がすべての重荷を引き受けているように見えますが、本当は俊平も同じくらい心を痛めていて、家族のためにそれを見せていないという点。

それが最後の最後に分かるんですけど、マジで涙なしでは見れない。

記憶を失った母との楽し気な会話のシーンが、どれも一番心を打ちました。
「おふくろ可愛かったと思わない?」という彼のセリフに、彼なりにあまりにも母を愛しているのだという事が透けて見えて、とてもよかったんですよね。

その他の役者たち

この映画はとにかく役者たちの演技が素晴らしいので、全員について言及するのはちょっと難しいです。

母親役の原田美枝子の透明感のある演技も凄くかわいらしかったですよね。
長塚京三演じる父親の、どうしようもない感じも素晴らしい。

ちょい役であったけど、鶴見辰吾も良かったですよね。
鶴見辰吾は私が見た石井裕也の作品すべてに出ていますが、どれもいい。(てゆーか、鶴見辰吾は何を見ても好印象かもしれない 笑)

映画「僕たちの家族」の問題点

最後ですが、問題点というよりは私が個人的にあんまり好きじゃなかった点。
浩介の妻です。

まあ、子供のためにお金を出し渋るのは分かるっちゃ分かる。うざいけどそこは分かるんですよ。

問題は、最後に父が謝りに来た時、浩介に関して「正直、かっこいいって思いました」っていうセリフ。

セリフっていうか、あのシーン自体必要だったのか?感がすごい。

この映画って家族の絆の話なので、承認欲求の話ではないはずですよね。
しかしこの映画では、「かっこいいっておもいました」というセリフがあまりにも強くて、まるで「妻からかっこいいって言われるまでの物語」みたいになってしまったんですよ。

これはちょっと残念ですよね。
この妻の描き方は正直言ってよくなかったですよね。

最後に妻を絡めてくる事は、絶対に必要だと思うんですよ。
失いゆく家族と共に、生まれてくる家族と外の家族を描くことは必須。

そうでなければあまりにも閉鎖的な、ドメスティックな作品になってしまいますからね。

だからこの妻と家族との関係を描くこと自体は良かったと思うんですよ。
問題は、その描き方です。

この描き方では、最後にとってつけたようになってしまう。
セリフだけで語らせるのではなく、キャラクターをもう少し掘り下げてほしかったなあと。

上手くやれば、尺を使わずにそういう事できると思うんですけどね。

あわせて読みたい
映画版「舟を編む」の感想と、ちょっと気になった点どうもこんにちは、NITARIです。 石井裕也監督の「舟を編む」の感想と解説です。...

まとめ

とまあ、ちょっと不服な点もなくはないのですが、全体的には大変すばらしい作品で必見です。

石井裕也監督の映画はこれからも注目していきたいと思います。

ちなみに、この映画には原作があることを初めて知りました(事実がもとになった作品のようです)。機会があったら読んで見ようと思います。