お金と仕事

フリーランスの節約術!お金をしっかり管理して勝ち抜こう

こんにちは、NITARIです。

突然ですがフリーランスの皆様、お金の管理は万全ですか?

もう既にフリーランスとしてある程度稼げている人は、おそらく問題ないかと思いますが、フリーランスになりたての方や、これから独立しようと考えている方は、まだまだ収入が少ない状況ですよね。

フリーランスで収入が少ないと、どうしても焦りが出てしまいがち。

ただし、フリーランスで活動している以上、「ここはお金を削ったら逆効果」といったこともあるんですよね。

今回は「フリーランスの節約術」と題し、

  • フリーランスが節約して良いもの、いけないもの
  • フリーランスのお金の管理方法
  • フリーランスにおすすめのお金の本

このあたりを詳しく解説していきたいと思います!

駆け出しフリーランスはお金がない!

pink pig figurine on white surface

まずは、「フリーランスお金が無い問題」についてです。

当たり前ですが、フリーランスとして独立してすぐの頃はほとんど誰もが金欠です。

独立資金として貯金をしていた方や、既にある程度クライアントを確保した状態で独立する場合の除いて、独立後しばらくはかなりギリギリな生活を求められると思います。

私の場合も同じでしたね。といっても私の場合は、もともと派遣社員としてフリーターをしていまして、「お金がなくなったら即稼ぐ」みたいな環境を構築できていたので、それほど困ったわけではありませんでしたが。

それでも、完全に外で仕事をしなくて良くなったのは最近だし、それもまだまだ不安定な状態です。

独立する前にやっておくべきお金の事

brown wallet

フリーランス初心者が独立後に何も知らなくて「失敗した!」ということがいくつかあります。

これからフリーランスになるぞ!という方は、ぜひこの項目を参考にしてみて下さい。

既にフリーランスとして独立している方には不要の情報かもしれないので、「節約」項目まで飛ばしちゃって大丈夫です!

ちなみにここで紹介するのは、各種保険の手続きとか開業届の話ではなく、お金に直結する事に限定しますのでご了承下さい。

クレジットカードを作る

フリーランスになる前にまずしておくべきこととしては、クレジットカードを作っておくことです。

独立してしまってからのクレジットカード作成は、審査に引っかかってしまうことがあるので難易度が上がります。

既にクレジットカートを持っているよ、という人も、1枚ではなく2~3枚は持っておいたほうが良いかも。

特にフリーランスの方の場合、プライベート用と仕事用にカードを分けるのも便利ですので、とりあえず何か合った時に最低でも2枚は持っておくのをおすすめします。(私は5~6枚持ってます←作りすぎ)

私が断然おすすめしたいのは、楽天カードです。

楽天カードは審査も厳しくないのに利用限度額が100万円という凄いクレジットカードです。

しかも、まあこれは皆さん知っていると思うのですが、めちゃくちゃポイント率が高いんですよ。

楽天で買い物をしなくてもポイント貯まるし、私は楽天銀行も併用しているので毎月数百円~1000円分以上のポイントが知らないうちに貯まっています。

あと、入会するだけで5000円分のポイントが付与されるのも大きいですね。

貯金しておく

これも当たり前のことですが、フリーランスになるんだったら最低3ヶ月~6ヶ月、できれば1年位収入がなくても食べていけるくらいのお金を貯めるのがベストです。

ある程度お金をためていると、気持ちに余裕ができてゆとりを持って仕事をすることができるからです。

当たり前の用に聞こえるかも知れませんが、実は結構大切な事。

お金がない状況って思った以上に人の判断を鈍らせるので、自分が何を節約すべきかとか、どんな仕事をするべきか、ということも判断が難しくなります。

そうするとフリーランスとしての活動もままならなくなり、負のループになってしまう可能性があります。

ベストは200万くらい。ですが、できれば100万くらいは貯めてから独立できたら良いと思います。

(と言っても私は50万くらいで始めましたけどね)

