ビジネス

藤崎彩織「ふたご」の直木賞候補にビビッていろいろ考えた

どうもこんにちは、NITARIです。

セカオワの彩織ちゃんが書いた「ふたご」が本日、直木賞にノミネートされたニュースがありました。

セカオワ彩織ちゃんの「ふたご」ノミネートで、別の意味で大変だった件

今朝目を覚ましてベッドの中でTwitterを見ていたら、こんなツイートがありまして。

「ん!??直木賞候補!??」

で、Twitterのトレンドを確認したら、彩織ちゃんの名前。
これはいよいよ、本格的にすごいことになってるぞ!!すごい!!

で次に私は自分のブログのアクセスを確認(日課です)。

……

 

どっかーーーーん!!!!

私の書いた「ふたご」の記事が検索の上位に来ていることは知っていたけど、その記事が今読まれに読まれていた。

あわせて読みたい
藤崎彩織「ふたご」
セカオワ【藤崎彩織:ふたご】感想。本気で批評してみる。 私の大好きなSEKAI NO OWARIのピアニスト・藤崎彩織が書いた「ふたご」を読了しましたので、本気で感想を書きます。 ...

なんとリアルタイム滞在者数が「100」を超えていたし、そんな状態が続いていたわけです。大体私の場合はいつもはリアルタイムで朝だと2~4、夜に10前後くらいになればいいほうなのに。

当然ですが一時間のアクセス数も700と、普段は大体4~50超えるとまあまあっていう程度の私にしては異常な数字。

記事のバズを初経験!NITARIはなにを思ったか

まずは瞬時に冷や汗が吹き出てきた。

私は少なからず、「ふたご」の事をかなりディスっていたので、そのけちょんけちょんにディスった作品が直木賞候補にでもなると、これは完全に私が読み誤ったのかもしれない……

と、冷や汗が出てくるわけです!

言っておきますが、私は基本的にはかなり自分の記事には自信を持っているし、そもそもこの記事だって「本人の目に触れてもいいように」というつもりで書いていたわけです。
だから問題はないはずだったけど、でもまあ私が批判された作品が大きく飛躍したら結構焦るわけですよ、私も(笑)

とりあえずじっくりと記事を再読しましたが、やはり別段、問題はなかったので一安心しました。

ブログのアクセスが一気に上がるという経験をして

ここからはブログ運営の話になりますが、今までもプチバズっていう感じの記事はたまにあったんですけど、ここまでのバズは初めてだったので、結構ビビりました。

でも結局、今日一日のアクセス数は6000弱に収まりそうです。
実際、この記事を書いている夜10時の時点で、アクセス数は割と普段とそれほど変わらなくなっています。

今まで私のブログは一日のアクセスが1000にも満たないことが多かったので、一気に6000はかなりすごい。

だけど、もしも6000pv/日クラスのブログに成長したとして、それが30日続いたとしても、せいぜい月間18万アクセスなわけですよね。

まあもちろん18万アクセスもあったらすごいですけど、ブログの収益が、6000pvの今日でもせいぜい1500円くらい(彩織ちゃんの「ふたご」を買えるくらいの金額)。

でもそれが30日だったとして45000円程度!?
これだけのバズを起こしといて6000PVってことは、せいぜいこれが続いたところでせいぜいお小遣い程度にしかならないのだという事です。

うーん、さすがにブログ収入って厳しいな。
バズってうれしいはずなのに、それどころかブログって厳しいなって思ってしまった。

ブログのあり方を考え直すきっかけになる

私は最近では毎日、今年の夏にローマに滞在した時の旅行記をアップしています。

私は実は、このブログを旅ブログにして、旅行が好きな人が読んで楽しいブログにしていきたい、そのために映画ブログとしてじゃなくて、旅メインのブログにしたいと思ってました。

そうすれば、旅行をするいい理由になると思ったからです。

だけど実際は、例えば私は普通の人が行かないような古代ローマ遺跡を巡ったりしましたけど、そんな記事をいくら書いたところで1万PVに届くようなブログになるのだろうか?

とか思ってしまいました。
それくらい今日のインパクトは強かった。

もちろんですね、良いブログにしていけばいつかはアクセスは集まる……だけど1万アクセスはちょっと、無理かもですね(笑)。

となると、やっぱり旅の記事も書きつつ、映画レビューや書評を続けていくのがベストかもなあと思った次第です。

今後の「NITABI!!」ブログ

とはいえ、別にこのことがなくても実は私も少し考えてることがあって、それは最近イラストを描いているので、そういうのもこのブログで紹介していきたいなあという事です。

具体的には、映画の4コマとかを描いたりして徐々に映画記事に入れ込んでいきます。
実はNITARIは絵描きなのです。

NITARIがかいた少年

基本的にいちいち「4コマ入れたよ~」とか報告しないので、徐々に気づいてください(笑)。
それと、私のTwitterでも公開します!

実は私、描きたい漫画があるのだけど、どうやって発表しようか悩んでいて。
今のところ、ブログやSNSを盛り上げたうえで自分のメディアで発表する、という事を考えているので、それをしやすいように漫画活動に力を入れようと思っています。

ではたくさんのアクセスありがとうございます。
これからも頑張ります。

NITARIのTwitter

 

NITARIのTwitterで更新情報を見る!
NITARIのFacebookで更新情報を見る!