有名ブロガーのイケダハヤト氏をはじめ、数多の「プロブロガー」たちが継承する「辛いんだったら仕事辞めればいいじゃん」という主張だが、一体本当にこの言葉を信じていいものか?考えてみた。

スポンサーリンク




仕事を辞めたい?辞めたほうがいい?辞めてもいい?

なぜプロブロガーたちは「辞めりゃいいじゃん」っていうのか?

多くのトップブロガーたちのブログを読んでいると必ず目にするのが、「仕事を辞めたいならなんで我慢するの?」という言葉だ。
彼らの主張は、「世の中もっと自由に生きようよ!僕たち(私たち)みたいに!」っていう感じでいろんなのびのびとブロガーとして謳歌してらっしゃる方が多い。

私自身、仕事は辞めたいときに辞めてきたし、そもそも正社員として働いたこともない。だから彼らの意見には大賛成で、「そうだそうだ、一秒でも早く辞めてしまえ(つーか私も辞めたい)」とか言っているのだが、しかし彼らの主張を聞いていると、一概に彼らの思う通りに辞めちゃっていいものかと不安になってくる。

だって、あまりにも彼らが「辞めろ辞めろ」言うもんだから、逆に天邪鬼な私は、「じゃあちょっと辞めるの考え直そうかな」とか思ってしまうわけだ。

「辞めちゃえビジネス」というメカニズム

まずは、どうしてそんなに彼らは「辞めろ」と言うのかを考えてみたい。

そもそも彼らのブログを読んでいる方々は、結構自分の人生とか生き方について悩んでいる方が多い。

で、私の場合もそうなのだが、仕事を辞めたいなーとか、自分ってこれでいいのかなーなんていうことを悶々と考えているときには、当たり前だけど自分の迷いを吹っ飛ばすようなパワーワードが欲しくなる。

で、プロブロガーたちの言葉というのは、そんな悩める彼らを元気にするようなパワーワードばかりなのだ。

大体、仕事を辞めたいとか辛いとか悩んでいる人はそもそも、「いや、辞めないほうがいい」なんて言葉は欲していない。

「辞めろ!頑張るなんて無駄だ!」っていう言葉をこそ望んでいるので、そんなワードに惹かれてた現代人たちはブロガーの言葉を求めて集結する。

そんな、「迷える子羊」たちの行きつく先が、プロブロガーたちという事なのである。

ブロガーは人の悩みで食べている

ブロガーたちは自分たちのアクセスが伸びるように、不自由な人たちや迷っている人たちが単に「元気になる」記事を量産してゆく。

彼らの言葉には一見嘘がないようにも思えるが、実は基本的にはアクセスさえ集まればいいので責任とかは全然ない。
とにかく自己啓発っぽい事をそれっぽい言葉で語ってゆけば自然に人は集まるという事だ。

つまり、「仕事辞めればいいじゃん」「苦労して仕事続けるのってバカみたい」と言いながら、仕事をやめられずに悩んでいる人からがっぽりとお金を稼いでいるというのがブロガーという仕組みだ。

しかも彼らはただ単にパワーワードを並べ立てるだけではなく、「ブログをやれば儲かるよ」と啓蒙し、ブログサロンを経営して弟子=プロブロガー劣化版を大量生産してどんどん儲けている。

弟子たちは自分がただの劣化版であることにも気づかずにどんどん退屈なブログを更新し、やがては自分の愚かさに気づくであろう。

多分、今トップを走っているブロガーですらそのうち行き詰まり、別の行き方を探す人が多発すると思う。

でも別にブロガーは嫌いじゃない

でも私はそんなブロガーが別に嫌いというわけではない。
それはそれでひとつの「戦略」だと思っている、特にイケダハヤト氏なんかは図太いしビジネスうまいし、たぶんこの先もやっていけるんだろうなあと思って、結構面白がっている。

戦略を持っている人が私は好きなので、こういう生き方は正直全然オッケーだ。

イケダハヤト傘下のブロガーは結構つまらない人も多いので、まあ正直あんまり読んでない。(イケダハヤトのブログも実はあんまり読んではいないが)

彼の場合はたぶん頭がいいので、どっちかっていうとだまされるほうに問題があるんじゃないかな、と私は思っている(いや別にだましているわけではないですけど)。人を動かすことができるっていうのは大きな才能だと思う。

「仕事を辞めたい論」について

では結局、仕事を辞めたい、辛いという人はどうすればいいのか?という事である。

まずは、その時だけ元気になれるようなパワーワードを求めないことが重要だと思う。

ブロガーは狙ってそんなことを書いているけど、私は世間の「会社」というものをバカにしないほうがいいと思うのだ。

「労働」「所属」「会社」というのを、例えばホリエモンもイケダハヤトもブロガーたちも表向きはバカにしているが、それは彼らが会社に所属しないでも食べていける、という部分だけしか我々に見せていないだけで、本当は自分で稼ぐことがどれだけ大変か、トップを走る彼らも当然知っている(たぶん)。

私も今ではすごくよくわかる。お金を作るのはとても大変だ。
だから、どこかの会社に所属して、ストレスと貯めながらも一生懸命働いてお金を稼ぐ人はすごいと思うし、尊敬に値する。

そのうえで、会社に対するストレスと同等の苦労やプレッシャー、もしくはそれ以上の孤独感を抱きながらも稼ぐことのできる人というのが、いわゆるフリーランサーだと私は思うのだ。

プロのフリーランサーはそれらを分かった上で、自分が生きるために明るい部分しか我々には見せてこない。要は、芸能人と一緒だ。視聴者が見たいと思う部分以外を見せないのが、フリーランサーなのである。

だからまずはその点を理解したうえで、どんなに辛い仕事だと思ってもまずは環境を理解することが大事だと私は考える。
「環境を理解する」というのは簡単に思えて非常に難しいのだ。

まとめ

しかしながら矛盾するようだが、私自身は仕事なんか別に辞めたきゃいつでも辞めていいと思っている。

世の中にはいろんな生き方をしている人がいるけど、実は日本は「生き方の多様性」があまり受け入れられない国民なのだという風にも思っている。世界中の人はもっとずっと自由だ。

正規雇用にこれほどまでにこだわるのは日本だけなのだ。
まずは自分が何にそんなにこだわっているのか、こだわる理由は「皆そうしているから」ではないのか?という事を考えてみてほしい。

その他のビジネスの話はこちら
スポンサーリンク