もし、お金を貯めるまで待ちたくない、という方は、ブログで収益を得られるようにするとか、10万円位は確保できるクライアントを探しておいたほうが良いと思います。

【フリーランスの節約術】成功するマインドを説明します

green plant in clear glass vase

ではここからは具体的にフリーランスがどうやって節約したら良いのか紹介します。

ここで、私のざっくりとした支出を見てみましょう。

  • 家賃 42000
  • 実家 30000
  • 食費 10000
  • 水道光熱費&通信費 13000
  • Adobeソフト 3500
  • エンタメ通信費 2000
  • その他雑費 35000
  • 経費 不明

こんな感じで、経費を除くと合計135000円くらいです。

「その他雑費」の中には、日用品や交際費、衣服、美容、書籍なども含まれます。

経費は場合によりますが、ケチっても仕方ないので予算は設定していません。月によります。

私は実家で暮らしているんですけど、半年くらい前に小さなアパートを仕事場として借りまして、そこで普段は仕事をしています。横浜の人気の地域で42000円は激安案件です。

実家に入れているお金が3万っていうのも少ないとは思いますが、、まだ不安定なので甘えてしまっています。

これを見た感じ、「安いなー」と思ったでしょうか?私としてはまあまあ節約できている方だと思います。

ただ、最近は収入も増えてきたので、本など自己投資できるお金を増やしたいとは考えています。

フリーランスが節約すべきもの

assorted-denomination of coin lot beside dollar banknote lot

まず、フリーランスと言ってもいろんな方がいると想うので、誰にとってこれが正解!とは言えない事を頭に入れておいて下さい。

人にはいろんなジャンルの「使いたいお金」があると思うんですが、その事に関しては次の章でお話します。

フリーランスが節約すべき「税金」の話

まず、誰もが100%節約すべきものは、まずは「税金」ですね。

「えっ、この人ヤバい事言い始めた…」と思った人がいたら、マジで考えを今すぐあらためたほうが良いです。

私が言っているのは「脱税」ではなくて「節税」なので。

といっても私は税理士でも何でも無いので、詳しい節税の方法なんかここで書くことはしません。

節税に関しては、本を読んでいただくのが一番かなと思います。

ちゃんと意識していれば、確実に節約できるお金はあるんですよね。

それを知らずにいるのは、あまりにももったいないです。

フリーランスが節約すべき「時間」の話

そして全員のフリーランスに確実に節約してもらいたい大事な財産は、「時間」です。

これに対しても割と「えっ?」って思う人、いると思うんですよね。「時間」ってお金じゃないじゃん。

甘すぎます。

多くの人が勘違いしていますが、「時は金なり」という言葉は何も比喩的表現だったり、観念的なものではありません。

実際に「時間」というのは「価値」があるものとしてお金で売買されています。それが、「時給」です。

特に何の能力もない人が誰でもできる仕事をする場合、「1時間」は私の住んでいる横浜市では大体1000円くらいで売買されています。

ところがこの「時間」に、他の人には無い能力だったりとか需要が付加価値として加算された時、個人によっては「1時間」は「2000円」とか「3000円」となるのです。

つまり、例えば貴方が家でダラダラしてしまった1時間は最低1000円、もしかしたら2~3000円になったかも知れない。その分「損」をしてしまっていると考えるべきです。

この考え方は、経済学用語では「機会費用」といいます。

なので必要でない時間はなるべく削りましょう。

もちろん、貴方にとって必要な趣味の時間を削る必要はありません。私も、YouTubeや映画やドラマを見るのが大好きなので、1日2時間位は確保できるようにスケジュールを立てています。

