ミステリー・ホラー

映画「ヘレディタリー 継承」あらすじ感想と全ての謎を解説しました。

今日おすすめしたい映画は2018年のホラー映画「ヘレディタリー 継承」です。

映画「ヘレディタリー 継承」作品情報

「ヘレディタリー 継承」の画像(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

まずは、作品をまだご覧になっていない方に作品情報を紹介したいと思います。

既に作品をご覧の方は、ネタバレ解説&感想まで飛んでしまってください!

映画「ヘレディタリー 継承」キャスト

  • アニー・グラハム – トニ・コレット
  • スティーブ・グラハム – ガブリエル・バーン
  • ピーター・グラハム – アレックス・ウルフ
  • チャーリー・グラハム – ミリー・シャピロ
  • ジョーン – アン・ダウド

映画「ヘレディタリー 継承」あらすじ【ネタバレなし】

ミニチュア模型アーティストのアニーは、長年不仲だった母親の死を悲しむことができないことに罪悪感を抱き、グループカウンセリングに参加するようになる。

アニーの母エレンは解離性同一障害を患っており、父は精神分裂病により餓死し兄も自殺、彼女自身も夢遊病を患っていた。

アニーは精神病が子供たちに遺伝することを恐れていたのだ。

ある日、長男のピーターが友人宅のパーティーに参加したいというので、アニーは目付け役に妹のチャーリーも同席するならという条件付きで許可を出した。

ピーターもチャーリーもその決定は本意ではなかったが逆らうことができず、家の車で友人宅へ行く。

その席で、ピーターが目を離しているうちにチャーリーはアレルゲンであるナッツの入ったチョコレートケーキを食べてしまい、発作を発症してしまう。

ピーターは慌てて病院へ行こうとするが、呼吸がうまくできないチャーリーが車の窓から顔を出した時に車道に動物が現れたのに驚きハンドルを切ってしまい、チャーリーの頭部が電柱に激突して即死してしまう。

ショック状態のピーターはそのまま自宅へ帰り、翌朝アニーは車に残された頭部を失った凄惨なチャーリーの死体を目の当たりにしたのだった・・・。

映画「ヘレディタリー 継承」の動画配信を無料で視聴したい!

映画「ヘレディタリー 継承」は現在、以下の動画配信サービスで配信されています。

無料トライアル期間を利用すれば、今すぐ無料で動画を楽しむことができます。

映画「ヘレディタリー 継承」評価とポイント!

ここからは、映画「ヘレディタリー 継承」のおすすめのポイントを紹介したいと思います。

映画「ヘレディタリー 継承」世間の評価

映画「ヘレディタリー 継承」は本国アメリカで映画の専門家から高い評価を得ています。

映画レビューサイトRotten Tomatoesでの批評家支持率は89%、平均点は10点満点で8.2点と高い満足度をマークしています。

一方で日本のAmazonでの評価は3.5ポイントとなっていますが、平均的に評価は高いようです。

「今世紀で最も怖いホラー」といわれる程の恐ろしさ!

映画「ヘレディタリー 継承」がここまで高く評価されたのは、何といってもどこまでも恐怖を描くことにこだわった点にあると思います。

この映画は純然たるオカルト系ホラー映画でして、近年人気のあるサイコキラーものやホラーサスペンスではなく、「ローズマリーの赤ちゃん」「シャイニング」「エクソシスト」と比べることのできるようなクラシックな作りとなっています。

