おすすめ旅行グッズ!
人間ドラマ・社会派

映画「検察側の罪人」を観た!ネタバレ感想と問題点を解説するよ。

どうもこんにちは、NITARIです。

少し時期を逸した感じがありますが、今日やっと原田眞人監督の「検察側の罪人」を観てきましたので、感想です。

原田眞人監督作品:木村拓哉・二宮和也主演「検察側の罪人」あらすじ

「検察側の罪人」は原田眞人監督の社会派ミステリー映画です。

「検察側の罪人」出演者

  • 最上毅 – 木村拓哉
  • 沖野啓一郎 – 二宮和也
  • 橘沙穂 – 吉高由里子
  • 丹野和樹 – 平岳大
  • 弓岡嗣郎 – 大倉孝二
  • 小田島誠司 – 八嶋智人
  • 諏訪部利成 – 松重豊
  • 白川雄馬 – 山崎努

東京地検の検事・最上の部署に配属されてきた新人・沖野は、嘗て検察教官として司法修習生時代に教えていた教え子だった。

彼らは、老夫婦殺人事件の捜査に参加することになる。最もクロに近いと思われていたのが松倉。彼は以前、女子中学生殺人事件の容疑者として取り調べを受けていたが、自供を引き出せなかったという事で逮捕に至らず、その事件は時効を迎えた。

実は最上はその事件の被害者と幼馴染だった。
彼はすぐに松倉を老夫婦殺人事件の本丸として捜査を開始するが、そのことは誰にも伝えなかった。

沖野の事務官であるは、以前キャバクラに潜入取材をしてるポタージュを書き、ベストセラーになったライターである。彼女は素性を隠し、検察所にも潜入。最上を調査することになる。もちろん、そのことは誰も知らない。

そんな橘は、この事件に最上が入れ込み過ぎている事に不信感を抱き、彼の素性を調べ上げると、実は彼が容疑者松倉が絡んだ女子中学生殺人事件の起こった地方の出身者であることに気づき、そのことを沖野に伝えた。

松倉に対する尋問は激昂し、彼はすでに時効となった女子中学生殺人事件の犯人であることを自供。しかし老夫婦は殺していないと否定する。

そんな中、居酒屋で「俺が老夫婦を殺した」と吹聴する男に会ったとの供述をする男が現れて・・・

「検察側の罪人」のネタバレ解説

あまり長い映画ではありませんが、非常に複雑なテーマやストーリーが語られていますので、細かい部分から見ていこうと思います。

この映画には主なテーマがいくつかありました。

「検察側の罪人」のテーマ①正義とは何か?

この映画の一見して最も重要なテーマは、「何が善か、何が悪か?」というところです。
平たく言えば、「正義とは何か?」という点かと思われます。

主人公の沖野はまだ新人で、やる気があって真面目で実直で、「正義」を信じているありがちな若者ですよね。

もう一人の主人公であるベテラン検事の最上も、おそらく彼なりに非常に真面目に正義や悪と向き合ってきた男なんです。
しかし彼は正義を突き詰めるあまりに、自ら殺人を犯してしまいます。

幼馴染の女の子が殺された、その犯人はすでに時効になっているけども、何とか法で裁けないだろうか。ここに彼なりの正義があるのですが、時を経るごとにその気持ちは奇妙にゆがんだものになってゆきます。

そこで結果、理由もなく少女を殺した男に、老夫婦殺人事件の罪を着せるため、自らも罪に手を汚してしまう、という話です。

ここで描かれている「正義」とは何なのか?
最上が信じた「正義」は明らかに誤った正義ですよね。

「検察側の罪人」のテーマ②反戦のメッセージ

もう少しわかりづらいというか、もっとその先にあるテーマとして、「反戦」というメッセージが語られています。

まず、冒頭初めて沖野が尋問する口の堅い男・諏訪部ですが、事務官の橘との雑談中に、彼の祖父が大戦時にインパール作戦に参加し、生き残ったという事が分かります。

インパール作戦とは?

