死ぬまでに観たい映画
仕事のこと

映画業界を脱落したブロガーが映画業界就職&転職の仕方を解説するよ

どうもこんにちは、NITARIです。

実はNITARI、若いころ映画監督になろうと思って専門学校に通ったほどの映画好きです。バイタリティあったなあ。

そんなNITARIが、映画が好きで就職したい!映画界に転職したい!という方向けに、映画の世界で働く全手法をご紹介します!

映画制作の仕事完全ガイド

それでは、そもそも映画業界にどんな仕事があるのか、どうやったら就職できるのかを確認して行こうと思います。

で、「就職」っていう言い方を敢えてしていますが、基本的に映画業界は制作部門においてはほとんどフリーランスですので、会社に所属するという考え方だとポストは少ないです。

プロデューサー

監督との違いをよく理解していない人がいますが、プロデューサーは企画を立ち上げて資金を調達したり、宣伝など、映画にかかわるすべてに携わる仕事です。

監督のほうが日本では圧倒的に人気だと思いますが、重要さで言ったらプロデューサーのほうが全然上。監督なんて所詮、映画制作の「駒」に過ぎません。

企画にもよりますが、もしも制作中に監督が何らかの事情で辞めちゃっても、別の監督を変えればいいわけですが、プロデューサーはそういうわけにもいきません。

資金調達まで担っているのでプロデューサーが降板しちゃったらスポンサーも降りちゃうかもしれないし、大変だよね、という話。(企画がもし有名監督ありきだった場合は別ですが)

ちなみに、米国のアカデミー賞の「監督賞」と「作品賞」の違いもここにあって、「監督賞=監督に贈られる賞」「作品賞=プロデューサーに贈られる賞」という事です。

映画プロデューサーになるには

基本的には、映画会社に就職することかなあと思います。
企画を上げて通ったらプロデューサーになれる、という話だと思う。

狭い門であることは間違いないです。

少なくともいえることは、大金が動く映画プロデューサーになるのには相当なビジネスセンスが必要で、最悪、ビジネスセンスがあれば会社に所属していなくても、会社立ち上げるなり資金を作るなりすればプロデューサーになれるよね。

インフルエンサーになって、クラファンなどで資金を調達するなど、いまの時代はいろんなことができます。

映画監督

映画監督は、読んで字のごとく映画の監督をする人
プロデューサーとの違いは、映画そのものを作る事以外は何も考えなくていいというところです(資金調達とか配給とかね)。

映画監督って何をするの?っていう人がいるけど、オーケストラでいえばコンダクター、レストランでいえばシェフです。

カメラをどこに置いて、役者にどんな演技を付けて、どんな音を付けて、どんな音楽、編集にするのかを決める人ですね。

とはいっても、監督にもいろいろやり方はあって、演技は役者に勝手にやらせるとかいう場合もあると思うし、それぞれです。
映画の世界って「こう!」とは決まってないんですよね。

映画監督になるには

難しい話で、かなり素質と運が必要になります。

そもそも、映画監督に限らず大体の映画制作関係者はフリーランスなことが多いので、この企業に入れば映画監督になれるという分かりやすいルートは、ないです。

いくつかの例を挙げてみましょう。

自主制作を撮って映画監督になる

ぴあフィルムフェスティバルなどのコンペに自主制作映画を応募して注目されれば、たぶん一番近道だと思います。

しかし日本でも最高峰のコンペなので、ちょっとやそっとでは絶対に入選できません。
予算にしても、最低100万くらい見て撮影したほうがいいです(まあ、最近だと動画撮影にはお金があまりかからなくなったので、工夫次第で低予算でもいろいろできるかもですが)

もしもあなたが映画制作の専門学校も出ずに映画監督なるんだったら、一応は一番近道ですけど、簡単ではないことをご承知おきください。

脚本家から映画監督になる

脚本家になって、コネを作って映画監督になるという方法も一般的です。
可能性としては、自主制作を作るよりは高いかと思います。

脚本家になる方法は後述しますが、まあそれもコンペに入選したりする必要がありますが、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)に入選するよりは可能性も高いです。

