人間ドラマ・社会派

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」動画配信&あらすじネタバレと評価。

今日紹介したい映画は、2016年のアメリカ映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」です。

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」作品情報

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の画像(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

まずは、映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の作品情報をネタバレなしでご紹介します。

既に映画をご覧の方は、ネタバレ感想まで飛んじゃってください!

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」キャスト

  • リー・チャンドラー – ケイシー・アフレック
  • ランディ – ミシェル・ウィリアムズ
  • ジョー・チャンドラー – カイル・チャンドラー
  • パトリック・チャンドラー – ルーカス・ヘッジズ

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」あらすじ【ネタバレなし】

リー・チャンドラーはボストンで便利屋として働きながら一人寂しく暮らしていた。血の気の多い性格で態度が悪く、すぐに喧嘩を売る性格のリーは客にも評判が悪かった。

ある日、兄のジョーが心臓発作で亡くなったとの知らせを受け、実家のあるマンチェスターに戻る。

あわただしく葬式の手配などをしていたリーは、ジョーの弁護士から自分が16歳になる甥っ子パトリックの後見人として指名されていたことを知る。

その事実に大きな衝撃を受けるリー。

リーは後見人を引き受けたとしても、ボストンで二人で暮らすことを譲らない。

しかし、パトリックには友人やガールフレンドが多く、思い出深い家から出たくないという。

リーは元々兄のジョーやパトリックと非常に仲が良かったのだが、ある事件をきっかけに心を閉ざしてボストンに移ってしまったのだった・・・

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の動画を無料で観れる配信サービスは?

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は現在、以下の動画配信サービスで配信されています。

無料トライアル期間を利用すれば、今すぐ無料で視聴が可能です。

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」評価のポイント

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の画像(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

ここからは、映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」が評価されたポイントを紹介します

数々の映画祭で絶賛を受けた名作!

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」は、2017年のアカデミー賞作品賞ノミネートをはじめ、数々の映画祭でノミネートまたは受賞するなど、高い評価を受けた作品です。

アメリカ合衆国の『タイム』誌の「Top 10 Everything of 2016」では、本作が第6位に選出されています。

映画批評サイトRotten Tomatoesでは、335件の専門家の評価のうち96%が高評価を与えています。(たっけえ~)

metacriticでも同じく96%と高評価。

アカデミー賞では作品賞は逃したものの、作品のクオリティを判断するのに重要な脚本賞を受賞しています。

キャストの素晴らしい演技に注目!

また、作品と同じく非常に評価されたのが出演俳優の演技です。

主演のケイシー・アフレックは、この年のアカデミー賞主演男優賞など数多くの演技賞を獲得しています。

また、惜しくも受賞は逃したものの、ミシェル・ウィリアムズが助演女優賞に、ルーカス・ヘッジズが助演男優賞にノミネートされています。

作品のクオリティも演技も含めて総合的に高く評価された作品といえます。

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」感想【ネタバレあり】

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の画像(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

ではここからは、映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の感想をネタバレありで書いていこうと思います。

この映画がここまで評価された理由は正直言ってよくわからなかった、というのが正直な感想です。

順を追って説明していきたいと思います。

映画「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のテーマは何なのか?

「順を追って」とは言いましたが、映画を観終わったときに思ったのはとにかく、「一体、何が言いたかったんだろう…」という事でした。

この映画ざっと見る限り二つテーマを(というか、ストーリーの核となる部分)持っています。

主人公リーの過去との対峙

この映画で一番大きいポイントは、主人公リーの過去の問題です。

リーは、過去に小さな過ちから愛する子供を3人も死なせてしまい、そのことを現在でも悔やみ続けて自堕落な生活を送っています。

人は、過去の過ちにどのように向き合ってゆくのか?というテーマが大きな核をなしています。

しかし、私が観る限りこの映画でこのテーマについての答えは用意されてるようにはおもえませんでした。

リーは、長い間自分の過ちを深く悔やんで罪の意識を背負ったまま暮らしています。愛する兄が亡くなって、パトリックの存在がそばにあっても、そのことは全く変わりません。

そして、最終的にリーはその罪の意識から乗り越えることはありません。
もちろん、最後に初めてリーはパトリックに、「この土地で生きることはできない。乗り越えられない。」と告白します。

このシーンは「乗り越えられない」とできたリーの、徐々に事件を乗り越えてゆく力を表現していていいシーンだとは思いました。

それまでパトリックにはあの事件の事を語ったことはなかったし、ただイライラしたり落ち込んだりしているだけで本心を語ったことはないからです。

この映画は、過去に大きな過ちを犯した人物は、それを容易には乗り越えなくてもいい、少しずつでいいという作品なのかもしれません。

時間をかけて、ゆっくり立ち向かうべき問題なのだと。

とはいえ、私にはちょっとピンときませんでした。

そもそも、罪があまりにも大きくて想像ができないというのもあるのかもしれません。

リーとパトリックの関係性

もう一つのテーマとして、リーとパトリックの関係が描かれています。

リーの過去の事実もあり、初めはリーとパトリックはいい関係を築いていませんが、徐々に打ち解けあってゆくという展開のようにも見えますが、私にはあまり二人が最終的に心を開いたようには見えませんでした。

