ミステリー・ホラー

映画「ドント・ブリーズ」無料動画視聴&あらすじネタバレ感想と評価

今日は、2016年のホラー映画「ドント・ブリーズ」を紹介します。

映画「ドント・ブリーズ」概要とキャスト

まずは、映画「ドント・ブリーズ」の作品概要を、これから観たいという方にネタバレなしで紹介します。
既に映画をご覧になった方は、ネタバレ感想まで飛んじゃってください!

映画「ドント・ブリーズ」キャスト

  • ロッキー – ジェーン・レヴィ
  • アレックス – ディラン・ミネット
  • マネー – ダニエル・ゾヴァット
  • 盲目の老人 – スティーヴン・ラング

映画「ドント・ブリーズ」ネタバレなしのあらすじ

ドント・ブリーズの画像映画.comより

舞台は経済破綻したデトロイト。

恋人同士のロッキーマネーは、友人でセキュリティ会社勤務の父を持つアレックスと共に、不正に入手したカギを使って強盗を繰り返していた。

ある日、ゴーストタウンとなっている区画に住む盲目の老人宅に大金が眠っているとの情報を聞きつけたマネーは、ロッキーとアレックスに強盗を持ち掛けた。

母の育児放棄と虐待から妹と共にLAへ逃れたいロッキーは乗り気だったが、金額が膨らめば膨らむほど逮捕時のリスクが高まることを知っているアレックスは渋っていた。

2人の説得によって、いやいやながら強盗をせざるを得なくなったアレックス。

しかし、その家に住む老人は盲目であるとはいえ元軍人で、しかも超人的な聴覚と強い肉体持っていた。

侵入したすぐ、老人はマネーを捕え、何の抵抗もなく殺害してしまったのである。

それを見て衝撃を受けるロッキーだったが、直前にマネーが「一人で侵入した」と言ったことを老人は信じ、息をひそめるロッキーには気づかず金庫の金を確認して部屋へ戻ってしまう。

目撃したパスワードで金庫の金を入手したロッキーとアレックスだが、あらゆる窓に鉄格子や板を張りつけており、脱出するのは困難だった・・・

映画「ドント・ブリーズ」動画配信をフル視聴する!

「ドント・ブリーズ」の画像映画.comより

映画「ドント・ブリーズ」は現在、以下の動画配信サービスで配信しています。

無料トライアル期間を利用すれば、無料での視聴が可能です。

映画「ドント・ブリーズ」おすすめポイント【ネタバレなし】

映画「ドント・ブリーズ」がどのように評価されたのかというあたりや、映画の見どころもお伝えしましょう!

映画「ドント・ブリーズ」の評価

映画「ドント・ブリーズ」の評価は、さまざまなサイトを見る限り中の上くらいの人気度です。

映画評論サイトRotten Tomatoesでは10点中6.7点となっており、日本のAmazonでの評価は3.5となっています。

私自身の評価は、大体4つ星と言ったところで、エンタメ作品としては問題なく楽しめるレベルだと思います。

映画「ドント・ブリーズ」はスタッフ陣とキャストに注目!

映画「ドント・ブリーズ」は監督に2013年版「死霊のはらわた」のフェデ・アルバレス、制作にはホラー&スリラーの巨匠サム・ライミが名を連ねており、それだけで期待度が高まります。

そして主演にはジェーン・レヴィが「死霊のはらわた」と同じく出演しています。


私はジェーンの作品は、むしろ スティーブン・キングの TVドラマ「キャッスル・ロック」でしか記憶にないのですが、「キャッスル・ロック」でもお気楽な雰囲気を出していて好きでした。

レヴィ演じるロッキーに思いを寄せる青年アレックス役は、TVドラマや映画で活躍中のディラン・ミネットが演じました。

ディランの事は先週まで知らなかったんですが、ちょうどたまたまNetflixの「13の理由」を見始めたところだったので、タイムリーでした(笑)

老人約のスティーヴン・ラングは観たことあるなあと思っていたら、アバターの悪の要のようなマイルズ・クオリッチ大佐だったんですね。

ものすごい肉体だし、目にメイクしているのでめちゃくちゃ怖かったっすよ。

映画「ドント・ブリーズ」のネタバレ感想

「ドント・ブリーズ」の画像映画.comより

それではここからは映画「ドント・ブリーズ」のネタバレを含む感想をガンガン書いていこうと思います!