映画の世界はなんでもかんでもコネです。
脚本家になって映画業界で顔が広くなれば、プロデューサーが拾ってくれて監督できるかもしれません。

映像制作会社&CM会社に入社して映画監督になる

これは最近では結構多いと思うんですけど、広告代理店の映像部門とか、まあそういうところでCMや音楽PVを監督してから映画界に行くというのも結構あると思います。

テレビはメディアとして勢いが落ちているとは言っても、YouTubeでもCMは流れるし、映像そのものはまだまだ圧倒的な影響力があります。

ただ、たぶん映像制作会社に制作部門で入社するのには、それなりに映像を専門学校や大学で学んだ人じゃないとダメなんじゃないかな~と思います。(たぶん)

YouTuberになる

今っぽい方法ですがセンスがあれば相当イケます。

私が若いころにはYouTubeなんかなかったですからね。もし今だったらガンガン動画作ってYouTubeに上げていったと思います。
ブログと連動して、かなりクオリティの高いもので才能があれば運がなくても芽が出ます。

映画監督で一番難しいな、と思うのは、物凄く大きなプロジェクトになりがちな所ですよね。お金がかかるので。

その結果、映画監督て芸術家なのにかなりコミュ能力が必要になるわけですよね。私はそこで挫折しました。
それに、有力者と仲良くなれたり、コネが必要だったりと、政治力も問われるわけです。

その結果、運も相まってようやく映画監督になれるわけです。
つまり、どんだけすごい映画を作る才能があっても、コミュ障だったら映画監督にはなれないわけだよ。

しかし、いまは、極端な話一人でも傑作を作ることができるし、それを3分で全世界に公開できるんですよね。そして、クオリティとセンスさえあれば人気を得ることができるわけ。

これはすごい時代です。

まあ、そうやって考えてやってる人が何万といる中でやってかなきゃいけないので、ちょっとやそっとのセンスではだめですけどね。

多分数十万人に1人とかのセンスが必要なので、まあ普通に無理ゲーではあるんですけど(笑)、それでも普通に映画監督になるよりは自由度も高いし、お小遣い程度ならまだ可能性はあるかと。

あと、「運は必要ない」って言いましたけど、ジャスティン・ビーバーにいいねされたりするとやっぱとんでもないことになるので、運があるとよりいいですね。

ちなみに普通YouTuberなんかだと当たり前ですが数分の動画が主なので、超短編映画を連発してうまくセルフブランディングしてネット上で話題を集める必要もあるので、その辺のビジネスセンスも必要。

助監督

監督の下について、監督の補佐をするポストです。
一番有名な仕事としては、カチンコを打つとか(笑)。

映画を作るうえでの便利屋さんみたいなところがあるので、相当辛いです。
例えば、道での撮影で車を止めたりとか、スタッフのお弁当の手配やスケジュール管理など、なんでもやります。

作品の規模にもよりますが、助監督は3人くらいいて、ランク付けされます。
チーフの助監督だとそこそこ立場が高いので、カチンコ打ったり(笑)やりがいありそうですが、セカンド、サードだともう場合によっては虫けらのように扱われたりします。