1944年3月に日本陸軍によって開始された、インドのインパール攻略を目的とした作戦。補給戦を軽視した杜撰な作戦により、参加したほとんどの日本兵が死亡した。現在では、史上最悪の作戦とも言われている。

実は最上の祖父もインパール作戦の生き残りで、更にそのことについて著書も刊行していた人物。その縁で諏訪部は最上の事を信頼し、彼のために動くようになるわけです。

この映画の戦争に対するモチーフというのはいくつかありまして、私も観ていただけで細かく解説できるほど詳しくはないのですが、この映画のキーパーソンとしては、丹野という男があげられます。

平岳大が演じた、途中で自殺する男です。
彼はもともと弁護士時代に最上と親しくしていましたが、その後弁護士から代議士に転身した人物です。

映画で彼は自殺してしまいますが、その理由は義父である大物政治家・高島進へマリコン会社から闇献金疑惑が浮上し逮捕されそうになったため。

丹野の妻はネオナチ団体に心酔したヤバい人で、政治家である高島もかなりの力を持っており、戦争促進派の団体(政党?)に金を流していたらしいんですよね。

悪事を沖野に知られてしまったが最上が、ラストシーンで「戦争をする国を作るための金を流していた男を止めなきゃいけない」と、沖野を説得するような描写があります。

つまり、「俺はこの国が戦争をするのを止めるんだ」といっているわけです。それが彼の大義だ、と。

最上が思い描いている「正義」というのは、「善のために悪を排すことは善ではないのか?」「大きな善のための小さな悪は仕方がないんじゃないの?」という点です。

その点についての疑問を投げかけたのが本作だという風に私は解釈しました。

「検察側の罪人」の問題点

さて、大筋を掴んだところでこの映画の私の感想を描こうと思います。

正直言って疲れました・・・
あんま面白くなかったですよね。

何が面白くないといって、普通に内容が面白くないです。
よくある話なんです。

検事や弁護士は、映画の中では四六時中こういうこと考えてるんじゃないの?というくらい、大体いつも「善とは~」「悪とは~」「俺が正義の鉄槌を下す」みたいなことが描かれますよね。

とにかく、もうこのテーマ飽きた。
割に最近にも、是枝裕和の「三度目の殺人」で同じようなことが語られていたような気がするし、毎度どうもって感じでした。

一つの大きな罪を罰するための罪は許されるのではないか?という命題に関して、別に描いてはいけないと思わないけど、大体同じような結論になるからつまらないんですよ。

たまには、「大きな罪を罰するために、めっちゃ小さな罪を許しまくる世界」とか言うのを思い切って描いてみたらどうだろう。

この映画でいうと、最終的にめちゃくちゃ最上が正しい!みたいな。もうめっちゃ英雄で表彰されるみたいなことになってしまったら、かえって斬新な問題提起が出来るんじゃないでしょうかね。

まあそれは半分冗談としても(しかも小説の世界とかだとそれすら別に新しいわけではないし)、まあ毎度同じ葛藤をしているな~という感じでした。

「検察側の罪人」の反戦描写

この映画で唯一珍しいなともうのは、上記しましたけど反戦の描写が組み込まれているという点です。

これはちょっと他の映画と比べると異質でしたね。
あんまりこういう風に入れ込んでくることはないから、正直言って浮いていますよね。

本来私は社会的な内容が持ち込まれるのはうまければ結構好きなんですけど、この映画の場合は唐突感がすさまじくてあんまりよくなかったです。

インパール作戦とかいきなり橘と沖野は話してましたけど、いくら優秀な検事とかでもあんまそんな話普通にできないと思いますよ。リアリティがないです。

話の端々に戦争の事を持ってくることだけでは飽き足らず、途中でそういうシーンを入れ込んだのはますます不味くて、そもそも後でも書きますがこの映画はあんまりリアリティがないのに、ここにきて一気に茶番感が出てしまいました。

私はあまり政治に詳しくはないのですが、この映画が安倍政権を批判していることも明々白々で、調べたところ、丹野の自殺も実際に合った政治的な事件を暗喩しているそうですね。

私は安倍政権を批判している立場なので、映画を使って安倍政権を批判したい気持ちは分かるけど、下手なんですよ。面白くないんですよね。

逆に言えば、世間の戦争への理解から離れてしまうのではないかと心配してしまいました。

(丹野の話などは原作とはかなり違っているようですね)

「検察側の罪人」のリアリティの無さ

初めに行っておくと私は監督の原田眞人の作品はいくつか観ていますが、最近のヒットメーカーの中ではかなり突出して力のある監督だなーと思っていました。
なのですごく期待してたんですよ。

しかし今回は正直言ってかなり残念でした。

考えてみると私は原田眞人の作品は時代劇とか歴史ものしか見ていなかった気がします。
今回のように現代を扱ったものは見たことがなかったので、その劇っぽさというか作られた感じが完全についていけませんでした。

