おすすめ映画

映画版「億男」あらすじ感想と評価。何が言いたいのか分からない人に解説する。

どうもこんにちは、NITARIです。

映画版の「億男」を観ましたので、感想です。

映画版「億男」あらすじとキャスト

出演者

  • 大倉一男 – 佐藤健
  • 古河九十九 – 高橋一生
  • 大倉万左子 – 黒木華
  • あきら – 池田エライザ
  • 安田十和子 – 沢尻エリカ
  • 百瀬栄一 – 北村一輝
  • 千住清人 – 藤原竜也

主人公の大倉一男は兄の借金を肩代わりに背負うことになり、昼間は図書館の司書、夜は工場勤務という苦しい生活をしていた。

妻子は一緒には暮らしていなかったが、一男は時々娘と二人で出かけていた。

ある時、一男は景品でもらった宝くじで3億円を当てる。
これで借金を返済できる…妻と娘も戻ってくる。

そんな気持ちに胸を膨らませたが、突然の大金に不安になり、大学時代の親友だった九十九に相談することにした。

九十九は大学を中退して起業し、今は大富豪となっている。
久しぶりに再会した親友とともに、その夜二人はパーティーを開き、豪遊する。

朝になると、3億円とともに九十九は消えていたのだった。

映画版「億男」の感想

原作は未読ですので、映画版のみの感想を書きます。

基本的なあらすじは知っていたのですが、具体的にどういう話の作品かは知らずに観ていました。

予告を観た限りの印象としては、いきなり3億円当たったとか、総資産100億円の親友とか、かなり夢物語でファンタジーでバカみたいだなーと思っていました。

が、高橋一生が好きだし、バンプオブチキンの主題歌「話がしたいよ」も好きな曲なので観てみることにしました。

実際に観てみると、予告とはかなり違った印象の作品だなと思いました。
日本の予告の悪い癖なのですが、まあ要するに悪い意味で盛った予告編だったなあ、と。

どんな作品でも大体同じような作品に見えちゃう感じがしませんか?
今回の「億男」に関しても、まずはポップでキャッチーで話を面白そうな感じの雰囲気を出した後に、バラードで泣きを狙ってくるという…

「億男」でもやはり同じでして、3億円当てるとか資産100憶とかパワーワードで釣っておいて、最後泣きで狙ってくるっていう印象でした。

しかし実際は、かなり「お金」について踏み込んだ内容になっていて、すごく面白かったです。

映画「億男」のテーマ、「お金」

この映画で語られるのは「お金とは一体何なのか?」ということです。

3億円を当てたがすぐに友人に持ち逃げされてしまう。
お金を探してゆく中で多くの「お金」を持っている人に出会い、その誰もが幸せそうに見えずお金に自由を奪われているようにも見える。

「お金」を持っていても、妻子も戻ってはこない。
真の「幸福」とは、「お金」では得られないと尊いものなのだということに主人公は最後に気が付く。

言ってみればこの作品はこのようなストーリーが軸になっています。
なので、観る人が見れば薄っぺらい作品だな、と思われかねません。

おそらくこの映画を評価できない人は、そもそも普段からあまり「お金って一体なんだろう?」と考えたことが無い人のように思えます。

哲学的な観点からの「お金」ということです。

この作品は、普段からお金についてあまり考えてこなかった人にもわかりやすいように、「お金とは一体何なのか?」ということを問題提起してはいるのですが、あまりにも観念的なのでやはり分からない人には分からないでしょう。

「お金」に興味があるかないか

私は実は普段からお金のことを、割と考えている方だと思います。

それは、お金が欲しい!とか、お金がないからお金の計算をよくするとか、お金を稼ぐためにどうしたらいいのか、ということを具体的に考えている、ということだけではありません。

もちろん、これでも中小ブロガーとして生計を立てている以上、あらゆる行動に「お金」の概念は付きまといます。毎日毎日収入や支出の計算をしたり、そのために必要なアクセス数や、お金をもっと稼ぐためにどうしたらいいのかということをよく考えています。

ただ、それだけではなくて、お金って一体なんだろう?ということに興味があります。
経済学に興味があるのかもしれませんが、映画やドラマでも「お金を作る話」がすごく好きなんですよね。

多分、ブロガーという人は割とお金のことばかり考えている人が多いと思います。
実際、有名ブロガーやインフルエンサーはお金の話しかしませんし、私もそういう人の行動や活動を見ながら、「お金」ということをずっと考えてきました。

一方で、私はそういったビジネスでお金を稼ぐ人や、彼らの言葉に常に違和感を持ち続けていました。

ホリエモンの合理主義に嫌悪し、彼をあがめるインフルエンサーの安っぽい「お金論」にうんざりしたり、ZOZOの前澤社長の100万円リツイートに群がる人を見ていて、「お金って何なんだろうなー」って思ったんですよね。

「億男」で、九十九が「お金の正体を知りたい」と言いますよね。
この言葉はどういう人に響くのかわかりませんが、私にとってはすごくガツン、とくる言葉なんですよね。

映画版「億男」の分かりにくいところ

この映画は一見普通のエンタメ作品のように思えますが、実際はその「お金の哲学」を扱った作品なので、この映画で描かれている様々なところでちょっとわかりづらい描写がありますよね。

例えば、北村一輝演じる百瀬という役が、一男に競馬出かけさせて一億当てたといい、それを全額突っ込んで全てスる、というシーンがありますが、そもそも「お金とはなにか?」という部分に興味が持てない人は一体彼らが何をしているのか分からないかもしれません。

