おすすめ旅行グッズ!
旅の情報・グルメ

【イタリア鉄道トレニタリア】のチケット予約方法&完全ガイド!

どうもこんにちは、NITARIです。

イタリアの鉄道はかなり安いので、使い方によっては相当低予算で移動が可能です。
今回はそんなイタリア鉄道のチケットの買い方のご説明。

あと、イタリア鉄道はとにかく遅れる!という事で、ワタクシNITARIが実際に遭遇してしまったイタリア遅延トラブルについてご紹介します☆

イタリア鉄道のチケットの買い方

イタリアの鉄道のチケットの買い方ですけど、以下の方法があります。

①インターネットで予約する

これは、トレニタリアの予約サイト(英語)で予約して乗る方法。自分の時間のある時に自宅やホテルで予約できるので簡単だしおススメです。

トレニタリアのチケット予約方法

まあ予約方法はかなり簡単なのでいちいち説明しなくてもいいくらいなんですけど、上のようなトップページから自分の行先とか日付、人数を入れて「SEARCH」とクリックします。

この場合は、

「2018年5月8日10時発 ローマ(すべての駅)~ナポリ中央駅 片道 大人一枚」

という感じに設定しています。

ちなみにこの、「Roma ( Tutte Le Stazioni )」についてですけど、ローマに限らず大都市の場合はいくつも駅があり、どこからどんな電車が出ているかは分からないと思うので、全部の駅を選択しておくと最適案が出てきます。

さて、ではSEARCH後の表示です。

トレニタリア予約画面

このように、該当する列車が出発時間が近い順に出てきます。かなりわかりやすいです。

よく見ると、めちゃくちゃ値段に開きがあるのが分かりますよね。
乗車時間を見るとよくわかるのですが、時間がかかればかかるほど値段も高いです。

これは、特急か鈍行かという違いになります。
鈍行の場合は全席自由ですが、特急の場合は指定もあるし、一等車とか二等車という違いもあり、座席の予約も可能です。

」をクリックするとプルダウンでこのような表示が現れます。

トレニタリア利用方法プルダウン

分かる範囲で説明しますね。

トレニタリア予約方法:座席の種類

  • STANDARD
  • PREMIUM

いわゆる「2等席」です。シートは2・2の4列型。
PREMIUMのほうにはドリンクとか付くそうです。

  • BUSINESS AREA SILENZIO
  • BUSINESS

いわゆるビジネスクラスで、シートは2・1の3列です。
AREA SILENZIOは携帯とか会議とかしちゃいけない、静かなシートですね。これいいね。

・BUSINESS SALOTTINO

これは4人用の個室です。

・EXECUTIVE

ようするにファーストクラスです。

まあ、ここまではわかりやすいと思うんですけど、じゃあ縦の列にあるのは一体何?という事です。

チケットの条件によって価格が変わります。

トレニタリアの予約条件

BASE

  • Booking changes(予約変更) 可
  • Ticket changes(列車変更) 差額負担で可
  • Refunds(払い戻し) 可
  • Access to other trains(乗り継ぎ) 
  • CartaFreccia Programme  

BASEは予約変更やキャンセルなど、なんでもありです。
ちなみに、Access to other trainsっていうのは「他の列車とのアクセス」っていう意味だけど、正直ちょっとここ意味わかんないですね。

この表示は、小さく「i」って書いてあるところをクリックすると表示されるので確認してください。

要するに価格の低いチケットだと列車の変更とかできないよ、という話。
CartaFreccia Programmeは、顧客向けだそう

さて、予約を続けましょう。書きの「Continue」をクリックする前に、指定席の場合は「Choose the seat」をチェックします。

すると下記のような表示になります。

トレニタリア座席の選び方

進行方向などもわかりやすいので、好きな座席を選んで続けますと、

トレニタリア個人情報入力

個人情報入力のページになります。ここからは自力で頑張ってください(笑)

さて、予約を完了すると、入力したメールアドレスに予約確認メールが来ます。

トレニタリア予約完了メール

チケットレス Ticketless」にした場合はチケットがなくてもこのメールだけ見せれば乗車可能です。プリントアウトも不要。まあ、不安だったりプリントアウトできる状況にいたらして言ってもいいかもしれません。

しかしながら利用する電車にもよるので、必ず確認してみてください。

②自動券売機で買う

biglietteria automatica「アーモイタリア旅行ガイド」より

イタリアの鉄道駅の自動券売機を利用するのもおすすめです。

画像がないのでご説明は難しいのですが、使い方はほとんどインターネットと同じような感じで、とっても簡単です。

ただし、注意するべき点がいくつか。

まず一つに、おつりがない可能性がある点
実際にチケットを買っておつりが出なかった、という事もあると聞いたことがありますが、私が経験したのは、「お金がそもそも入らない」という事。

地下鉄の切符を買う時も同じなんだけど、お札を入れてもなぜか受け入れてくれないことがよくあります(笑)。なんでかなーと思ってたんだけど、たぶんおつりがないからなんだと思うんだよね。

