おすすめ旅行グッズ!
人間ドラマ・社会派

【百円の恋】感想・安藤サクラのブスさに脱帽するしかない

安藤サクラがとってもいい!!!と噂の「百円の恋」観ました。

ブスでデブの引きこもりの32歳。汚く、何のとりえもない一子(イチコ)がダメ男のボクサーとの出会いをきっかけにボクシングに目覚めてゆく……のような話

「百円の恋」のあらすじ

「百円の恋」は2014年に公開された安藤サクラ主演の映画です。

出演者

  • 斎藤一子(いちこ) – 安藤サクラ
  • 狩野祐二 – 新井浩文
  • 斎藤佳子 – 稲川実代子
  • 岡野淳 – 宇野祥平

実家で引きこもりのように暮らす32歳の一子
ある日、出戻りの妹と大喧嘩し、家を出て、百円ショップの深夜勤務を始める。

無気力な毎日の中で唯一の楽しみは、近所のボクシングジムでトレーニングをしているボクサー狩野見ることだった。

ある日、百円ショップに来た狩野にデートに誘われて出かける。
狩野の引退試合を目にした一子は、自分もそのボクシングジムでボクシングを始めた。

一方、試合に負けた狩野は自暴自棄になってゆく。

「百円の恋」のネタバレ感想

OVER30歳実家暮らしの引きこもり、というと「私の事か!??」と、ついつい思ってしまって観ずにはいられない感じになっておりましたが、その醜悪さにかけては「そもそもこの方は人間なんだろうか……」と思わずにはいられないくらい、圧巻のダメさ

この映画で安藤サクラは日本アカデミー賞を受賞したわけですが、まあこの、ダメを突き詰めきってここまでできる人はなかなかいないと思う。

「百円の恋」のストーリーについて

この映画は一応は「スポ根」の体を取った映画になっていますが、出ている人が皆ダメな所は珍しい所かもしれません。

特に相手の狩野のダメさもかなりすごい。
もちろん映画の序盤は主人公の一子ちゃんがダメで、狩野はかなりかっこいい感じに描かれているんですけど、女にも仕事にもだらしなくてプライドばかり高い狩野はどんどん身を滅ぼしていきます。

一方で一子ちゃんはボクシングを始めることでどんどん魅力的になってゆきますよね。
初めは仲違いしていた妹とも和解します。

ここまでひどい人生を歩んでいる人はあんまりいないと思いますが、私もそうですけど、それなりにダメな人生を歩んでいると、一子ちゃんのように起死回生の一発を決めたい!と思う人がいてもおかしくない。

結局一子ちゃんは破れてしまったけど、一子ちゃんのかっこよさは紛れもないもので、「自分てダメだなあ」って思いがちな人に勇気を与える作品になっていると思います。

狩野のダメさが一子ちゃんの魅力を一掃引き立たせていると思えば、映画にとっては必要不可欠なキャラクターですよね。

「百円の恋」の安藤サクラの魅力

というわけでこの映画の魅力は何しろ一子ちゃんが素晴らしくかっこいいという話。

すなわち最初から最後まで安藤サクラの魅力で持っている作品と言ってもいいかもしれません。

映画と言うのは主人公が出ずっぱりという事はそれほど多くはありません。
ふつうは周りの人間模様なども描くことが多いので、例えばこの映画の場合は新井浩文演じる狩野のシーンなども入れられることが多いはずでした。

しかし、そういうシーンも確かに多少はありますが、基本的には全て主人公の一子がずーっと出ていますよね。

ストーリーが一子ちゃんの現在の動向しか描かない、説明的なシーンもあまりありません。

安藤サクラ演じる一子ちゃんは、一体どうして引きこもりになったのかということが全然描かれていません

ふつうだったら感情移入を促す為に、どうして引きこもりになったとかを描きたがるものです。

しかしこれは非常に良い事です。
一子ちゃんが引きこもりになった本当の理由はわかりませんが、前半のダメダメな一子ちゃんを見ていればいくらでも想像がつくからです。

あと、どうせ大した理由がないからです。
もしここで、「ああ、これだったら引きこもりになっちゃったのもわかる」みたいなエピソードが入ってしまったら、全く別の映画になってしまいますからね。

余計な説明をしないのはとてもいいと思いました。

「百円の恋」新井浩文演じる狩野のダメさ

この男がどうしようもなくダメだ、とわかるまでは、普通の観客だったら「なんでこんないい男があんなブスを誘うの?無理」みたいになるはずです。

だって前半の狩野はめちゃくちゃかっこよかった。
正直言って私は完全に好みのタイプだった。

だから最初は、「デブブス引きこもりの女がこんなおいしい目に合うとかマジそのリアリティー・・・( ̄- ̄)」と思いました。

しかしながら、上記したようにこの映画ではあんまり焦って状況の説明というのをしないので、見ていくうちに、この狩野という男がただただ一子を利用していただけの、本格的なカス男であることが分かりますよね。

まあ、それでも顔がイケメンであることだけは否定できないわけですが……(NITARI的には)

最終的に一子ちゃんは念願かなってボクシングの試合に出ますが、フルボッコされて「一度でいいから勝ちたかった」と泣きます。

で、その試合に狩野も来ているわけですが、んま、この男は最後までカスでしたね(ただしイケメン)

安藤サクラと新井浩文以外の魅力

この映画はすべて、「安藤サクラが魅力的」ということで出来上がっている映画だと思います。

逆に言えば、それ以外はもう一つ押しが足りなかったなという点はあります。
というのは、映画の作りが全然普通だからです。

さっきも言ったように、全体的に淡々とした作りで説明的でないことは評価できますが、日本映画においては別段珍しいということでもありません。

濡れ場のシーンとか、今どきいらないんじゃないかなーっていうくらい、日活のにおいがしてきましたしね……

ボクシングを観ている妹とかも、何も言わなければよかったのに、と思います。

コンビニでの様子も、なんかちょっともう少し別の視点がなかったのかな、というか。普通なんですよね。予想できる展開でした。

新井浩文演じる狩野のダメさは良かったけども、それも何しろ安藤サクラの一子ちゃんを魅力的に見せるためのツールでした。

もう一つひねりがあったらな、とも思いました。
ただ、全体的に驚きはないにせよ、悪い映画ではないと思います。

そういえば、一子ちゃんにボクシングを教えた男のリアリティがすごかったけど、あれは一体何者だったのだろうか。あれ役者だったらかなりすごいぞ。

まとめ

しかしまあ、安藤サクラ演じる一子さえ魅力的であればいい、という映画なので、その点では非常に満足です。

なんだか日ごろ自信もやる気もない、っていう人にはおすすめしたい映画でした。