楽しむ

SEKAI NO OWARIニューアルバム「LIP」「EYE」の感想!批判的な面も。

どうもこんにちは、NITARIです。

セカオワのニューアルバムが遂に発売されました。この時を待っていた。
という事で早速レビューを書こうと思います。

※批判的な部分のみ抜き取られてTwitterに出回っており、不快な思いをされた方もいるようです。どのように批判されようとも私は意見を変えませんが、願わくば最後まで読んでいただければと思います。(が、多少表現は緩和させました)

それから、どうして批判記事を書くのか、についても記事を書きましたので、お読みいただければ幸いです。

https://nitari-movies.com/criticism

SEKAI NO OWARIへの想い

私は以前にもいくつかセカオワ関係の記事を書いてきましたが、基本的にそれほどセカオワに関しては言及してこなかったという事実があります。

SEKAI NO OWARI「サザンカ」PVと歌詞の分析SEKAI NO OWARIの、新曲「サザンカ」のMVが公開されました。 見てみたらいろいろと思う事があったので、しっかりと感想を書こ...
藤崎彩織「ふたご」
セカオワ【藤崎彩織:ふたご】感想。本気で批評してみる。 私の大好きなSEKAI NO OWARIのピアニスト・藤崎彩織が書いた「ふたご」を読了しましたので、本気で感想を書きます。 ...

しかしながら行ってしまえば私にとってセカオワは人生を変えた!といってもいいほど大きな存在です。

その哲学的な歌詞に私はいつも共感してきたし、勉強になるなと思う事もあったし、励まされてきたわけです。

彼らの楽曲のすばらしさは私の生き方自体を変えてくれたといえるのです。

そんなセカオワのニューアルバムなんだから、もうどれくらい期待しても足りないくらい大きな期待を寄せていたというわけです。

はっきり言ってセカオワの既存曲にはほとんど捨て曲がない。すべての楽曲が大好きで何十回も聴いてきました。

セカオワのニューアルバム「LIP」の感想!

しかし。

1回目聞いたときは、本当に「LIP」は微妙すぎて、これはSEKAI NO OWARIのOWARIなのではないか?と絶望を感じるほどでした。

しかし数回聴いてみて慣れてきたこともあって、それほど絶望的な作品と言わけではないという事は分かってきました。
ただ、良いとは言えないですねー

もちろん、シングルカットされた曲やカップリング曲に傑作が多いのは間違いないのですが、私が言っているのはそれ以外の、今回新たに発表されたアルバム曲です。

そもそも事前にTVなどで「YOKOHAMA blues」を聴いていた時も、「なんてどうでもいい曲なんだ。これは嫌な予感しかない」と思っていたんですが、嫌な予感は当たってしまった。

「Mr.Heartache」は前から知っていたけど、凄く退屈な洋楽の焼回しみたいな楽曲で何がしたいんだかさっぱり分からない。

「向日葵」は何度も聞いたことあるJ-POPって感じでメロディーもアレンジも歌詞も微妙。同世代だから言えるけど、なんか高校時代くらいに流行った雰囲気を工夫せずに焼き直した印象。

「千夜一夜物語」はもうダサすぎる。まあ、この曲に関してはここまでダサくするのも狙いだったのかもしれないから「向日葵」よりはマシかなって感じですけれど。

「ラフレシア」はまあまあセカオワっぽい楽曲で、歌詞も悪くなかった。「EYE」に入ってもいいような雰囲気ですね。

「Goodbye」・・・なかじんの事は大好きだからこんなことは言いたくないけど、正直言って眩暈がしました。あまりにもひどくて。なんだろうこれ。そもそもなかじんひとりに歌わせる必要あったのでしょうか?なかじんにも活躍させたいと思ってこの曲を選んだのだとしたら、そんな内輪ネタみたいな曲一切聞きたくねぇぞ。
あまりにも酷すぎて、その酷さを確認するために逆に何度も聴いてしまった。

「Missing」歌詞をじっくり読んでみるとセカオワらしくて非常に面白い。楽曲は普通。

「蜜の月」退屈な曲でした。

とまあ、かなり辛口にしてしまいましたがこんな感じです。
もちろん13曲の中で5曲が名曲(シングル&カップリング曲)なので悪くはないかもしれません。

しかしながら正直言って、アルバムとして何がしたいのかよくわからんくて超中途半端。

最初聞いたときは本当にがっかりしすぎて、これは終わったとまで思いました。まあ今はそこまで悪くないと思いますが、良いかと言われれば微妙ですよね。

セカオワのニューアルバム「EYE」の感想!