おそらくそれを表現したシーンとしては、銃を売ってボートを修理する場面など、いくつか挙げられるのかもしれませんが、その点も私にとってはあまり納得がいくものではありませんでした。

最終的にリーはパトリックとは別々に暮らす決断をするので、そこに至るまでの道としてもう少し二人の距離が接近した方が納得できたように思います。

「罪悪感」を描くという事

今私は、「リーの過去」と「リーとパトリックの関係」を二つのテーマとして分けて考えましたが、最終的にこの映画が描いたのは「罪悪感」なのかもしれません。

しかし、私はリーにあまり感情移入することができませんでした。
リーの犯した失敗に同情できなかった、という事ではありません。むしろ、こういった小さな過ちは誰にでも起こることで、そういった過去がある人がリーのように生きてゆくという事には納得できます。

私がよくわからないのは、じゃあ「私」にとって(または「観客」にとって)何をどうしたらいいのか良くわからなかったんですよ。

この映画でリーが犯した過ちは、社会とはほぼ完全に切り離された問題ですよね。
貧困が問題だったわけでもないし、家族間での人間関係や、兄との関係、または仕事が引き起こしたわけではありません。

確かにリーが友達を読んでチャラチャラ遊んでいたことも一つの要因ですが、それも別に社会とは無関係です。

平均的な仲の良い家族に起こった悲劇ではあるのですが、正直言って私(観客)にはまったく関係ない他人事です。

確かに小さな過ちが重大な事件を引き起こすという事は誰の身にも起こることだとは思います。だからこそ、社会などの要因ではなく何の意味もない小さなミスを扱ったのだという事も分かります。

でもそうなると、一体どのあたりに感情移入というか、納得しながら見ればよかったのだろう・・・と思いました。

今のアメリカには多くの社会問題があると思いますし、それらの問題を一つのキーとして盛り込むことがドラマ映画では多いと思うんですよ。

でもこの映画では、少なくとも私はそういった社会的な問題を扱っているようには見えず、どこかの誰かの凄惨な事件を扱われているような気がして、正直言ってピンときませんでした。

そういったテーマが盛り込まれていなかったとしても、せめてもう少しリーとパトリックの関係をうまい事描いていたら、完全に納得できる映画だったと思いますが・・・

しかし全体的にはいい感じの映画だった。

とはいえ全く面白みのない作品だとは思えず、私が納得できないのはあくまでもこの映画の着地点で、8割くらいまでは完全に楽しむことができました。

映画全体にちりばめられたユーモアやセンスのいいセリフ回し、演出など様々な点で観るべきものがあったと思います。

実際、8割くらいまでは「これは傑作だ」と思っていたくらいです。

まあ正直言って、リーが犯してしまった過ちがあまりにも大きすぎて、その点に関してリアリティを感じられずに終わってしまった、という事なのかもしれません。

「これを観て私に何を思えと…?」という感じでした。

死なせたのが一人くらいだったらまだ納得できたかもしれません。
もしかしたらこの作品は、過ちを犯した多くの人を助ける映画なのかもしれません。

役者たちの演技には脱帽

私はそもそもケイシー・アフレックにはあまり興味がかったです。
あの兄弟はなんだか過大評価されているように思います。

とはいえ、「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックは素晴らしかったですね。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の画像(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

悲しみと絶望以外の感情を失ったかのような演技でした。
とはいえ、この演技がアカデミー賞主演男優賞かーと思うと、特に候補が他にいなかったのかなと思ってしまいますね。

ミシェル・ウィリアムズも本当に素晴らしかった。
ミシェルは若い頃よりもはるかに今のほうがいいですね。何を見ても素晴らしい演技を見せてくれます。

出演シーンは短いですが、圧倒的な存在感を見せてくれたともいます。

そしてなんといってもパトリック役のルーカス・ヘッジズが素晴らしい。

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の画像(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

彼の演技を初めて観たのはスリー・ビルボードからで、その時からいい役者だなと思っていました。

先日、ルーカス・ヘッジズの「ベン・イズ・バック」を観てやはり演技が素晴らしいと思ったので、今回「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を観るという流れになりました。

本当に素晴らしい役者で、今若手では注目度ナンバーワンですね。

NITARI

顔もめちゃくちゃ好き。かわいすぎかよ。

何だったらアカデミー賞助演男優賞を獲得してもおかしくなかった名演技だと思いますが、この年は「ムーンライト」のマハーシャラ・アリが受賞しましたので、納得する以外にはありませんね。

まとめ

というわけで、私自身はいまいち気持ちの入らなかった作品とはなってしまいましたが、とはいえ全体的にはいい作品だと思いますので、役者の演技を観るだけでもおすすめしたいと思います。

映画のレビューと旅のブログ「映画と旅。」では、おすすめ映画を紹介しています!