ライフスタイル

ミニマリストは貧乏くさい?正しくもあり間違いでもあるよ

こんにちは、NITARIです。

ミニマリストの貧乏性について、今日はお話したいと思います。

まず、この記事にたどり着いたあなた。

「ミニマリストって貧乏臭くて嫌い」

「ミニマリストに憧れるけど貧乏臭いって思われそう」

どちらの考え方を持ってますかね?

今回の記事は、どっちの方にもある程度納得できる「ミニマリスト貧乏論」を解説していきたいと思います。

それでは行ってみよう!

NITARIはミニマリストか?

その前に、ちょっと私の話をしたいと思います。

「興味ねえよ」っていう人は、飛ばして下さい(笑)そもそもこれを書いているのがミニマリストか、そうでないかはちょこっと重要かな、と思ったので書きます。

私自身は、ミニマリストではありません。

ミニマリストどころか、部屋のモノの多さは凄いと思います。5畳くらいの部屋なんですけど本棚が3つあります。Blu-rayとかも多いです。

はにわ

なんだ、アンチミニマリストかよ!

NITARI

いやいや、全然アンチじゃありません。むしろ心はミニマリストです。

行動が伴っていないだけで、私の心はミニマリストです。←

本が多いのと、家で仕事をする場合の環境で合理性を欠きたくないという理由で、必要なものは躊躇せずに買います。

その一方で、衣服や化粧品は極力削ってミニマルに生活しています。

何が言いたいかというと、「モノを持ちたい」と思っているモノマリストと、「モノを減らしたい」と思っているミニマリスト、どちらの気持ちもわかる、という事。

ある意味、めちゃくちゃリベラルな立場だと自負しています。

ミニマリストが貧乏くさいと思われる理由

white wooden table near brown chair

では、長ったらしい前置きはこれくらいにして、実際にミニマリストが貧乏臭いって思われてしまう理由を考えていきましょう。

実は私の周りに本物のミニマリストみたいな人はいないので、あくまでもネットなどで「ミニマリスト族」を見ている時の印象です。

YouTubeではよくミニマリストYouTuberの動画を見て楽しんでいます。

モノを買わない=ケチだと思われる

まず、そもそも「モノを買わない」っていうのは、「ケチ」という考え方と直結するように思えますよね。

ミニマリストっていうのは基本的に「物質に頼らない生活を送りたい」みたいな考え方があると思うのですが、それが「ケチ」と直結するかどうかは、人によると思います。

そもそも、ミニマリストと節約っていうのはアクションとしては似ている用に感じますが、実際は全く別のものだと私は解釈しています。

「モノに頼らない合理的な生活を送りたい」という考え方がミニマリストなんだったら、少ない持ち物は高価なものだったりもします。

食べ物や消えモノにはお金を使っても「ミニマリスト」と言えますからね。

毎日同じような服を来ていたとしても、実はそのジーンズ4万円って言うことも、可能性としてはあると思います。

そもそも、ミニマリストは合理主義者であるはずなので、4000円のジーンズで毎年かいかえるより、4万円のジーンズを10年はいたほうが良いよねって考え方はあると思います。

毎日同じ服を着ている

先程洋服の話しをしましたが、ミニマリストは基本的に身の回りのモノをシンプルに過ごす傾向がありますが、やはり洋服に対してもシンプルで最低限にしている場合が多いと思います。

そうすると、「あの人いつも同じ服着てるよね」っていうことになるわけです。

多くのミニマリストは、洋服を選ぶ時間を削減するという意味で同じような服を揃えている場合が多いですよね。

私も、仕事場に行く時は人に全く会わないので、ほぼ100%同じ服を着ています(数着持ってます)。

私の場合は基本的に洋服が好きなので、人に会う時は別の服をコーディネートしますが。

貧乏くさいミニマリストの何が悪いのか

blue lemon sliced into two halves

私自身はそもそも、ミニマリストが貧乏臭いと評価される事に対して「ほっとけよ」としか思いません。

自分が貧乏臭く見られるのは嫌だっていう人はたくさん買えばいいし、ミニマリストって貧乏臭いから嫌いっていう人は、お前になんか迷惑かけたのか?と言いたいです。

自分が好きなように生きていくのに何の弊害があろうか。

とはいえ、中には「ミニマリストとして生きる俺」感が強かったり、「ミニマリストとして生きる私」感が強かったりする人も多いと思います。

ただ、どちらにも言えることは、そもそもあなたが持つミニマリストのイメージってどこから来たのか?というところ。

例えば、Twitterやインスタ、最近では私もよく見ていますがYouTubeなどでミニマリズムを発信してフォロワーが多くいるインフルエンサーの印象は強いと思うのですが、どうでしょうか?

