死ぬまでに観たい映画
人間ドラマ・社会派

イラン映画「別離」感想・どうして傑作といわれているのか?

どうもこんにちは、NITARIです。

イラン映画の「別離」を観たので、感想です。

イラン映画「別離」のあらすじと概要

「別離」は2011年イラン制作・アスガル・ファルハーディー監督の作品です。

出演者

  • シミン – レイラ・ハタミ
  • ナデル – ペイマン・モアディ
  • ホッジャト – シャハブ・ホセイニ
  • ラジエー – サレー・バヤト
  • テルメー – サリナ・ファルハーディー

シミンナデルは離婚の危機に陥っていた。

シミンが、イラン国内での子供の将来に懸念を抱き、夫のナデルと共に国を出るべく許可を得たのだが、ナデルが受け入れないのである。理由は、ナデルのアルツハイマー症の父だった。

二人は裁判所に相談に行くのだが、「深刻な問題ではない」と取り合ってもらえない。
仕方なく、シミンは一旦家を出ることに。

シミンが出て行ってしまったので、ナデルは父の世話と家事等頼むために、ラジエーという敬虔なムスリムを雇う。彼女は気の短い夫のホッジャトに内緒でこの仕事に来ていた。ホッジャトは現在失業中なのである。

しかし身重のラジエーには父の介護は荷が重すぎる。彼女は仕事を辞めることを申し出るが、受け入れて貰えない。

ある日、ナデルが家へ帰ってくると、父がベッドに縛り付けられ昏睡状態に陥っており、ラジエーと幼い娘の姿は見えなかった。

帰宅したラジエーを問い詰めるナデル。はっきりした理由を言わないラジエー。
ナデルは彼女を家から追い出した。

しかしその夜、ラジエーは病院に運ばれ、流産してしまう。

ラジエーと夫は、責任を問うためにナデルを告訴する。焦点はナデルがラジエーの妊娠を知っていたかどうか。妊娠を知りながらラジエーを押し倒したのであれば殺人罪に問われるのだった。

イラン映画「別離」の感想

いやー、素晴らしい映画としか言いようがないですよね。

私は今までにもいくつかのイラン映画を観ており、そのすべて(本当に、私が見た映画に関しては文字通り「すべてのイラン映画」)が抜きんでた傑作でした。

だからこの作品にも期待していたのですが、期待を上回るクオリティで心が震えました。

この映画は、「すごい」という要素があまりにも多いのですが、なんといっても一番衝撃を受けたのはこの映画の脚本のすばらしさでしょう。

イラン映画「別離」の脚本のすばらしさ

この映画は数々の映画賞で非常に高く評価された作品です。
同年のアカデミー賞外国語映画賞も受賞しています。

海外の映画賞を受賞する作品の特徴としては、ストーリーの面白さよりも淡々とした語り口で人間模様を浮き彫りにするような作品が多い印象があります。

好きではない言い方ですが「ミニシアター系」と言われる作品は比較的淡々とした作品が多いですよね。

で、この「別離」も同じように、イランの社会をそのまま切り取ったようなリアリズム映画ではあるのですが、べらぼうにストーリーが面白いわけです。
これは意外でした。

とにかく、脚本が上手いわけです。

観ていて一番「おっ・・・?」と思ったのが、事件の真相が分からないところです。
ラジエーはなぜ、あの時認知症の父を置いて外出したのか?とかもわからなければ、ラジエーが一体何をしたいのかもよくわかりません。

この映画のすごい所はそこで、一般的な人間ドラマであれば、事件の真相を分かったうえで裁判を描くと思うんですよ。ミステリー作品でない限り。

そう。つまり、この映画は淡々とした人間ドラマの体ではありますが、真相をうまく隠してミステリー的な構成を組んできているという事です。

見ている観客としては、ラジエーが悪人のようにはとても思えないために、「なんで??」と先の見えない展開に仕立て上げている。

同じ事がナデルの行動にも言えますよね。
ナデルが妊娠を知っていたのかどうか?という部分です。

これも、観客としては妊娠を知ってはいたのですが、確かにわかりやすい描写ではなく、ナデルが妊娠を知っていたかどうかは明確にされていません。

イラン映画「別離」の意外性

そもそも、この映画はストーリーの展開が全く読めないのは非常にすごい。

「別離」というタイトルとオープニングの夫婦のシーンからは、この映画は夫婦の問題を扱った作品だろうと思わせます。
実際にその後ラジエーが雇われるシーンでは、彼女はほとんどモブのような扱いで、あくまでも夫婦や家族の問題として話は展開しているように予想されます。