全体的に暗いトーンの映像やゆっくりとした展開、緊張感を高める重低音の音響など、心の芯まで人を怖がらせることを目的とした作品なのも高く評価された理由です。

この映画は友達や恋人同士で盛り上がるために観るというよりは、ガチで怖い思いがしたい人が夜中に一人で観るべきだと思います。

映画「ヘレディタリー 継承」解説【ネタバレあり】

それではここからはネタバレありで映画を解説していこうと思います。

この映画はストーリー云々よりもとりあえず怖がればいいっていう感じもありますので、それほど細かい部分まで理解する必要は無いかも知れません。

とはいえなかなか入り組んだ内容の作品ではありますので、解説していきます。

「ヘレディタリー継承」とは?タイトルの意味を解説

それでは、映画のタイトルとなっている「継承」とはどういうことなのかを解説していきます。

元々アニーの母エレンは悪魔ペイモンをグラハム一族の血筋に継承させてゆくカルト集団のクイーンの役割を担っていました。

エレンには息子(アニーの兄)がいましたが、自殺してしまった為に引き継ぐことはできませんでした。

悪魔ペイモンを宿すことができるのは血筋の男児の身と決まっていた為、必然的に受け継がれるのは孫息子のピーターという事になります。

ピーターにペイモンを宿すためにエレンは家族を操ろうとしましたが、それを察したアニーは拒みます(とはいえ、アニーはペイモン教の存在は知りません)。

その代わりアニーは、娘のチャーリーが生まれると彼女をエレンに差し出したのです。
そのことをアニーは心苦しく思っていました。

私もこの話の筋の全てを理解しているわけではありませんが、ペイモンは初めはチャーリーの中にいたのだという事らしいです。

しかし、チャーリーの中にペイモンがいたとしても男児でなければ正式に「宿す」ことはできないんですね。

エレンは死ぬ前に、ピーターにペイモンを宿す儀式をするように取り計らいます。

まず、チャーリーの中に宿っているペイモンを開放する必要があったので、電信柱に呪いをかけてチャーリーを殺します。(電信柱にはペイモンの文字が書かれています)

そして、信者のジョーンを使って、チャーリーの魂と会話ができるという体でアニーに儀式をさせるようにしました。

劇中で行われる降霊の儀式は実はペイモンをピーターに宿すための儀式なのです。

そのためジョーンは「この儀式は必ず家族全員でやらなければならない」といっているんですね。

この儀式をアニーがしてしまった事で、ピーターにはペイモンを体に宿す準備が出来てしまいました。

ただ、この時点ではまだペイモンはピーターには宿っていません。

途中でジョーンがピーターに向かって、「体から出ていけ!」と叫んでいるシーンがあるのですが、彼女が追いだそうとしていたのはピーター自身の魂なんですね。

チャーリーのスケッチブックの謎。

これは私の推測なのですが、チャーリーが死んでからペイモンはおそらくスケッチブックに一時的に憑依したのかなと思っています。

スケッチブックは血筋であるチャーリーが使っていたものなので憑依できたと考えられます。

スケッチブックをアニーが燃やそうとしたら自分に火が付いたのに、その後に燃やそうとしたときには夫のスティーブが焼け死にます。

これは、アニーが死んでしまうと憑依できる人がいなくなってしまうから、ペイモンが操作したのだという事が推測できます。

スケッチブックを燃やした後に、ペイモンはアニーに憑依。

その後はアニーは自分で自分の首を切断しますが、エレンの首も切断されていたことを考えると、グラハム家の血筋の女性は首を切断することを求められているのでしょう。

その後、恐怖のあまり窓から飛び降りたピーターから何かの影が出ていきますが、それはピーターの魂で、入り込んで行くのがペイモンでしょう。

最終的にはついにペイモンはピーターに継承されることになった、という話です。

要するにこの映画は凄惨なホラー映画ではあるけども、ペイモンの目線からするとハッピーエンドなんでしょうね。

映画「ヘレディタリー 継承」の感想

「ヘレディタリー 継承」の画像(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

とまあ、ここまでは映画の解説をしてきましたが、正直言って一度見ただけでは私もよく意味が分かりませんでした

まあ、2回目観た時も「確かに怖ぇ」と思ったくらいで、別に意味なんか全然分からなかったですけどね(笑)。

記事を書くという事でいろいろ調べてこのような解釈になったというわけです。

とはいえ、細かい部分では私にも全然謎が残っているし正直よくわかりません(エレンの長男はなぜ自殺したのか?とかね)。

私はこの映画はマジで最高だと思っていますが、それは特にこの映画の内容を理解したうえでの感想ではありません。

私がこの映画「ヘレディタリー」を評価したのはむしろ、内容なんかよく分からなくてもとりあえず怖いからです。

表現される「理由のない恐怖」

「ヘレディタリー」をここまで成功させるマインドとして私が特に重要視したいのは、ストーリーとしては入り組んではいるけども、基本的には瞬発的に人間が「怖い」と感じる要素をただただ積み重ねていったからだと思います。

例えば、アニーはミニチュアアーティストをしており、劇中でそれらのミニチュアが恐怖心を煽る素晴らしい役割を果たしていますよね。

「ヘレディタリー 継承」の画像(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

アニーがとち狂ってチャーリーの死の場面を再現したりするシーンもありますが、あれもストーリーとして重要というよりは、「ただそれをやってみたら怖い」とかそういう感じに近いのかと思うんですよ。

