賛否両論のっていうか、否定的コメントばっかりが目に付く(笑)「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見てきたので感想です。

そんなに酷い作品なのでしょーか??

スポンサーリンク




「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」ネタバレ感想

 

※ここからは「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」のネタバレだけではなく、「君の名は。」及び「魔法少女まどか☆マギカ」のネタバレもしますので、読む方は十分に注意してください。

 

 

この映画の総監督である新房昭之監督は「魔法少女まどか☆マギカ」の監督として有名ですが、「まどマギ」も最終的にはループものでした(と、簡単に言い放てるような単純な作品ではありませんが)。

「打ち上げ花火」は基本的には「まどマギ」の青春版という感じでした。

この「打ち上げ花火」は面白いに決まっている要素が満載だったわけですよね。

新房監督が総監督をしている点もそうだし、原作は岩井俊二の同名実写映画(昔見たけど内容は忘れてました)。
脚本は「モテキ」や「バクマン。」等、数々のヒット作を手掛けた大根仁
キャラデザインは新房監督の「物語シリーズ」他ヒット作を手掛ける渡辺明夫
さらにプロデューサーに「世界から猫が消えたなら」を大ヒットさせた川村元気

そして声優には今一番人気の広瀬すずに菅田将暉、宮野真守等々。

別に私はそれほどアニメにも詳しいってわけではないけど、そんな私ですらこれだけの情報を持っているっていうくらい、まあつまりかなり著名な方々が集まっているということです。

私はそもそも物語シリーズが好きで(といっても、最近だけど)、絵が好きなので期待していました。

もちろん「まどマギ」も大好きです。

そんな私ですが、この作品を見た時の率直な感想は……

 

 

「新房界隈アニメの通常営業すぎて退屈」

 

 

 

 もう、これですね、

タイムリープ飽きたわ~。て感じ。

まあツイートの後半は「物語シリーズ」の話に流れているんだけども……

「打ち上げ花火」タイムリープについて

もう本当にタイムリープに関してはおなか一杯じゃないですか?

まあ、嫌いではないんですけど、タイムリープであることに別に特にメリットはなかったかなと思ってしまった。

タイムリープしないで新しい映画を作ることができないものか?

で、この作品の評として「君の名は。の二番煎じ」みたいに言われたりもしているみたいだけど、いやいやいやいや、そもそも「君の名は。」自体が割かし二番煎じ要素満載だからwwww(タイムリープも珍しくないし、入れ替わりもね)

私は二番煎じだろうと面白ければいいと思ってるので、「君の名は。」は好きです。

しかし、タイムリープ自体がそろそろどうかなと思いますよね。
(という疑問視は「君の名は。」でもすでに言われていましたが)

「まどマギ」はもちろん、「時をかける少女」も日本アニメのループものの代表作品だし、「あの時こうしていたら~」っていう作品はハリウッド映画でもあります。

「スライディング・ドア」とか、「バタフライ・エフェクト」など。

そうそう、「バタフライ・エフェクト」は本当にこの作品に似ていますね。

まあループもの作ったら大体こんな感じになるのかもしれない。

最近でもほかにも私が非常に感動した作品で、ループものがありました(作品名を挙げるとネタバレになってしまいますので控えます)。

ループはもはや使い古された手で、それをどうアレンジするかが問題だというところなのは、新房ほどの監督には分かっているはずなのに、別に珍しい仕掛けなどはありませんでしたよね。

だからまあ、見ている側としては「知ってるネタ」を繰り返されている感じ。

キャラクターデザインと声について

ツイートした通りキャラデザが完全に「物語シリーズ」の劣化版。

なぜ劣化版なのか?は謎です。。

物語シリーズは非常にクオリティが高い絵でものすごくかわいいのに、「打ち上げ花火」は時々デッサンや動きが思いっきり狂っていたのが気になった。

一体何なんだろうか??

なずなちゃんは完全に戦場ヶ原ひたぎではないですか。もう髪の色まで完全に。
なぜなんだ???

しかし、主人公の典道は全然違った。もっと全然ガキでした。まあそれはいいとしても、がすごく気になりました。

戦場ヶ原の見た目でなずなの声の広瀬すずは、はっきり言って素晴らしかったと思います。
広瀬すずは顔がかわいいからナメてたけど、役者としてかなり才能があると思う。
何やってもうまくできますよね。いいと思います。

なずなも動きは変だったけど声はなかなか良くて、素敵だと思いました。

しかし典道役の菅田将暉はお世辞にもいいとは言えない。

アレはだめ。全然合ってない。
声変わりしたてにしては太すぎるし、それを隠すためにちょっと高めにしているのもものすごく気になる。

私はそもそも菅田将暉は好きだったのでかなり作品見てるんだけど、だからかもしれないけどどう考えても菅田将暉でしかなかった

アレはダメだわ。そもそもミスキャストでは?

声優は最近は多様化していて、別にうまくなくても魅力的な声って全然あるともうんですね。

最近で圧倒的に素晴らしかったのはこの世界の片隅にのんだったけど、別にうまい

っていうことではないんですよね、あの魅力は。

最近のアニメ監督が声優ではなくて役者を使うっていうのは、そういう良い意味でのぎこちなさを作品にぶつけたいというのがあるだろうし、私もあんまり思いっきり声優的なのは好きではないです。

それにしても菅田将暉は本当にあり得なかった。

もう、ここまで「物語」感が出まくってるなら、神谷浩史にでもお願いして欲しかった(阿良々木君の声が大好きなので←)

まあそれは冗談にしても、もうちょっとどうにかなったよなあと思いました。

世間の酷評について

で、私が見終わった後にもカップルが「これぜんぜん面白くなかったわ」って言っていた。

世間的には本当に酷評が多いですよね。
私としては、別にそこまで酷評されるかな?という感じだったので意外です。

確かに、ループに飽きてきた感はあるけど、映画として別にそんなに退屈で飽きてくる感じではなく、批判はあるにせよ別に普通に興味深く最後まで見れたのでね。

ん~、どちらかというと淡々とした作品だったのだろうか?

「中身がない」とか言われているけど、ちょっとピンとこないですね。

【打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?】のおすすめ度

というわけで、ちょっとおススメ度はなんとも言えないです。

まあ、たぶん大体の人が面白くないって思うみたいなんで面白くないのかもしれないけど、一体世間がこの映画にどんなことを期待していたのかは謎でして。

私は別に予想から大きく外れたものはなかった(菅田将暉の声以外)ので、こんなもんかーという感じでした。

各々見てみてください。

スポンサーリンク