おすすめ映画

映画感想&解説【ムーンライト】この映画は何を伝えたかったのか?

ムーンライト

すっごい考えながら観たんですけど、いい映画だったと思います。

あまりにも静かな映画なのにあまりにも大量にテーマが隠されているので、どう考えたらいいのかとても難しいですね。

なお、現在この作品はU-NEXTで視聴可能です。(配信終了予定:2019年9月30日)
U-NEXTには31日間無料トライアル期間があります。

「ムーンライト」をU-NEXTで観る。

映画「ムーンライト」のあらすじ

映画「ムーンライト」は2016年にアメリカで制作され、翌年のアカデミー賞で作品賞を獲得しました。

出演者

  • シャロン (Chiron) 
    大人のシャロン / 「ブラック」 – トレヴァンテ・ローズ
    ティーンエイジャーのシャロン – アシュトン・サンダース
    子どものシャロン / 「リトル」 – アレックス・ヒバート
  • ケヴィン (Kevin) 
    大人のケヴィン – アンドレ・ホランド
    ティーンエイジャーのケヴィン – ジャレル・ジェローム
    子どものケヴィン – ジェイデン・パイナー
  • ポーラ – ナオミ・ハリス
  • テレサ – ジャネール・モネイ
  • フアン – マハーシャラ・アリ

映画「ムーンライト」シャロンの少年時代

シャロンは、「リトル」と呼ばれている、恥ずかしがり屋の少年だ。
そんな彼は、ある日いじめられて隠れているところを麻薬の売人であるフアンに見つけられ、そこから彼と親しくなる。

引っ込み思案のシャロンには友人はケヴィン一人しかいない。
シャロンはだんだんフアンと仲良くなり、長い時間を共に過ごすようになるが・・・

映画「ムーンライト」シャロンのティーン時代

高校生になったシャロンは、相変わらずケヴィンと仲良くしているものの、やはり周りからは虐められて過ごしていた。

母のポーラは麻薬に溺れ、薬代を稼ぐために売春婦に。
昔仲のよかったフアンはすでに亡くなってしまったが、彼の元恋人のテレサは彼に食事の世話などを未だにしていた。

ある日、シャロンはケヴィンが女性とセックスしている夢を見る。別の夜、彼はケヴィンを訪れて、二人は海辺でキスをするが・・・

映画「ムーンライト」シャロンの大人時代

大人になったシャロンは「ブラック」という名で麻薬の売人をしていた。
ある日、昔の友人ケヴィンから電話があり、彼の働いている食堂に来てほしいと誘われる。

そして、高校時代の事件について謝罪したいと伝えたのだった・・・

映画「ムーンライト」のネタバレ感想

隅から隅まで心を揺さぶられる、素晴らしい映画でした。

この映画のすばらしさについて、いくつかの項目に分けて解説したいと思います。

映画「ムーンライト」のテーマ

この映画には様々なテーマがありますよね。

シャロンという黒人の青年の幼少期から青年期にかけてを淡々と描いてはいますが、幅広いテーマを扱っています。

例えば、LGBTに関して。

この映画におけるLGBTの描き方は非常に抑えた表現で素晴らしかったです。
シャロンがゲイである事についての葛藤だけが、この映画で描かれているわけではないからです。

シャロンはゲイだけど、それが彼の気持ちを最も暗くさせる出来事ではないんですよね。

彼はゲイであり、友人のケヴィンに叶わぬ恋心を抱いている。まずはそれが一つ。
彼がいじめを受けている。それも一つ。
彼の母が麻薬中毒者である。etc…

かなりいろいろな苦境に立たされているのがシャロンです。

幼少期にはそういった辛い経験や悩みを、フアンが聞いてくれたのですが、その彼は麻薬の売人として、図らずも母に麻薬を売っていたわけです。それをシャロンも知っていた。

そして心の支えであるフアンは亡くなってしまうわけです。

これらの、彼が終わりの見えないような辛い状況に立たされているいくつかの悩みは、どれもそれぞれが独立しているように見えますが、実は一つの環境がそれらを重苦しく紐づけている事が分かります。

それは、彼が生まれ育っている環境、その街です。

シャロンの生まれ育った街は、黒人たちのコミュニティーで出来上がっています。
もちろん貧困層であるその街に生まれた彼らは貧しい暮らしを強いられます。

幼少期に皆でフットボールの真似事をしていますが、そのボールは新聞を丸めたものですよね。

この映画には白人は全く出てきませんが、それはただ単に黒人のコミュニティだけを描いたというのではなく、このような劣悪な状態の黒人コミュニティが舞台になっているからです。