まあ、コンプライアンスに厳しい昨今なので今はあんまりパワハラみたいのは無くなってるかもしれませんけど、私が知ってる限りではパワハラ当たり前でしたね~

しかも収入が尋常じゃなく低いです。

映画を作るうえで相当重要なポストだと思うんだけど、それにしてはあまりに軽く扱われていることは不満ですね。

助監督になるには

助監督は所詮、映画監督になるための通過点として目指すもので、助監督は目指すべきではありません。とはいっても、当たり前ですが一生助監督という人もいます。

助監督は映画監督とはまた違った才能が必要だと思うので、漫画界でいう優秀なアシスタント的な感じで才能を発揮させる人もいると思います。

何度も言いますが、助監督はすごく重要なポストなので、もう少し環境が改善されればなあと思います。

助監督になるには、専門学校などで講師の監督とか映画業界の人と仲良くなって仕事を斡旋してもらうのが近道です。それ以外の方法はよくわかりません。

基本的にフリーランスなので、その場その場で次の仕事を取っていく感じになります。顔の広さがものを言います。

脚本家

簡単な話で、脚本家は映画の脚本を書く仕事です。

プロデューサーが起こした企画に添って、「こういう脚本を書いてほしい」とか、「○○を原作に脚色して欲しい」なんていうオファーが基本的にはあって、仕事を請け負います。

しかしながら、有名な、もうほんとクドカンくらい有名な脚本家だったら、「今度こういう作品を書きたいんだよね」という脚本家ありきの企画もあると思います。

脚本家が企画を持ち込むこともたぶんあるとは思いますが、ちょっとその辺はわかりません。
基本的には、企画ありきでオファーされる仕事だと思います。

脚本家になるには

上記してしまいましたが、脚本家になるにはほとんど100%、コンペに応募することです。
しかし、脚本を学ぶ方法は結構いろいろあって、脚本家養成所みたいなものもすごく多いです。

脚本家養成所とかはあんまりお金もかからずに、通信で教えてくれるところもあるし、かなり気軽に入っていける世界だと思います。
仕事をしながらでも十分に学べます。

もちろん、その代わり競争率は高いですが、脚本はTVドラマやCMやバラエティなども含めると、映画&映像業界では相当需要があります。

在宅で仕事ができるので、主婦や主夫の方にもすごくおススメで現実的。

まずは養成所で脚本を学ぶことから始めましょう。
多分、映画制作の世界に一番入りやすいのはこのポストです。

ただし、それだけで食べていけるほど収入を得られるかというと話は別です。

カメラマン

撮影担当です。
カメラで撮影するときのあらゆることを請け負います。
ショットの構図とか光の量や色とか、そういうのも考える場合が多いです(監督が考える場合もあります)

照明を担当する場合も多いです(作品の規模によっては証明担当が別にいる場合もあります)。

カメラマンになるには

専門学校で学び、講師のカメラマンにコネを作って卒業後は仕事を斡旋してもらう事です。

助監督よりはるかに専門性が高い仕事です。
前述したように、映像というのは未だに大きな産業です。Webも合わせると世の中は映像であふれています。

脚本家以上に活躍の場は多く、しかも専門性が高いので仕事は引く手あまたです。

しかしながら、尋常じゃなく体力勝負なので、体力のない人はちょっと厳しいかもしれません。
最近では、今年のアカデミー賞に女性のカメラマンがノミネートされて話題になりました。かっこいいですね。

音響技師

音全般を担う仕事です。

撮影中に音声や音を録音したり、場合によってはアフレコで音を作ったりします。
デジタルな世の中ですが、音を作って録音することにおいては今も昔も変わらずアナログです。

個人的にはすごく面白いポストだと思いますが、やっぱり体力が必要です。
物凄く重いマイクを持たないといけないからです。

音響技師になるには

やっぱり専門学校に行って、コネを作って録音技師の下に就くことかなと思います。

美術

最近は結構人気が出てきている気がする美術です。
映画のセットを組むときに、シーンで必要な部屋や環境を視覚的に作り上げるポストです。

個人的には、日本の映画の美術は結構レベルが高いんじゃないかなあと思います。
この仕事、個人的にすごく興味があります。

ヘアメイクやメイク、特殊メイクも美術担当の仕事になります。

美術担当になるには

今までとちょっとルートが変わります。
美術担当はどっちかというとその名の通り美術畑の場合が多いので、美大を出てから美術の請負会社とかに就職するのが一般的なようです。