ここで注意したいのは、彼らは「ミニマリスト」をブランディングとしてマーケティングをして、フォロワーを集めているビジネスパーソンであるということです。

もちろん身近にもミニマリストを語る人はいるかも知れませんが、その方々も割とそういったミニマリストインフルエンサーをフォローしている場合が多いです。

問題は「ミニマル」をブランディングとして利用するインフルエンサーがいけないということでは断じてなく、それに影響されてミニマリストを目指す人でもなく、そういった「ミニマリスト」の印象を持って人を批判しようとする人達。

まあ、いけ好かないミニマリストがいることは私にもわかるので、とりあえずほっといてこちらは楽しく生きていこうよ、ということです。

ミニマリストと貧乏についての考え

先程、「貧乏」と「ミニマル」は違うという話をしましたが、もう少し掘り下げていこうと思います。

今の日本は「隠れ貧困」という存在が結構多く存在します。

で、貧困層でない人たちにとっては、「貧困層」っていう存在が見えないので、遠く離れた世界の話のように感じると思います。

ただ、実際は全然そんなことはなく、実は隠れ貧困の方はかなり多いです。

多分、「自分は貧困層だ」って思っていない人もいるんじゃないかな、と思います。

私自身は、「ミニマリズム」という考えがそういった貧困層の助けになるのだったらそれは悪いことでは無いな、と思っています。

貧困に陥る人には色々な理由があり、時には「自己責任」と一蹴されてしまうこともありますよね。

私は貧困の存在は社会全体の問題だと思っているので、ミニマルという考え方で貧困層が少しでも前向きにシンプルライフを楽しめるならすごく良いことだと思います。

「物質に頼らなくても豊かな生活を送れる」ということだからね。

とはいえ、先程も言ったのですが、「貧困=ミニマル」っていう考え方は明確に違うと思いますので、そこは注意してもらいたいです。

「合理的に生きていく」というのは、ユニクロのジーンズではなくて4万円のジーンズを10年使うことです。

ユニクロのジーンズを毎年買い換えることでも、ましてはボロボロになって醜いユニクロのジーンズを5~6年使うことではありません。

合理的に生きていくのであれば炭水化物ばかりの食生活で栄養を偏らせるのではなく、緑黄色野菜を十分に摂取して健康的な生活を志すべきです。

私はファストファッションやファストフードが駄目って言っているわけではなく(良くはないですが)、貧困層にはそれらを選ばなければならない状況があるって言うことです。

だから、「合理性」を自ら選択できるミニマリストに対して「貧乏臭い」っていう感想を持つのは、そもそも無知だなと思ってしまうわけです。

ミニマリストが世の中に与える影響

green leaf photography

ではここで、ミニマリストが世の中に与える影響について考えてみようと思います。

ミニマリストは日本でのみ流行っているように見えますが、実際は海外でもシンプルな生き方に憧れる方は多いと聞きます。

ミニマリストと環境問題について

ミニマリストの良い点として、「モノを買わない」=「ゴミが出ない」ということが上げられます。

特にファストファッション業界に言えることですが、とにかく世の中の人はモノを大量に買って大量に捨てています。

今、世界ではファストファッションのあり方について見直されています。

例えばユニクロでは常に、1000円くらいのトップスや2000円くらいのボトムスが頻繁に売られていますよね。

めちゃくちゃ安くて品質もいいので、正直言って私も多く利用しています。

ただ、1000円のシャツが作られるのに、どれくらいの素材や人件費がかかっているのかっていうのを考えたことがありますか?

大量生産しているとはいえ、人の手で縫っているシャツが1000円っていうのはどう考えてもおかしいです。

当然そこには人件費の搾取も行われています。かなり劣悪な労働環境下でユニクロのシャツは生まれていると言っても良いかも知れません。

エシカルファッションを考える

そこで近年、「エシカルファッション」という言葉が現れました。

エシカル(Ethical)は、直訳すると「倫理的な」「道徳上の」といった意味で、「エシカルファッション」とは、環境問題、労働問題、社会問題に配慮した、良識にかなった素材の選定や購入、生産、販売をしているファッションを指します。

エシカルファッション(Ethical Fashion) より

世界中で環境問題や労働問題を考える動きが高まっています。

多くのトップブランドはエシカルファッションに取り組んでいるし、ユニクロなどのファストファッションも環境問題を考える運営に変わってきているといいます。

少し話はそれましたが、ファストファッションで洋服や人件費を消費する生活から、環境に配慮した良質な洋服を少なくても大切に着る、という考え方はとても合理的で素晴らしいと思います。

まあ私はお金が無いのでユニクロを着てますけどね←おい

NITARI

駄目だなあと思いつつ。

ミニマリストと経済について

とはいえ、経済的なことを考えると「ミニマリズム」という運動は決して良いものでは無いと思います。

それは、人がモノを買わなくなるからです。

人がお金を使わなくなった時、経済は破綻します。

今、全世界でそれが起こっていることは事実だと思います。

私はそんなにモノは買わないですが、ガジェット系YouTube動画をちょくちょく見ていますが、彼らはかなり我々の購買意欲を促進してくるなあと思います。

経済だけを見ればそっちのほうが正解なのかもな、と思います。難しいですね。

まとめ

ちょっと最後は話がそれてしまいました。

つまり私が言いたいのは、「ミニマリストが貧乏に見えるとか、マジでほっとけ!」ということです。

そんな事を思う人もつまらないなと思うし、それを気にしてミニマリストを目指せない人もつまらないと思います。

もっと自由に生きていこうぜ!

ミニマリストのメイク&スキンケア事情!自分に合った方法を探すのが吉。どうもこんにちは、NITARIです。 ミニマリストという言葉が定着してしばらくが経ちました。 「私ミニマリストなの~」なんて言う事を...
ミニマリストのバッグ中身を公開!ポーチや財布の中身も。ミニマルな生活に憧れる人必見!ミニマリストブロガーNITARIが最小限に減らしたバッグの中身を紹介します!...