これは、私の人生にとって必要な時間なので削減不可です。

私が言っているのは、効率化しようと思えばできる家事だったり、ぼーっとしてしまう時間の事ですね。

これらを削減すれば、例えば1日1時間節約できれば1000~2000円(人による)の節約になる、と考えることができます。

フリーランスが節約してはいけないもの

photo of dollar coins and banknotes

私がフリーランスとして仕事を初めて、特に気をつけている事があります。

それは、「趣味のお金の確保」です。

フリーランスで節約しなくちゃいけないのに、趣味のお金なんか使っていいの?って言われるかも知れませんが、そんなことはありません。

フリーランスに限らず節約が必要な人ほど、予め自分が「お金を使いたいところ」をしっかり把握しておくべきなんです。

できれば、「趣味のお金」は1ジャンルにとどめておき、10000円以下に設定したほうが良いと思います。

  • 洋服を買うのが好きな人は洋服代として10000円を設定して、後は使わない。
  • 飲み会で毎月10000円使う人は服は買わない

といった感じです。

これで結構厳しいな~という人は、多分フリーランスに向いていないと思います。

「趣味」と「仕事」の境目を見極める

そもそもフリーランスとして働きたい人って、「やりたいこと」があって働くひとが多いですよね。

  • デザイナー
  • ブロガー
  • エンジニア
  • ライター
  • カメラマン

これはほんの一部ですけど、それぞれが既に趣味嗜好性が高いものだと思うんです。

デザインが好きだからデザイナーになる、という人は、デザイン関係の本とかは「趣味」ではなく「仕事」なのでいくら買ってもいいでしょう

私の場合は、映画が大好きで映画のネタをブログに書いたりするので、映画館とかVODは「趣味のお金」ではなく「仕事のお金」というカテゴリーになります。

ライターの方とかがビジネス系の書籍を買うのも、「仕事のための勉強」とすれば「仕事のお金」です。

フリーランスになりたい方は絶対に自分が趣味として持っている興味の一部を仕事にしようとしている方なので、その点に関しては節約する必要は全く無いんです。

私は、仕事につながるものを買う費用や、仕事との切り替えを円滑にするための趣味のお金を大きく削る必要はないと思います。

先程の「時間」の話にも近いのですが、「無意識、不本意な出費」が最も悪だと考えるべきだと思います。

必要のない飲み会や、なんとなく買ってしまうおやつ代など。

もちろん、洋服を買うのが趣味で、月に何万も使ってしまうのもいくら趣味と言ってもNGです。

フリーランスで成功したいなら、ある程度の我慢は必要です。

フリーランスのお金の管理方法

person using laptop computer holding card

それではここからはざっくり、フリーランスのお金の管理方法について紹介していきます。

私用と仕事用のクレジットカードを分ける

先程も少し紹介しましたが、私用と仕事用のクレジットカードを分けるのはおすすめの方法です。

もちろん、カードや通帳を分けなければいけない!ということは無いのですが、分けておくと確定申告の際に便利です。

私の場合は経費があまりかからないのですが、カメラマンやデザイナーなど(よくわからないけど)経費がかかる方は分けておいたほうが良いですね。

会計ソフトfreeeでお金の管理をする

フリーランスとして独立するからには、当然確定申告をすることになります。

今までは会社がやってくれていた面倒くさい経費の計算とか収支の計算を全部自分でやらないといけなくなるわけですね。

めちゃくちゃ面倒くさいし難しい作業になるんですよ。

そこで皆さんにおすすめしたいのが、会計ソフトfreeeです。

この会計ソフトは、ネットバンクやクレジットカードと提携させることで、勝手に自分が使った費用を記録してくれる、画期的なシステムです。

勝手に記録してくれるので、後は何に使ったのかの内容(勘定項目や品目)を記載すればいいっていうわけです。

控えめに言ってめちゃくちゃ簡単です。

会計ソフトfreeeはおそらく、フリーランスが利用する会計ソフトの中では最もメジャーなものだと思います。

フリーランスにおすすめのお金の本

assorted books on wooden table

というわけで、ざっくりとフリーランスの節約術についてお話してきました。

特に駆け出しフリーランスはしっかりお金の管理しようねって話でした。

最後に、私がフリーランスになって参考になった本を2冊紹介します。

created by Rinker
玄光社
¥1,760 (2020/03/30 03:28:45時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、クリエイターだけでなく、フリーランスとして独立する人皆に読んでもらいたい本です。

税金の基本的な仕組みなどのお金の話だけでなく、開業届けの出し方とか、駆け出しフリーランスがやるべきことが書かれています。

可愛らしいイラストとスッキリとした構成で、とてもわかり易くなっています。

こちらは節税対策の漫画です。

私は先程の「お金と確定申告Q&A」だけで良いかなと思って買っていなかったのですが、内容的にかぶっている部分があるものの、もう少し「フリーランスの節税」に特化したわかりやすい内容だったので、こちらも買ってよかったなーと思ったものです。

では今日はこのへんで。

素敵なフリーランスライフを!