あと、美術系の大学ではなくても、比較的多いのは舞台美術を学んだりして劇団に舞台美術として入団して働いたりして、コネを使って映画業界の仕事もする、というパターンもあるかと思います。

後は、遊園地のアトラクションなどの美術アルバイトとかやってたって人もいますし、それぞれです。

ヘアメイクアーティストとかの場合も当然専門学校での勉強が必須です。
特殊メイクに関しては全然分かりません(笑)多分、特殊メイクを学ぶ専門学校で勉強するのかなと思うんだけど、日本にそういう学校があるかは私は知りません。

最近では、日本人のアーティストが「チャーチル」という映画で特殊メイクを担当し、アカデミー賞を受賞しました。

編集

膨大な映像の中から使えるところを抜き出して、一本の作品にするのが編集の役割です。
たまに、監督が編集も担ったりします。

編集の仕事は映画だけでなく、テレビの世界でも重要なポストですが、この編集って作業はとにかく根気がいりますね(笑)相当すごいと思う。

ずーっと、撮影した映像や音をただひたすら部屋の中で編集するという作業です。同じような映像も相当たくさんあるのだろうに、その中からベストのものを作るのは大変そうですがしかしかなり面白そうです。
編集によって、かなり作品の印象が変わることは間違いありません。

オタク気質な人にはもってこいかも?(笑)

編集技師になるには

これも専門学校で編集を学んで、編集技師のアシスタントになることが一般的です。

CG制作

最近は引く手あまただろうポスト。CGを作る技師です。

かなり専門性が高いポストですが、需要もすごく多いし人気も高いです。

CG制作技師になるには

専門学校で学ぶことが前提ですが、映画の専門学校には限らず、アニメとかいろんな専門学校があると思うので、割と間口は広いんじゃないかなと思います。

しかしながら、資金は多少かかっても時間があれば自分でCGを学んで会得し、やはりYouTubeなどで作品を公開してしまうも手だと思います。

自由度が高く、センスがものをいう世界です。

役者

誰でも知っている、役者です。

役者になるには

オーディションを受けて、芸能プロダクションに入る事。
そして、そこから映画やドラマのオーディションを受けて役を得る。
もしくは、劇団に入る。

映画制作を知る、おすすめドキュメンタリー

以上が、概ね映画制作の仕事です。他にもいろいろありますけど、とりあえず最低これだけは必要っていうポストの紹介でした。

ではここで、映画制作に携わりたい人におすすめの資料として、いくつかDVDをご紹介します。

映画のその他の仕事に関してはそのあとに続きます。

 

アニメですけど、映画制作の事が体系的に理解できます

監督である宮崎駿が何をしているのか、プロデューサーである鈴木敏夫が何をしているのか、どういう順序で映画が作られていくのかという背景は、アニメであっても実写であってもあまり変わりありません。

かなり面白いので、一見の価値ありです。

 

私はかなりロード・オブ・ザ・リングが好きなので、これ以上ない資料です。
全部で15枚組のBlu-rayでして、メイキング映像だけで9枚です。

当然、とてつもなく規模の大きな作品ではありますが、これだけの大作が最先端デジタル&アナログが非常にうまく融合した作品だという事と、やっぱり基本的には映画制作は規模にかかわらず基本的には同じように進行してゆくという事が分かります。

おススメですが、これ、いまは販売が終わってるんですね~

だとしたら、DVD版でもお勧めです。

映画配給&宣伝会社の仕事

映画会社に就職&転職する

次は、「映画制作or宣伝の仕事」に就く方法をご紹介します。

映画制作会社、映画配給会社は、上記のプロディーサーの項目でもお伝えした通り、映画の制作そのものを立ち上げたり、宣伝をすべて請け負ったりする会社です。
いわば、映画のすべての始まり。

