どうもこんにちは、NITARIです。

旅ブログとして羽ばたくはずだった「NITABI!!」が全然旅ブログになっていってない現状を解説します。

スポンサーリンク

どうしてこのブログを旅ブログにしたのか?

当ブログはもともと映画批評ブログとして開設され、近日に至るまで映画の感想を書き綴ってまいりました。

しかしながら今年の夏にイタリアに2か月ほど滞在したことをきっかけに、そういえば私は結構旅もたくさんしてきたし、このブログをこの際だから旅ブログにしちまえばうまくすれば旅をしながら収入を得られるかもしれない……という野望の元、このブログを旅ブログにしよう!と方向転換したわけです。

※詳しくは下記参照
サイト名変更「NITABI!!」とブログリニューアルのお知らせ

この記事が10月27日のものなのですが、その前、たぶん24日くらいに他のブログで書いていた旅行記事を10記事くらい、このブログに移しています。

それからちょくちょく旅記事を更新してきました。
お題は大体、イタリア滞在記。

旅記事のアクセスがどうなのか?

それからだいたい一か月がたちましたが、

全っ然!!!旅記事のアクセス延びねえ!!!!!

なんで?なんでなの?
そんなに全然旅に興味ない?

イタリアとか言っても全然皆興味ない?もしくは私の記事がつまらんのか??

とにかく全然伸びないです。
それが証拠に、PC版だとサイドバー、スマホ版だと記事下にこのブログのアクセスランキングが載っていると思うのですがご覧ください。

全部映画
どうしようもなく全部映画。(でも一位はセカオワ彩織ちゃんの「ふたご」記事)

解析ツールをじっくり見まわしてみても、旅記事見てくれてる人はほどんど10人も行かないありさま。
見事に映画の記事のアクセスばかりが上位を占めています。

SEO的には、当たり前といえば当たり前だが

しかしまあ、正直言ってそれは別にびっくりするようなことではありません。
よっぽどのパワーワードでガツンと初頭アクセスを得られない限り、じわじわとSEOが効いて行ってやがてアクセスが上がることが多いので。

例えば私の今のメインアクセスで「パンズ・ラビリンス」と「リリィ・シュシュのすべて」が上位に食い込んでいますが、この2作品はどちらかといえば古いし、ニッチな映画。

はじめにこの記事を書いたときには一切アクセスなんてものは上がりませんでした。
特にパンズ・ラビリンスのほうは記事を描いてから3か月くらいしてからじわじわ伸びてきたクチです。

そういうわけで、もともと映画ブログだったこともあって、たぶん旅記事はじわじわ系だと思うので、あと数か月は種まき期間かな~と。

ちなみに、「初めからアクセスBOMB!!」というのは例えば「ふたご」の記事みたいに、発売と同時に読んで数日以内にある程度のクオリティの記事を書くと半日くらいで爆発してくれます。

そういうバズはそんなに難しくないです(バズっていうか、普通の現象かな)。

実はそういう風に映画記事を書くのも最初はやっていました。
テレビ放映に合わせて映画を見て記事を書いたり、公開直後に書いたりするのね。

それはそれで非常にアクセスが集まりはするんですが、大変だし、しかも思ったよりもすぐ順位が下がったり、当たり前だけどトレンドを過ぎるとアクセスがなくなりますね。
まあ、そこが難しい事ではあります。

映画記事はしばらくお休み

ちなみに、私としては今後はあくまでも旅メインのブログにしたいので、今後は極力映画記事は控えると思います。逆にね。

旅メインにしたいから、というのもあるけど映画ブログをやっていくんだったら記事数と内容がとにかく専門的であるべきだし、そういう記事をかけることはかけるんだけどそれを続けるのは非常に辛い。

あとは、最近ハリウッドのセクハラ事件とかいろいろ社会的な理由から、ちょっと真剣に政治的な事を考えるのをやめたいなあと思っているというのがあります。

映画は本来かなりポリティカルなものなので、そういう気持ちで映画の批評記事を書くのは正直結構キツイというものあります。

その代わり、という事ではないけど、書評はなるべくどんどん書いていきたいと思います。
自分のメモ代わりっていう事もあります。

それでもご覧いただいてありがとうございます!

というわけでなかなか旅ブログとしては壊滅状態ではありますが、このようにご覧いただけている現状は非常に喜ばしいものであります。

まとめ

とはいえ、たくさんの方にこのブログに来ていただけている現状は非常にうれしく思っています、ありがとうございます。

アクセスとは裏腹に、私自身としてはなかなか魅力的なブログになっていると思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

いい機会なので、おすすめの旅記事を載せていこうと思います。

一人旅デビューにおすすめの欧州の都市ランキングベスト5!!

【絶対行きたい】夢のように美しい欧州の町ランキングベスト5!

【初心者向け】海外の美術館80館訪れたNITARIが絵画鑑賞の極意を披露してみる