クレジットカードを利用するほうが無難と思います。

もう一つは、チップ欲しい人が寄ってくること(笑)。

場所にもよるかもしれないけど、例えばローマの場合は券売機は相当たくさんありますので、絶対に全部が埋まっていることは考えられません。なので、利用方法が分からなくてもゆっくり時間を取ってチケットを買うことはできます。

ただ、そういう観光客にチケットの買い方を教えてくれる人が寄ってきます。そんでそういう人は買い方を教えてくれたらチップを要求してきます。

まあ、今は結構警備が厳しくなってきたの減ったみたいだけど、相当めんどくさいので、「no!」とはっきり言って無視するか、駅係員に聞くか。
(ただ、私は駅係員に聞いたのにチップを要求されたこともあるのでなんとも言えません。1~2ユーロだったけどね)

まあ、その点を除けば利用しやすいのでおススメ。
ただ、人気の列車の場合は売切れてることもあるので、絶対に必要だったら事前に駅に来てかっておくか、ネット予約が無難。

※もしもいろいろ不安だったら、窓口で購入することもできます。
その場合は、紙に行先と時間を書いたメモか何かを係員に見せればいいと思う。
ただし、窓口はいつも長蛇の列です。

刻印を絶対にお忘れなく!

駅のホームにある自動検札機で、必ず刻印してから乗車しましょう。
刻印しないと罰金です。

後はシートに座ってゆっくり車窓の旅を楽しむのみ!
一度は車掌が検札に来るので、チケットは絶対に無くさないようにしましょう。

イタリア鉄道はとにかく安い

とにかくイタリアは準特急(鈍行)が安いです!!!
これはもうほんっとに安いです。

例えば、私はローマからタルクイニアという郊外都市に行ったんですが、準特急で1時間半も揺られてなんと6.9ユーロ。

3時間弱離れているナポリまでだって、最安値11.8ユーロなんですよ。
私は今回かなり近郊鉄道を利用して観光したけど、どこへ行くにも安くて本当に助かりました。

そういうわけでイタリアレイルパスとかもありますけど、たぶん基本的には全然いらんと思うわ。

まあ、もちろん直通にしたい場合で例えばフィレンツェとかに行く場合は、4時間とかかかってしまうので新幹線的な特急がいいとは思いますけど。

イタリア国内のいろんなところに行くんだったら、大都市を拠点にして近郊を回るのがベストだと思うわ。

イタリア鉄道の遅延トラブルに遭遇した件

私が乗車する予定だったのは、ナポリ→ローマの列車でした。
当初の予定は12時半くらいに出発する予定になっていたものでした。

イタリアの鉄道は到着&出発路線が分かるのが割と直前だったりするので、皆さん電光掲示板とにらめっこ状態です。

f:id:nitari-movies:20170730231841j:plain

ちなみに電光掲示板はこのようになっております。

イタリア鉄道電光掲示板の読み方

「ホーム番号」のところが空欄になっているのは、まだホームが確定していない列車です。ここに番号が通知されたら乗車できるので、みんな一斉にその路線に向かってゆくというわけ。

で、この画像なんですが赤く〇で囲ったところがあるでしょ?

これが「遅延時間」。ここに何の表示もない電車は予定通り運行しているという事なんですよね。

そしてまさに「45」と書いてあるのが、私が乗るはずの電車なんですね。つまり45分遅れです。これからもさら5分……また5分と延びてゆきます。

結局遅延は70分くらいでようやく電車は到着しました。

ちなみに、私の場合はまだ動いたからいいほうで、イタリア鉄道は遅延だけでなくキャンセルとかもあって悪名高い事で有名です。。

ローマ在住のあるブロガーさんは、何か重要な用事でイタリアの鉄道に乗る場合、二日前にあらかじめ到着しておくと言っていて、そんなにか……と思った。

とにかく絶対に飛行機の前に列車に乗るのは辞めたほうがいいという事だけは、確かなようです。

イタリア鉄道払い戻しシステム

後でわかったことなんですが、イタリアの特急列車は30分遅れで払い戻しか、遅延分の鉄道切符をもらえるというシステムになっているらしい。

私が乗車したインターシティの場合は、遅延分の切符をもらえたらしいです。
しかし、まあそういうコミュニケーションをとるのはめんどくさいし、なんかうまくいかなそうな気がするので申請はしまい。

安い切符だし、このイタリアでそんな払い戻し云々で余計な体力を使いたくないのだ……

(言葉が分かれば別ですが)

まとめ:その他のイタリア内の移動方法

以上のように、イタリアの列車は遅延などの問題を除けば、安価で非常に利用しやすいのが特徴です。

イタリア周遊をされる場合には、これを利用しない手はありません。

しかし、「もっと安く移動したい!!」というツワモノには、高速バスもすごくおすすめです。
列車よりも安く利用できる場合も多いですし、イタリア国内だけでなく欧州全体を網羅しているバス路線も非常に多いので、格安旅には欠かせません。

私も一度利用したけど、すごく綺麗だったし使い勝手よかった。

後は、私は欧州では利用したことがないのですが、やはりLCCもかなり根強い人気です。
今度利用したらまた記事を書きますね!

イタリア&欧州旅行は、移動費を抑えようと思えばいくらでも可能。
格安でいろんなところを回りたいですよね。