というわけでもう意気消沈した状態で聞き始めた「EYE」ですが、打って変わってこちらのアルバムは流れに統一感もあり、アレンジも魅力的だし歌詞もセカオワらしい哲学が戻ってきていました。

逆にどういう事なんだろうって感じです。差がありすぎる。

一番感じたのは、「LIP」ではせっかくのSaoriのピアノが全く聴こえてこないアレンジだったこと。まあじっくり聞けばわかるのかもしれないけど、ぼんやりしていたら聴こえないくらい他の音にかき消されていた。

その点でいっても「EYE」はSaoriのピアノが大変効果的に使われてましたよね。

「LOVE SONG」事前に聴いていた時から、こちらの楽曲は良いなと思っていました。歌詞もいいしアレンジもかなりかっこいいですよね。「ANTI-HERO」の方向性の楽曲ですが素晴らしい。Saoriのピアノの低音がすごく効いています。ストリングスの入れ方もかなりセンスがいい。

「Blue Flower」も凄い。私はそれほどRapが好きというわけではないですが、やはりピアノの入れ方があまりにも最高にかっこいいし、それはRapにしたから強調されたのだと思います。もうしびれっぱなし。

「ANTI-HERO」そもそもこの曲がすさまじく好きですが、ここまでの3曲の流れからして度肝抜かれました。あまりにもすごすぎる。

「夜桜」なんか聴いたことがあるなと思ったら、「LIP」の「向日葵」と同じメロディーラインなんですね。90年代ポップス風のメロディーラインは別にいいとも思わないけど悪くはない。アレンジはこっちのほうがいいと思います。

「Monsoon Night」ジャジーでリズミカルな楽曲はこれまでの流れの中でも異彩を放ち、とってもいいインパクトになってすごく良い。

「Food」またしてもRap系の曲ですが、サビの部分がカッコいいですね。歌詞もいい。

「Re:set」ここでまたRap曲だったのはちょっとしつこいなと思った。この曲はちょっと同じような感じだったのでイマイチだと思いました。

「ドッペルゲンガー」ここでまたなかじんの曲が出てきてしまいましたよ…私はなかじんは本当に大好きですが、全部を別になかじんが歌わなくてもいいだろう。サビは深瀬が歌うとかしないとなー。曲もR&B調で普通の感じの曲でした。

「エデン」これはいい曲。「LIP」に入っても良さそうなのになんでこっちに入れたんだろう?でもこっちに入れたことはよかったともいます。

「すべてが壊れた夜に」昔ながらのフォークっぽい感じの曲で、そもそもメロディーは好きじゃない感じだけど、アレンジはすごく良い。歌詞もすごく良いですね。タイトルもいいですね。

「Which」Rap系ですけど他の曲と少し違う感じで言いなと思った。この曲があるんだったらやっぱり「Re:set」はいらない。

セカオワ「LIP」「EYE」の謎。。

というわけで、あまりにも差がありすぎるんじゃないかというくらい2枚にはクオリティに差がありましたよねー。一体どういう事だったんでしょうか?

「LIP」はポップ、「EYE」はダークというコンセプトだったようだけど・・・。

そもそも、セカオワにはダーク系の曲とポップ系の曲が両極端というのは、今まで聴いていてもよくわかる事でした。
しかしながら、別にセカオワはその二つを切り離して考えていたというわけではないと思うんですよね。

別に同じ方向性の流れの中で、自然と二つに分類されていたわけで。
で、今回のシングルカット曲を見てみると、確かにそれにしても程があるぞというほどに両極端だった。(「サザンカ」と「ANTI-HERO」を一緒にまとめるのはツライと思ったのかも)

だから今回はコンセプトとして、「ポップ」と「ダーク」に初めから分けちゃえ、と思ったのは分からないでもないです。

しかしながら基本的にセカオワはそもそもダーク系(楽曲はポップであっても)のマインドを持っている人なので、いざ「狙ってポップな曲を書く」という縛りがあったことで伸びやかさに欠けたんじゃないかな、というのが私の解釈です。

結果論になりますけど、私個人としては「EYE」をもう少しブラッシュアップして一枚にまとめるか、2枚リリースするんじゃなくて2枚組にしてオペラ的ストーリーを表現してみても面白かったんじゃないかなと思います。

ただしそれは出来上がった楽曲を見ての感想です。
というのは、結局「EYE」の楽曲が伸びやかで素晴らしいものになったのは、「ポップ性の打ち出す必要がなかったから」だったと考えることもできるからです。

それは「LIP」で表現しているからですね。
セカオワは思う存分ダーク系の楽曲を作ることができたし、今のセカオワにはすごくそれが向いていたんだなと思うと、「LIP」の存在をあながち否定もできないのかな、と思います。

まとめ

それでも結局、今までのセカオワの雰囲気からは少しづつ変わっているな、と思いました。

いつまでも音楽性の変わらないアーティストもいるけど、変化が見られないのは私には退屈なので、これからのセカオワもすごく楽しみだな、と思いました。