最終的に、ケヴィンがレストランで料理をしていますが、ここでようやく白人がモブとして出てきます。

ここに白人がいることで、ケヴィンがしっかりと堅気の仕事を手に入れて生活しているのだという事がよくわかるんですね。

人種問題の闇の深さについて考えた

ここで描かれる黒人コミュニティは、ただ単に映画の舞台として利用されただけではありません。

このようなコミュニティは今でも全米に数多く存在します。
これらのコミュニティができてしまった背景には、もちろん人種差別があるのだという事を念頭に置かなければなりません。

そしてこの映画を観ていれば分かるように、この町に生まれるとそこから出ていくのは容易ではないのです。

シャロンは結局暴力を働いていて少年院に送られ、出てきても更生することができずに麻薬ディーラーになってしまいますよね。

ここでシャロンの意思の弱さを指摘するのはあまりにも早計で、やはりこれが彼らの現実なのだ、という事をしっかり理解しなければならないと思います。

もちろん、ケヴィンはしっかりと自分の生きる道を掴み、たった一人で幸せを手に入れました。しかしそれはケヴィンが頑張ったからであって、シャロンがダメだったという事ではないという事。

この映画は、そういったコミュニティーで生きることの難しさと不条理を描いているといっていいかもしれません。

映画「ムーンライト」のLGBTの描き方

この映画は、シャロンがゲイであることが問題の中心であるという描かれ方はしていません。

先ほども言ったように、あくまでもシャロン達の生きるコミュニティの問題を描いた作品で、そこに彼がゲイであるという葛藤も含ませたという表現が近いと思います。

この映画が傑作にまで押し上げられた理由がこれでしょう。

ここで描かれるシャロンの孤独。ゲイであるという事と共に、心の友であり憧れの存在であったケヴィンに裏切られた孤独感を思うと本当に胸の潰れる思いです。

この映画に描かれるシャロンのような罪のない少年は、実際きっと多いのだろうなと思うと胸が痛いですよね。

シャロンとケヴィンの描かれ方は本当に美しく、悲しく、そして素晴らしいものでした。
硝子のような繊細な作品だったと思います。

役者のすばらしさについて

主人公の3人のシャロン役も素晴らしいですし、当然というかやっぱりというかマハーシャラ・アリには参りましたね。

シャロン役の3人素晴らしかったけど、私はもう圧倒的に10代のシャロン役のアシュトン・サンダースがよかったです。

How ‘Moonlight’ Beat the Odds to Reach Theaters In African-American Neighborhoods

めちゃくちゃかっこいいんですよ~。
イケメンなんです!

最初は、少年時代のシャロンがあまりにもかわいかったので、アシュトン出てきて「え、ブサイクじゃね」とか思ってすいませんでした。

いやあ、素晴らしい味のある役者で、線も細くてむちゃくちゃキレイ!!もうあまりにも美しいんですよ~

まあとにかくですね、そんな感じで盛り上がってるうちに大事件が起きて、あっという間に彼とはおさらばして約10年後になります。

10年後のシャロン

そいうわけでアシュトンに惚れ惚れしていた私にとっては、10年後のシャロンのマッチョさは事件だと思いました。

ホントでかい。どうしたのっていうくらいでかい。正直、華奢で美貌のティーンシャロンからすると全くの別人。(好みではない)

しかし実は、シャロンが過去を悔いて自分を鍛え上げたからこのようになっていた、という事は映画を観ればよくわかります。

この映画の素晴らしいのはあまりにも、圧倒的に素晴らしいのは、この第3章の、レストランのシーンなんですよ。

でかいシャロンでかいのにめっちゃ繊細なあの瞳だけは残っていましたね……
それがあまりにも素敵でした。

本当にね、ケヴィンも凄くいいやつなんですね。私が何とも言えず胸が熱くなったのは、シャロンが自分の職業を彼に告白するところですね。そこで彼は、あからさまにがっかりした顔をするんです。

だけど、彼は席を立っては戻ってきて、ずっとシャロンと話をするわけです。そのシーンが正直すごく長いんですけど、もう素晴らしいの極致。最高に感動的でした。

というわけで、この映画は本当に素晴らしかったと思う。

まとめ

しかしながら、はじめは捉えるのが難しかった本作ですが、結果的にはすごく良かったな、というところで収まりました。

いろんな人にオススメしたい映画です。

なお、現在この作品はU-NEXTで視聴可能です。(配信終了予定:2019年9月30日)
U-NEXTには31日間無料トライアル期間があります。

「ムーンライト」をU-NEXTで観る。