話言葉とか展開とか、全然リアリティを感じないんですよ。

私は全ての映画にリアリティが必要だとは思いませんが、本作のように社会批判を持ち込んだ現代ドラマだったらいかに本物っぽいかはすごく重要だと思うんです。

「舞台かよ!??」というような過剰演出・過剰演技はうんざりしてしまいました。
役者がダメっていうよりは、演出のせいだと思います。

最上役・木村拓哉について

私はそもそもキムタクが好きではないので、今回はどうかなーと思ったらやっぱりかなりイマイチでした。

まあ、監督の演出もどうなのかなとか、そもそもセリフが変とかいろいろありましたけど、キムタクがかっこいい感じが完全に無理なんです。

この映画でも、これでもかというほどにかっこいいキムタクが描かれていましたよね。
そう。もはやこの映画で描かれたのは最上ではなくて、最上役を演じたキムタク。

いつもそう。
彼が出てくるとそこはキムタク劇場です。

この映画の中では、まあまあ、最上というキャラクターは演じ甲斐がありそうというか面白くなりそうだったのに、かなりつまらなかったです。

もっとかっこ悪いキムタク見てぇ・・・
キムタクの中ではこれでも弱い部分を見せたほうなんでしょうけど、まだまだ弱さが甘い。

最上って、正義を貫きすぎて人を殺す男なんですよね?
だったらもっともっと人間らしいところを見せてもいいと思うし、逆に人間らしいところを欠落させてみても面白かったと思うんですよ。

所が今回の最上の描写はとにかくありきたり。
まあ、キムタクが悪かったのか、話の筋がつまらないのか、どっちかなって感じですけどね。

沖野役・二宮和也について

完全にキムタクと逆の評価なんですが、二宮は割とよかったです。
が、最上と相反して、役自体が特に面白くもなんともない。

ふつうにやってたら2時間後には忘れそうな、大した魅力もない沖野っていう男なんですけど、二宮が演じたことでまずまず深みのある役になったのかな、と。

キャラが全然立ってないわけです。
正義に燃える新人とか、あまりにもありがちだし、立ち位置が流されっぱなしで「お?」と思える部分はなかったです。

まあそのどっちつかずな感じを二宮が面白く演じてくれたのかな、と。

途中に松倉を徹底的に糾弾するシーンとかはあまりにも凄まじい覇気が見られて、映画のなかで最も注目すべきシーンだし面白かったですよね。
実際あのシーンはほとんどの二宮ファンは満足したでしょう。(私もそうです)←ん?

しかしながら冷静に考えてみると、あのシーンて必要だったんか?とも思います。
多分沖野にあまりにも魅力がないから、ああいうシーンを付け足してインパクトを与えたのかなと思いました。
客観的に観ればオーバーアクトですけど、まあよかったと思います。

ほとんどの二宮ファンはあのシーンで「私もなじられたい・・・」とか思ったのでしょうから成功だったんでしょうかね。(私もそうです)←ん?

それは冗談としても、まあ二宮の演技は良かったですけど、役も良くないし、そもそもキムタクも二宮も他の人もセリフがすごく、舞台っぽい感じだったんで大変だったんじゃないでしょうかねー?

橘役・吉高由里子について

この映画で最も面白かったなと思うのは、吉高が演じたでした。
元々キャバクラの潜入ルポで名を馳せた女性ですけど、結構人間的な部分を持っていてよかったですよね。

「お金がいいんですよ~」と言ってみたり、割かしリアリティがありました。
演じる吉高もちょうどいい感じでよかったと思います。ブンブン正義に燃えるって感じでもなければ、お金のためにやってる感もあり、ちょうどいい感じです。

まとめ

結局のところ、この映画ッて本格派風に描かれているけどアイドル映画なのかなと思いますよね。

私はアイドル映画はアイドル映画として好きですけど、今回は原田眞人監督作という事で本質的なものを期待して見に行った部分が非常に大きかったんで、残念は残念です。

二宮は好きですけどジャニーズは嫌いなので、ジャニーズありきのこういう作りになってしまうのはすごく残念ですよね。
(ジャニーズという組織は嫌いですけど、所属タレントは結構好きな人がいます)

私は是枝裕和の作品(「三度目の殺人」「万引き家族」など)はあんまり好きではないですけど、社会派なモチーフを描く手腕としては比べ物にならないな、と思ってしまいました。

あと、まあいろいろ描写云々の話をしましたけど、結局内容が全然面白くなかった、というのが最も大きな問題だったように感じました。

こちらからは以上です。