が、その次のシーンでは突然、モブだと思っていたラジエーの視点で、介護のシーンが描かれるのです。

そこでまず観客は不意を突かれます。「この映画はどのように進行してゆくのか?」

そしてその後の事故があり、真実が分からないまま話が進行してゆくのです。
非常にミステリー的要素をはらんだストーリーテリングは、淡々と人間の本質を描くに尽くしたきらいのあるイラン映画の構成としては、新しい作品といってもいいと思います。

(もちろん、淡々と静かな映画も私は同じように大好きです)

イラン映画「別離」の多くのテーマ

この映画はとにかくテーマが盛りだくさんですよね。

まず夫婦の問題。雇用の問題。宗教の問題。教育の問題。介護の問題。その他にも山のような問題を扱った作品です。

が、それらの問題がパーフェクトなシナリオによって語りつくされている。
私がこの映画のシナリオがすごいといっているのはそこです。

ミステリータッチで、見るものを飽きさせない展開力を発揮しておきながら、最も重要なのはそこではないのです。

やはりどう考えても、数多い社会問題を提起する目的で作られた映画なので、そういう意図がきちんと伝わらないと、話がいくら面白くてもダメ。

この映画ではそれが完全にできている。
エンターテイメント的にも圧倒的に優れた作品でありながら、この映画を観てそのように意識する人はあまり多くないはずです。

それよりも、イランの社会問題への関心のほうが圧倒的に促されているでしょう。
ふつう、話が面白いエンタメ作品は人間や社会の本質とは反比例してしまう事が多いからです。

イラン映画「別離」と「万引き家族」の共通点

「別離」を見た時に私は、是枝裕和監督の「万引き家族の事を思い出しました。

是枝監督も、長い間社会問題を描きながら内容も面白いエンタメ作品を制作し続けていますよね。

特に「万引き家族」には同じようなスピリットを感じました。
が、私自身はこの「万引き家族」はそれほど評価の高い作品ではありませんでした。

細かい理由はレビューを見ていただきたいのですが、簡単に言うと「万引き家族」は社会批判的要素があまりにも強すぎて、人間の本質に眼を向けることが難しかった、という点です。

あわせて読みたい
是枝裕和監督「万引き家族」感想・一体何を描きたかったのか?映画「万引き家族」がとてつもなく辛辣な社会批判のメッセージを持っていました。がしかし共感できるけど納得できない!詳しく解説します。...

実は、「別離」も構成としては同じような作品になっているような気がするんですよ。
ただ、大きく違うのは、私が「日本人として」これらの映画を観た、という事です。

イランの真実を世界に発信する

「別離」は、イランの真実をイスラム教に対してそれほど理解がない国や地域に向けて発信しているのだと思うんですよ。

私は「別離」を見て、イランの社会について少しは分かった(といったらおこがましいかもしれないけれど)ような気がしました。

平たく言えば、「イランてこういう国なんだな」「イスラム教ってこういう国なんだな」という点。

例えば、ラジエーが父の阻喪を何とかしようとするときに、わざわざしかるべき機関に問い合わせて「イスラム教として問題はないか」と許可を得ますよね。

そういうことは、イスラム教国家でなければなかなか知りえないことです。
だからそういう一つ一つの「イスラム教国家の現実」が、我々にとっては非常に意味のあるもので、我々にとっては美しくすら感じるわけです。

がしかし、イラン人やムスリムからしたら、それらの描写はあまりにも当たり前すぎて、別になんという事もない日常の話なんだと思います。

そのギャップの事を私は言っていて、それは「万引き家族」に描かれた事にも同じように考えたんですよ。

万引き家族」も私は日本の外に、日本の真実を伝える、という意図で制作された作品のように思っていて、まあ平たく言えば「外国ウケしそう」といったところでしょうか?

私は「別離」が、本当に素晴らしい作品だと疑わないわけですけど、「外国ウケしそう」な映画であるし、事実は分からないよな、と思うわけです。

我々から見たら新鮮で興味深い父の阻喪の処理のシーンも、ムスリムから見たら、「まあそうなるわな」という「あるある」だったとしたら。

そして、「別離」にはそのようなシーンが比較的多いのです。

まとめ

とはいっても、私にとっては「別離」は非常に素晴らしい作品ですし、イランにとっても素晴らしい作品である可能性は非常に高いのです。

ただ、映画は見る者の環境によって全く印象が変わる、という事。
その事を少しでも念頭に置いてみることが、本当の意味で社会に対する理解を深める、という事に繋がるのかな、と思います。

しかしながらそもそも、映画とは社会に対する理解を広げるツールではありません
「ただ、なんかすごい」「よくわからんけど面白い」でも十分。

ここまでいろいろと語りましたが、「別離」のすごい所は、ムスリムがどうとか社会の事とか考えなくても「ただなんか面白い」という作品にもなっている、という点だと思いました。