イタリア

古代ローマ遺跡【ドムス・アウレア】予約方法と参加した感想!!

少し前から存在は知っていたものの、チケットが取れずに見送っていた古代ローマ遺跡、「ドムス・アウレア」

今年の夏は、遺跡のガイドツアーを無事申し込むことができまして、見ることができました。

悪名高き皇帝ネロの黄金宮殿【ドムス・アウレア】

ドムス・アウレア「八角の間」

Domus Aurea: The Past Reawakens | Romeing

ローマの歴史に疎い人でも、「ネロ皇帝」の名前を聞いたことがある人は多いと思います。

愚帝として有名なネロ皇帝は、人妻にうつつを抜かしたり実の母親を殺したり、身の回りの気に入らない人を端から殺したりしていたやばい人です。

ドムス・アウレアっていう建物は、そのネロ皇帝が作った、当時「黄金宮殿(ドムス・アウレア)」と呼ばれ建設されていました。
しかし、建設の直前にローマ全土がかなり大規模な火事で焼けたのに、ネロはその様子をしり目に建設を続けたらしく、当たり前だけど市民は激怒してたらしいんです。

ローマの歴史はまだ全然勉強途中で語れるものは何もないですけど、五賢帝ていうローマの礎を築いた素晴らしい皇帝も面白いですが、、私は愚帝とか言われちゃってる人のほうが面白くて興味があります。

ネロ皇帝もそうだけど、カリグラっていう人も突然頭おかしくなっちゃったり、映画「グラディエーター」でも出てきたコンモドゥスとかも自分で剣闘士したりかなりしょうもないです。

今はこのドムス・アウレアは半分は埋まってて洞窟宮殿っぽい感じになってアドベンチャー感満載なんですけど、もともとは普通に丘の上に建てられた壮美なものだったらしいです。

「ドムス・アウレア」のチケットの予約方法

この黄金宮殿なんですけど、一般開放されているわけではなくて、土日限定でガイド付きツアーが時間ごとに開催されているんですね。サイトで予約が必要。

で、このサイトなんでだけど↓

http://www.coopculture.it/ticket_office.cfm

右上に「ENGLISH」というボタンがあるのでクリックすると英語になります。

「DUMS AUREA」というリンクをクリックすると、ドムス・アウレアのチケット購入ページに飛びます。

ツアーでしか見ることができないので、日本人だったら「tours in english」を選択します。

ページの下部にカレンダーがありまして、ここで行く予定の日をクリックすると、その下に時間ごとに空いているかどうかが出てきます。

※ドムス・アウレアは土日しか開放していません。

ドムス・アウレア予約方法

緑色で「Available」ってなってるのは購入可能なので、カートに入れて、購入に進みます。
クレジット払いかどうか選択して購入。とな。

この、coopcultureっていうサイトは、ローマを中心とした遺跡などのチケットを購入できる有名なサイトで、混雑することで有名なコロッセオやフォロ・ロマーノも同じサイトで予約ができますし、コロッセオの地下遺跡見学ツアーなども扱っていて、大変おすすめです。

「ドムス・アウレア」のチケット発券窓口は?

フォロ・ロマーノやコロッセオはチケット売り場の「予約専用窓口」で発券してもらうことになります。

ドムス・アウレアもスマホで予約番号を出せるようにするか、可能であれば受け取った予約確認のEメールをプリントアウトして、予約の15分前くらいにドムス・アウレアの予約窓口にプリントしたものを見せて、チケットを発券してもらいましょう。

予約窓口といっても、ドムス・アウレアのエントランスにあるちっこいオフィスなので、少し早めに現地に行って、係の人にスマホかプリントしたものを見せればOKです。

実は私は結構これで苦労しまして(笑)

予約確認メールに「このチケットはあらかじめチケットオフィスで発券が必要です」ってなっているのに、どこを探してもドムス・アウレアのチケットがどこで発券できるのかわからず、私はかなり四苦八苦しました。

インフォメーションに行ったり、フォロ・ロマーノのチケットオフィスに行ったりしていろいろ回って、ようやくドムス・アウレアの入り口でいいのだという事が発覚。
行けば分かりますけど、ドムス・アウレアの入り口にはチケットオフィスがあるようには見せませんのでね……

ちなみに、「チケット」といっても、ここでは小さな入場用のステッカーを貰えますので、見えるところに付けておくだけで大丈夫。

ドムス・アウレアのステッカーチケット

ちなみに、私はこのチケットサイトの使い方がよくわからず、英語のツアーの予約ができなかったので、なぜかイタリア語ツアーに参加しました。

未だに、なんで英語のツアーが全部売り切れていたように見えたのかが完全に謎です。

当時は、英語ツアーが人気なのかなーと思ってたんですけど、確かに人気かもしれないけど、何らかのシステムエラーだったようにしか思えませんねぇ。

ちなみに、この記事をリライトするのに、久々にCoopcultureのサイトを見てみましたが、かなりわかりやすくリニューアルされていました。。

ドムス・アウレアのイタリア語ツアー参加は正解だったのか?

というわけで、念願のドムス・アウレアのツアーでした。

ドムス・アウレアのエントランス

これがエントランス。奥に小さなオフィスがあるので、そこでステッカーをもらいます。

ドムス・アウレアは私みたいにイタリア語が分からなくてもとりあえず見たい、という人がもう少しいるかなーと思ってたんですけど、一切いなかったです。

アジア人私だけ。
別にいいけど、かなり目立つ。
こんな風にヘルメットをかぶってゆきます。

いざドムス・アウレアへ入場!

さあ、始まりますよぉぉぉぉ!!