手に汗握るストーリー…緊張の連続

音を立てただけで地獄耳のおじいちゃんがぶっ殺しに来る。

その設定だけでも、まずは100点満点を与えたいと思います。
こうでないとダメです。

映画自体は非常にシリアスな作りになっており、その点においては最後まで徹底して作りこまれているのですが、それにしても我に返ると、「強盗に入った若者が盲目の強靭なおじいちゃんにメッタメタにされる」というパワーワードがすごすぎて、失笑を禁じえません。

とはいえ、その点は映画の狙いでもなんでもなく、かくいう私もかなり感情移入して観ていたので、息もつかせぬスリリングな展開でした。

「え・・・それは気づくでしょ」とか、「え・・・初めからそうやって逃げればいいじゃん」とか、若干の突っ込みどころがないとは言えないのですが、それでも十分に楽しめる作りになっています。

映画「ドント・ブリーズ」に限らず、脱出系の映画なんかは特にですが、「何とかして逃げられそう」という余白があればあるほど面白いんですよね。

映画「ドント・ブリーズ」にも同じことが言えます。
見るからに老朽化したような家で、敵はたった一人のおじいちゃん(とワンコ)。

確かに超人的な肉体を持った元軍人ではあるけども、「何とかなるっしょ」って思っているから、なんともならない事に驚き恐怖を覚えるのです。

よくできているなあと思いました。

冒頭のロッキーを引きずるシーン

この映画は冒頭でおじいちゃんがロッキー(見ている側としては、彼女が誰なのかは不明だが)を引きずっているシーンが描かれています。

誰もが、この時に引きずられている女性は死んでいるのだと思っているので、映画を観てゆくうちに「これは誰も助からないのでは?」と思うようになるわけです。

私も、「これはまさかの最後に全員死ぬパターンか?」と思いました。冒頭のシーンがあったからです。
実際にクライマックスで実際に引きずられる時にはロッキーは実際には生きていたわけですが、なかなか混乱させてくれる作りになっていますよね。いい意味で。

冒頭は、上空からだんだん歩いている人物をカメラが追ってクローズアップしていくと、女性を引きずるおじいちゃん、という構図になっていますが、なかなか美しくていいなと思います。

「そんなバカな…」おじいちゃんはキモい変態なのか

かなりビビる展開としては、地下室におじいちゃんの娘を殺した女性を監禁していた事

おじいちゃんはうっかり女性を殺してしまうのですが、その時にかなり悲しんでいたようなのでこっちとしては「??」という感じでした。

で、そもそも女性監禁していたこと自体がかなりキモみisここにありって感じなのですが、後になって、この女性をおじいちゃんが妊娠させていたという事実が分かります。

自分の娘を殺した報いに、もう一人子供を産ませようというわけです。

NITARI

キモさのレベルが違う

だからと言って「俺はレイプはしない」と言いながら、自分の精子をスポイトですくい取って女性の子宮に直接入れて妊娠させようという、頭おかしい系のキモ変態爺なわけですね。

この辺りの胸糞展開は、実に悪ふざけしすぎのホラー映画としては100点満点っていうか、無駄にキモすぎていい展開でしたね。

悪趣味すぎるので、近年の普通にライトなホラー映画を観慣れている人にとっては胸焼けがするかもしれません。

「狂気の怪力盲目じいちゃん、若者をぶっ殺す」なんていうクレイジーなストーリーを真面目に考えちゃうような製作陣は、やはりこれくらい悪趣味な展開をしていくしかなったでしょうね。

映画「ドント・ブリーズ」のラストについて

で、割とこの映画の賛否を生んだのかなと思うのがラストです。

まず、なんで「被害がなかった」なんていうことにしたのか?という点ですが、これはもう、地下室を調べられたら女性を監禁していたことはばれてしまうからに間違いはありません。

とはいえ、あれだけの戦いを繰り広げて死者が二人も出ておきながら、死体近辺しか調べないデトロイト警察も大分だなあと思います。

それにしても結局おじいちゃんが死ななかったっていう展開もバカみたいでなかなかいいです。

まとめ

というわけで、設定がナイスでそれだけで押し切ることができた、なかなか味わい深い映画だったと思います。

おじいちゃんのほうに感情移入して観た人も結構いるみたいで、そうなってくると映画は全然違う見え方になってくるでしょう。

私は別におじいちゃんにさっぱり感情移入しなかったので(おじいちゃん側から撮影したコメディーは観てみたいかなと思いましたが)、普通にハラハラと楽しめたかな。

映画のレビューと旅のブログ「映画と旅。」では、おすすめ映画を紹介しています!