もちろん、精神病一家の一因だからイカレていると考えることもできるし、祖母エレンが「家族を操る」というメタファーになっていると考えられます。

が、「とりあえずミニチュアがなんか怖い」という理由で取り入れられている部分も十分にあるでしょう。

アニーが夢遊病だったり、何となく家の中が暗かったり、不穏な間を取ったり。

これらは確かにストーリーとしてこじつけることができなくもないですが、基本的には「やったら怖いから」という基準で表現されているんですよね。

とりあえず怖いシーンをたっぷり入れといて、後で辻褄合わせてみる系ホラーなんですよね。

最近のホラー映画では、比較的シナリオが練られているものも多いので、どうしても行動には理由が伴います。

が、何かの現象に対しての理由を提示するというのは、その時点で怖さが半減してしまうのだという事を忘れてはいけません。

この映画「ヘレディタリー」は、基本的には1度観ただけでは内容を把握できない作りになっています。

それは、特にこの映画が内容を分からせる目的で敢えて作っていないことが理由の一つに挙げられます。

一応内容らしい内容はありますが、いくつもの謎を残すことで観終わった後の「なんだか全体的によくわからなくて怖い」という印象を残すことに成功しているわけです。

歴史に残る名シーンすぎるチャーリーの死

映画の中で最も最高すぎて気を失いそうなのが、チャーリーの死に方ですよね。

電信柱に頭ぶつけて首が飛ぶという状況が正直怖すぎるのですが、あまりにも素晴らしいのがピーターがそのまま家に帰ってしまうというところ。

観ているこちらとしてはその展開だけで衝撃なんですよね。「どういうこと!?」っていう。

そして翌朝の母の悲鳴。悲鳴の声が怖すぎる件も絶賛しすぎても足りないくらいですが、その次の瞬間のチャーリーの生首。

NITARI

100点満点です。

あの生首が素晴らしいのは、造形もそうですし群がる蟻んこもそうですけど映画全体が暗いトーンなのにあのシーンは徹底的にお天気で日が当たっているために生首の隅から隅まで見ることができるという点です。

キャストの演技(主に顔芸)に脱帽

内容や演出が圧倒的に恐ろしいのに加えて、この映画の主演女優トニ・コレットときたらもう・・・

NITARI

顔が怖すぎてとりあえずおしっこちびりそうだった。

特に何の怖い要素とかないシーンでも、とりあえず顔が怖すぎるんですわ。

「ヘレディタリー 継承」の画像(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

私は「シックス・センス」の時からとにかくひたすらトニ・コレットが大好きなんですけど、今回ももう、もともと結構怖い顔なのにめちゃくちゃ怖すぎて気持ち悪かったですよね。(誉め言葉)

憑依されてからの展開とか本当に最高。

壁の上の方に張り付いているシーンとか、怖いんだが!?って思ったよね。素晴らしかったです。

あと、個人的には息子ピーター役のアレックス・ウルフもよかったです。

「ヘレディタリー 継承」の画像(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

アレックスもなかなか怖さを表現してくれてよかった。特に教室で顔を机に打ち付けるシーンとか最高です。

あと個人的にアレックスの顔が好きだった。かわいかったです。

それから何といっても怖さを10倍くらいに押し上げているのが、チャーリーの顔ですよね~

「ヘレディタリー 継承」の画像(C)2018 Hereditary Film Productions, LLC

本当にこの子は一体何だったんだろう…というくらい、過去イチで顔が怖い俳優だったと思います。マジで怖すぎです。

映画「ヘレディタリー 継承」のいまいちな点

全体的には本当に素晴らしい映画だったのですが、やっぱり最後の着地の表現に関しては今一つ疑問が残ります。

私としてはアニーの最期は100点満点だったのですが、信者たちの姿が見えてしまってから少々胸焼けがしたかなと思います。

観ている側としてはただ単に怖がってたのに急に裸の一般人が出てきたっていう感じで特に彼らに怖さは感じないのですよね。

最後の儀式もちょっとついていけないところはあったかなと思います。
ただ、人形の首のところにチャーリーの首が置かれているのとかはよかったです。

ホラー映画ってどうしても最後が難しいよね。

まとめ

created by Rinker
¥2,000 (2020/03/29 08:48:13時点 Amazon調べ-詳細)

というわけで、今回はホラー映画「ヘレディタリー 継承」をおすすめしてきました。

内容は複雑ですが別にそんなに細かいところを気にせず、とりあえず怖がって見てほしいなと思います。

何度見ても楽しい映画なので、おすすめです。