映画に携わる仕事の中で最も堅実なのは、なんと言っても映画会社などにし就職&転職することです。

当たり前ですが、ある程度安定した収入を得ることができるからです。

今までお伝えした、実際に制作にかかわる仕事は基本フリーランスなので、本当に儲かりません。
ふつうに考えて会社に所属して安定した収入を得たいのであれば、絶対に会社に所属すべきです。

とはいえ、みんな考えることは同じなので、すんごい狭き門だとは思います。

ただ、映画制作&配給会社だけではなくテレビ制作会社や広告代理店も視野に入れれば多少間口も広がります。
いずれにしてもとてつもなく人気の職種だと思いますが……

映画制作会社に就職&転職する方法

これは一般的な企業と同じ就職活動や転職活動をすること。
就職&転職サイトに登録して、エントリーシート&面接が基本です。

映画館で働く

誰にでも一番可能性が高いのは、映画館で働くことです。

日本中に大量に映画館は存在していて、常にアルバイトや契約社員を募集しています。
アルバイトだったら特に経験などなく、誰でも簡単に入社出来ますし、契約社員だって相当簡単になれます。常に人材不足だからです。

私も結構長く映画館で働いてましたけど、楽しかったですね。アルバイトとしてはおススメ。タダで映画を見れる企業も多いし。

しかしながら、薄給であることは間違いないし、契約社員だったらブラックとまではいかなくても相当馬車馬のように働かされることは間違いないです。

まあ結構楽しいので、それでもずっと働いて社員になった友人もいますし、適性があればいいと思いますけどね。

映画評論家になる

制作側でなくて映画好きが一番気になるのが、この「映画評論家」という謎の仕事です。

私自身、「映画評論家ってどうやったらなるのかいな?」と思ったんですけど、別に「こうやったら映画評論家になれる!」という決まりはありません。

しかしながら、一般的なのは映画雑誌の編集などをやっていて、コラムを書いたりするというところから入っていくことです。

なので、映画評論家になるんだったら、まずは映画雑誌を発刊している出版社に就職するのが近道かも。

しかしながら、「映画評論家」は立場がはっきりした仕事ではありません。つまりは、フリーライターです。

映画を専門に請け負うフリーライターの事を、「映画評論家」というわけです。

フリーライターっていろんなところにいますけど、こと映画だけの事を書く専門のフリーライターで食べていける人なんて普通いませんので、雑誌の編集とかから映画の評論家を目指すのは時間の無駄だと思います。

映画ブログライターになる

はい、私の事です(笑)

映画制作の仕事をするのは相当適正と運が必要です。
それでもやりたい人は頑張れと思いますけど、私は無理だった。

という事で、映画を作りたいほどに映画好きだったら、映画ブログライターになっちゃえばいいと思います。

映画の評論家はなるの難しいし、勝算薄い。

だったら、ある程度時間をかけて努力すれば、ブログライターのほうが全然可能性があります。
専業も目指してもいいですし、副業としてだったらより可能性は高まるでしょう。

ブログを始めるメリットとしては、初期費用があまりかからず、ある程度隙間時間に続けることで長期的な収入を得られるという点があります。

その代わり、収入になるまでに通常かなり時間がかかりますので、大変ですけどね。

映画ブログライターになる方法は、今後また別でご説明しようと思います。

まとめ

いかがでしたか?

いかに、映画の世界が死ぬほど情熱と根性と時間が必要か、お分かり頂けたかと思います。
私は映画が好きで映画制作の仕事をしたいと思って専門学校まで行きましたけど、正直言って全然向いてませんでした。

本当に運とか必要だし、言ってしまえばかなり保守的な狭い世界でもあります。間口はあまり大きくありません。

しかし、映画が好きで情熱をかけられるんだったら飛び込んでみるのもいいと思います。

私個人としては、映画は好きでもあんまり映画の世界は好きじゃなかったので、こうやって映画のレビューを書いたり脚本を書いたりするほうが性に合ってます(脚本は今後、本格的に書いてみようと思ってます)

では長くなりましたが今日はこの辺で。