ドムス・アウレアツアー開始

ちなみに、中はかなり寒いといわれていたので、ユニクロのポケッタブルパーカーを持って行って正解でした。でもそれでも寒すぎた。
中には、薄手のダウンを着ていた人も。

この日は30度を超える夏日でしたがほんとに中はめちゃくちゃ寒かったので、真夏でもウルトラライトダウンをおすすめします

ちなみに手前のニコニコしているキャミの女の子は何にも羽織ものをもってませんでした。マジで笑ってられるのは今だけだった……(かわいそうに)

ドムス・アウレアの中についに入ったのだが問題は……

ドムス・アウレア展開図

ついに念願のドムス・アウレアの中に入ることに成功したNITARI。

この兄さんがガイドさんでいろいろ説明してくれます。
もちろんイタリア語なので私には分からないです。

別にいいんだ、そんなの、中さえ入れればいいんだよ!!!
と思ったのもつかの間。

マジでガイド話長げぇ。

全く分からないから、こんなに長く感じるのでしょうか?
とにかく話が長い。長すぎる。

しかも、一か所にとどまって話は長いのに、「ちょっと長く話過ぎたな」みたいな感じでガイドさん、次のポイントに行くのがめちゃめちゃ速足。

え、もっといろいろ見たいんですけどwwww

でも多少予備的に勉強もしていたので、注意深く聞いていれば「ああ、埋まってたってことを言いたいんだな」とか、「ああ、この部分は修復された部分だってことを言いたんだろうな」とか何となくわからないでもない。

しかしですね、アジア人一人の私はとにかく浮いていて、まあ別に浮いていること自体はいいんですけど、意味も分からないんで後ろのほうにいたいのに、紳士な方とかが気を使って前に行かせてくれようとするんですね。

私は意味が分からないので後ろでいいです!とか言えないし。

途中からは私がイタリア語が分かるんだと思った人とかに話しかけられたりして、実に気まずかった。

しかし、中はかなり面白いのです。

ドムス・アウレア内部

今は地下に眠っているけど、当時は小高い丘に建てられた宮殿だったので、天井が結構高い。

ドムス・アウレア内部

これはたぶん水道管みたいな感じだったんでしょうね。よくできてます。

と、突然何か黒いボックスが並べられたモニュメントみたいな部屋にたどりつきました。

ドムス・アウレアVRイラスト

え、ナニコレ意味が分からない……

なんかイタリア語で説明しているけど、これはイタ語わからないといよいよ切ない感じになってきたぞ。

とりあえず皆にならって椅子の下から双眼鏡みたいのを取り出して座る

ドムス・アウレアVR説明

なにかと説明しているガイドさん。イミフ

360度体験!!ドムス・アウレアの再現映像

しかし、NITARIはきがついた。

これ、進撃の巨人展の時にやった360度のVRゴーグルだー!!

↑説明動画。

このメガネをかけると、不思議なことにどこを向いても設定された世界の中に入っているかのような感じになるんですよ。

最近人気のやつです。

ドムス・アウレアVR中

この映像はすごかったです!!
本当に2000年前にタイムスリップしたかのような気分になった。

この宮殿がいかに美しいものだったか、ローマ帝国がいかに壮大だったかよくわかる映像で感動したし、失われたことが寂しくもあった。

ドムス・アウレアの説明中

この部屋のフレスコ画とかは本当にすごくて、

ドムス・アウレアのフレスコ画

ちなみに、あのルネッサンスの巨匠ラファエロも、この壁画を見るために天井の穴からこの遺跡に滑り込んで見学していたらしい。

そしてそんな壁画に影響を受けたらしいというのだから驚きです。

ドムス・アウレアのフレスコ画

すごい状態で残ってますよね。

それにしても、この頃になってくるととにかく寒いし、とにかくガイドの説明は長くて一切意味不明だしでかなりつらくなってきた。
この辺までで1時間かかってますけど、部屋は5~6部屋でほとんどガイドの話のような気が。

このツアーに参加して思ったんだけど、本当に全く言葉がわからないって結構ストレスたまるわ(笑)

ああ、これが英語だったらなあ、とずーっと思っていましたけど、言っても英語だって完全にわかるわけじゃないしなwwwwと思った。

途中で、各部屋にこんな標識があって

ドムス・アウレアの説明ボード

多少英語で説明があったのでそれを読むことにしました。

一番有名な八角の広間

八角の間

ここはかなり明るいけども、やっぱり同じように寒い。

全体を通して本当に暗くて寒い遺跡なんですけど、本当は丘の上に建てられていたっていうのを想像するのは難しいもんです。

これからこの遺跡に行こうという方は、とりあえずUNIQLOのウルトラライトダウン(真夏でも)がおすすめです。

そして、中が見たいからってイタリア語ガイドツアーはおすすめしません。ガイドさん、喋り倒しです。←あたりまえだ

とはいえ中はほんとに面白いです。
直前だと厳しいかもだけど、余裕をもって予約すれば十分英語ツアーのチケット取れると思うので、絶対におすすめ。

まとめ

楽しかったけど、意味わからなかった。

多くの古代ローマ遺跡は地下に眠っていたものを掘り起こしてきれいな形にしていることが多いのに、どうしてドムス・アウレアは掘り起こさずに埋もれたままにしているんだろうね?

そのほうが劣化しないからかな。

そのあたりも英語のツアーだったら説明があったんでしょうかね。英語で説明されてもわかる気しないけど(笑)

その他の古代遺跡記事はこちら

その他のイタリア情報はこちら

NITARIのTwitterで更新情報を見る!
NITARIのFacebookで更新情報を見る!