藤原竜也演じる千住とのエピソードにしても、同じだと思います。

特に訳が分からないのは、沢尻エリカ演じる十和子のエピソードかも。十和子は10億円を手にしながら、普通の団地でつつましく生活しています。しかし、壁をちょっとはがすと10億円が部屋からバラバラと出てくるんですよね。

「これって一体、なんなんだ?」という感じがするかもしれません。

また、主人公の妻である万左子についても、何がしたいのかちょっとわからないという人はいるでしょう。

突然3000万の借金を背負うようになった旦那を見捨てて別れてしまう。
娘のバレエを一男がやめさせようとしたことについて非常に怒っているように見えますが、傍から見れば3000万の借金があるのに高額のバレエなんて続けるわけないじゃんっていう感じもしますよね。

そして最後には、小さな自転車を送られたことに対しては納得して受け入れる、という。

虫
一体、何が言いたいんじゃああああ

と思ってしまうのは最もかもしれません。 

しかしこの映画にはキチンと、それらの謎に対してのヒントや答えが用意されています。

映画「億男」の言いたかったこと。お金とは一体何なのか?

では、この映画で言っている「お金」というのは一体何だったのでしょうか?

一見すると、この映画はよく見られるように「お金よりも愛が重要である」というような、お金を軽視した作品のようにも思えるかもしれません。

実際、大金を持っている百瀬や千住は幸せそうには見えないし、お金を持っていても万左子は去ってしまったから。

今までも、「お金より大切なものがある」というメッセージの作品は数多く制作されてきましたが、この映画はそういう映画ではありません。

この映画はお金を、良し悪しでは判断していないんです。

この映画は最後の九十九のセリフのように、「お金の価値は変わらない。持っている人が変わるだけ」という事なんですよね。

「お金の価値は変わらない。持っている人が変わるだけ」というのはめちゃくちゃ重要なことで、この映画はすべてのエピソード、すべてのセリフでそれを表現しているのだと私は思いました。

私がこの映画で最も好きなシーンの一つが、先ほども上げましたが百瀬が一男に馬をかけさせて1億当てさせて、それを全部スらせるが、実は最初からかけなどしていなかった、という場面です。

そのあと、百瀬は「頭の中で3億円が行ったり来たりしただけっちゅうこっちゃ」と言いますよね。

「金ってなんやの? さっきお前の頭ん中で行ったり来たりしたもんや。あれが金の正体や。金で家族が戻ってくるなんか幻想もいいとこやで」

この映画の前半部分の山場ではありますが、すでにこの映画全体が言いたいことをすべて言い切っているところがすごい。

しかしながら、観ている方は唐突すぎてまだ何が起こっているのか分からないんですよね。もっと映画を進めてみないと、この時百瀬が一体何を言っているのか理解することも難しいのですが。

「お金の価値は変わらない。持っている人が変わるだけ」という事を念頭にこの映画を見ると、わかりづらい事すべてに答えがあることがわかります。

特にこの映画で最も重要なポイントは、最後に3億円を持ってまた現れた九十九に対して、一男が「信じてたよ。お前が持ち逃げするとは思えなかった。何か理由があるはずだと。」という、この一言です。

それまでお金に振り回され、妻にも「変わってしまった」と離婚されてしまいお金で頭がいっぱいになった一男が、しかしどうしてか九十九は3億円を持ち逃げする男ではないことを確信していた。

3億円は誰でも簡単に変えてしまうのに、一男が九十九に持っていた信頼感はそれほどのお金でも変わらなかったというのは、実はちゃんと一男がお金とは一体何かをわかっていた、ということに他なりません。

それをちゃんと引き出したのが九十九だったのだと思います。
そして、この答えを知りたかったのは一男だけでなく、九十九も同じだったということがわかります。

最後に一男が自転車を買うエピソードは、かなりグッときますよね。

映画「億男」のキャスティング

しかしこの映画は脚本もよかったですが、キャスティングも最高だったよね。

もともと私は佐藤健がすごく大好きだったんですけど、実は最近ちょっと評価が落ちてしまっていました。
しかし、この映画の佐藤健はかなり素晴らしかったです。復活です。

最初にも行ったように高橋一生は大好きな役者ですが、期待していたにもかかわらずさらに上回る熱演でしたよ。本当に素晴らしい役者だと思います。

そして、何といっても百瀬役の北村一輝と千住役の藤原竜也には絶句です。マジですごすぎ。

藤原竜也がマジですごすぎるのは元々分かっていましたけど、北村一輝の切れ味がマジでやばかったです。なんでもできるんですねー、この人は。

役者が非常に素晴らしかったので映画がよりクオリティの高いものになったのは間違いないと思います。

まとめ

この映画は本当に、誰もがちゃんとわかっておくべきお金についての話を、ちゃんと教えてくれるような気がします。

それって、実は一番大切なことのように思えるんですよね。

ずっとお金に対して疑問に思っていたり、興味を持っていたことを驚くほど鮮やかに教えてくれたような気がして、かなり感動しました。

もちろん、私のようにお金に疑問を持っている人がどれくらいいるかはわかりませんし、多くの人はお金を金銭としか思っていないというのもよくわかります。

そういう人にとっては、いまいちピンとこない作品かもしれません。

お金と同じように、映画も人それぞれによって価値は全く変わってくるのかもしれませんね。