シン・ゴジラのBlu-rayが発売してからというもの、興奮気味の日々を送っております。

好きなところランキングを考えてみた!!!

スポンサーリンク

シン・ゴジラの好きなところランキングベスト5

第5位 主人公の長谷川博己演じる矢口 蘭堂

好きな「シーン」ではなくてすまん!!!
矢口役の長谷川博己が最高すぎる。

めちゃくちゃかっこいい!
かっこいい?っていうか、とにかく最高、好き!!

長谷川博己別に全然興味なかったけど(むしろあんま好きじゃなかった)、この映画見てからもう長谷川みるとゴジラしか連想できなくてかなり心が躍る。

多分長谷川が好きっていうか、めちゃめちゃ矢口が好きなんだと思う!!

言ってみれば、ゴジラの相手役ですよ。そんな人日本に一人しかいないんだよ~それが長谷川博己なんだ。活舌もいい。

f:id:nitari-movies:20170331145052j:plain

出典:長谷川博己、『シンゴジラ』で感じた成長物語「問題作になるだろうな」 | ORICON NEWS

殆ど一度も笑わないのがいい。

考えてみると博己さんを初めて見たのが蜷川幸雄の「キッチン」という芝居なんだけど、その時も新人コックのわりに愛想の悪い感じがよかった。

長谷川からゴジラを連想しすぎて、今後長谷川の出てる作品はなるべく観ていこうと思った。あの進撃の巨人も再見した方がいいかもしれない、MOZUとかも(終始笑いっぱなしの)。

ちなみに、矢口関連の名場面もランキングしてみた!

第5位 「すごい。まるで進化だ」

矢口のがこんな時にも生命への敬意を表す冷静さを持っていることを証明する、素晴らしいセリフです!ぴりりとします。

第4位「大臣。先の戦争では、旧日本軍の希望的観測、机上の空論、こうあって欲しいという発想等にしがみついたが為に、国民に300万人以上もの犠牲者が出ています。根拠のない楽観は禁物です」

矢口はこんなことを大臣に言ったりします。
よくこんなことを言っていて偉い人が怒ったりしないですよね。私ならむかつく。不器用な男だ。

第3位「ちなみに、昨日の有識者会議では、あまりにも常識から外れ過ぎていて、何もわからないという結論だったそうです」

矢口はこの映画でかなりまともな人なので笑えるセリフはほとんどないながら、このセリフには楽しませてもらいました。

第2位「ここがやられた時の政治的空白の心配なら無用だ。次のリーダーがすぐ決まるのが、この国の長所だということがよく分かった」 
泉「次は君か?」
矢口「まさか。俺は10年後を考えている」  

この「泉」って男がいいんですよ。この泉と矢口のやり取りは全部いいです。
野心のある男っていいですね。意識は高いが不器用なので、出世しそうなのは赤坂(竹野内豊)だと思います。

第1位「矢口。まずは君が落ち着け」

見てわかる通り、まさかの矢口のセリフじゃなくて矢口が言われたセリフです。このセリフはTシャツになって売ってたりする。ちょっとほしい。

f:id:nitari-movies:20170331152600j:plain

 

第4位 ヤシオリ作戦

やはりヤシオリ作戦は素晴らしいですねえ~

徹底的に東京駅付近をぶっ壊してくれました。最も素晴らしいのは、無人従来線爆弾ですかね~

Nゲージみたいだった。かわいすぎるけど……

ゴジラがかわいそうな件についてTTTTTTTT!!!

かわいそう!!

この後まわりのビルをぶっ壊してゴジラにかぶせて口から冷却材を口から注入して冷凍する!

なんて非道なんだよ
でも面白いよ~たまらん

ちなみに矢口はあんまり「矢口プラン」って言い方が好きじゃないみたいで、矢口が言うときには「冷却プラン」って言ってる。

第3位 第2形態から第3形態への進化

蒲田に上陸して都心に進んでいた第二形態が突然動きをストップして急激に進化するシーン。

そもそも私は第二形態が大好きなんですけど、彼が急に破壊を辞めてピタッと止まるだけでめっちゃ可愛いし、そのあと頭をぐいーんと上げてバッターンて動かなくなるの本当にキモかわ。

それからがキモさの本骨頂。

身体を小刻みに波立たせながら(もうこの辺はキモさを通り越して生理的に無理)、体がめっちゃ大きくなってゴオー!!!!っと唸りながら直立する。そして矢口の名台詞、

「すごい、まるで進化だ」

きたー!!!

だってなんか顔が半魚人のポニョみたいですごく素敵だ。

第2位 口から光線バー!!!!!

米国の爆弾に怒ったゴジラが口から火を吐く!吐く!

私が興奮したのが、顎が2つに割れるところですかね。

パッカー!っと二つに割れる。まさにケツあごの進化版。
ゴジラがいかに進化に進化を重ねた生物であるかが分かりますね!

まさに人知を超えた完全生物です。

最初に火を放つ、その勢いがなんか気持ちいい。身体の奥から火を吐いている感じで。

私は火を吐く生き物をあんまり(というか全然)知りませんが、めっちゃ生きてる動物が火を吐いてるなっていう感じなんですよ。

そしてもちろん、そのあとにそれが光線になって首都圏を荒らしまくる。
強すぎるし、ほんとかっこいい。

ゴジラ、あなたの目的は一体なんなんだ。

第1位 第二形態上陸

まあ当然と言えば当然ですが、ゴジラが初めてスクリーン上に姿を見せる瞬間ですね。

誰もが「んっ!!????」ってなった、あの名場面です。
余りにも凄い。すごすぎる。

この映画は本当に名場面が山のようにあるけど、この出オチのようなシーンの衝撃が一度以上に楽しめるのは、とにかくこのキモかわ度NO1の第二形態の顔と動きがすごすぎて、どうしても何度も見たくなってしまうから!

そもそもちょっとよく分からないのですが、この方の前足はTレックス以上におまけみたいな突起でしかないのに、どうやって動いてるの???

押したら倒れそう!誰が押すんだよ!!

結局、何が言いたいのかというと

 

とにかくシンゴジラが面白い、というところです。

で、自分ながらびっくりしたんですけど、矢口以外は全部ゴジラがらみでしたね。当たり前とは言え、私は何よりもゴジラ君の事が好きだったみたいです。

そういえば今日、TSUTAYAに行ってきたら、こんなキャンペーンをやってました。

f:id:nitari-movies:20170331160709j:plain

出典:『シン・ゴジラ』TSUTAYA限定スペシャルセット★数量限定予約受付中★ – T-SITEニュース エンタメ[T-SITE]

そっこー買った!!300円だった!!

f:id:nitari-movies:20170331161749j:plain

33歳の女が若干興奮気味でこのバッグがまだあるかどうかを確認している姿を、もう一度省みることは控えておきます。

そのほかの日本映画はこちら【死ぬまでに読め!】おすすめの傑作漫画7本まとめ