ナポリのサンタ・ルチア地区は下町スパッカ・ナポリとも全く違った様相を見せる美しき南イタリアを堪能できる地域です。

海を見渡せる道の散歩は非常におすすめです。

スポンサーリンク

ナポリに「表と裏」があることに気づいた夜

※この記事は2017年6~7月にローマに滞在した際に書いた記事です。

ナポリに来てからというもの、正直言ってこの時まで食以外であんまりいい思いをしていませんでした。

治安も悪いし、街自体が観光で浮かれた感じだし、遺跡も辛いと来た。
私にはナポリは向いていないのかな~とか思っていました。

まあ、それでもナポリに滞在できるのはたったの1週間なんですね!

2か月近く滞在できるローマと違って、空気が合わなかろうがとにかくナポリを吸い尽くすしかないのです。

というわけで、午前中のナポリ見学で結構へとへとになったにも関わらず午後からまた外出。

行先は、【サンタ・ルチア地区】です。

ナポリの表舞台【サンタ・ルチア地区】は美しかった

サンタ・ルチア地区というのは、私の滞在している付近のスパッカ・ナポリから南下した、地中海の海岸線あたりの地区を指します。

もうこのころにはすっかりナポリに対して猜疑心のあった私ですが、ここはなかなか気持ちの良い地域でした。

f:id:nitari-movies:20170722211417j:plain

ヌオーヴォ城。

この近くの、ムニチピオ駅で降りました。
ここには、フェリー発着の港があって、ものすごい豪華客船が止まってたりしました。
そういえば興味がないから写真は撮らなかったな。

f:id:nitari-movies:20170722211609j:plain

ものすごく広い広場です。

プレビシート広場っていう広場で、向こうに見えるのがサン・フランチェスコ・ディ・パオラ聖堂です。

遠いので中は見てません(笑)。

そしてこの背後にあるのが王宮なんですけど、改修中でフォトジェニックな感じではなかったのでそれもスルーしました。

サンタ・ルチア、楽しかったとか言ってるのにレポートに対して若干消極的なのは、疲れからでしょうか(笑)。

f:id:nitari-movies:20170722211843j:plain

サンタ・ルチア地区の海岸通りはすごく気持ちがいいです。

スパッカ・ナポリの様子とはあまりにも違って、ものすごく近いのにこんなに違うんだなという感じ。

5つ星ホテルとかが並ぶ高級な地区らしいんだけど落ち着いていて、リゾートっぽい浮かれた感じはあまりありませんでした(時間に寄るのかな)。

f:id:nitari-movies:20170722212020j:plain

ヴェスヴィオス火山が美しいです。

あのすそ野の向こう側に、この日私は行ってきたんですね。

f:id:nitari-movies:20170722212121j:plain

卵城です。

名前は、城の基礎に埋め込まれた卵が割れると同時に、街も城と共に滅びるという伝説に由来しているらしい。

ここは入場無料なんですね。

こんな素晴らしいお城が無料で上まで登れるとかすごいなあ。

f:id:nitari-movies:20170722212429j:plain

f:id:nitari-movies:20170722212602j:plain

ヴェスヴィオス火山と逆の方角。

すごくきれいでした。
カモメがかわいい。

かわいいっていうくらいの数じゃないんですけど(ものすごく多いので)、でもまあ、かわいいです。

ナポリの裏【サンタルチアの裏通り】コントラストが面白い

f:id:nitari-movies:20170722212904j:plain

サンタ・ルチア通りです。

さっきの卵城から、その前の広場のあたりに出る一本道なんだけど、この辺もすごく美しくてゴージャスな感じがするんですね。

まさにヨーロッパという感じ。

しかし、一本通りに入ると……

f:id:nitari-movies:20170722213040j:plain

こんな薄汚れた、というか、雑踏の中に突き落とされたような街の表情を見せます。
どっちかというと東南アジアとか南米とか見たいな感じ(どっちも行った事ないけど)

さながら、表と裏だなと感じました。

で、その「表と裏」感こそが、私がナポリで本当に初めてといっていいほどに「面白い!」と思ったものであります。

スパッカ・ナポリとサンタ・ルチア地区も言ってしまえば表と裏。
スパッカ・ナポリだけを見てナポリを知ったようなことを言ってはいけないのでした。

もちろん、サンタ・ルチアだけを見てナポリを知った気になってもいけません。

欧州はいろんな都市を訪れてますけど、これほど狭い地域に表裏を擁する街はそうあるもんじゃないんですね。

すごく面白いって、初めて思いました。
ナポリって、魅力的なんだと初めて思った瞬間です。

ただし、裏通りは治安悪いのであんまり行っちゃだめです(笑)

f:id:nitari-movies:20170722213547j:plain

ここは、サンタ・ルチア地区の繁華街

高級というわけでもなく、治安もそれほど悪くもなくてキレイな通りです。

f:id:nitari-movies:20170722213718j:plain

だけど一歩入ると躍動する「裏」。

この風景なんか、完全に香港の街のようだった。

この町に来てすぐに、「南米とか香港に近い」って表現をしたもんだけど、本当にここは香港の街に似ていました。坂道なところもね。

(私香港大好きなんで)

で、ここを登って行って少し裏に入ったところに、私が探していたレストランがあったんですね。

治安的にどうなんだろうということで少し躊躇したんだけど、様子を見ながら歩くとこの辺は観光客はそれほどいないにせよ、女の子や子供が結構歩いていたのでそれほど危なくはない様子。

しかし、夕食に向かっている時間なのでちょっと怖いなと思って、7時オープンのお店なんだけど7時きっかりに入りました。

ちなみにナポリの夜の女一人歩きは止めたほうがいいと言えますけど、日没は9時くらいなんでそれまでは夜って言えません。

ナポリのレストランOsteria Della Mattonella

f:id:nitari-movies:20170722214028j:plain

このお店は、NHKで放送している「二度目の旅」シリーズのナポリ編で紹介されていたお店で、行ってみたいなあと思ってました。

でも、正直めちゃくちゃわかりづらいです。迷いました。
中はとってもきれいなタイルの壁。

f:id:nitari-movies:20170722214157j:plain

なんかね、よくわからないけどとりあえず頼んでみて、来たものがこれ。

f:id:nitari-movies:20170722214724j:plain

モッツァレラチーズに衣をつけて揚げただけのやつ。

でもこれがね、むっちゃくちゃおいしいんだよね!!!
びっくりした!

f:id:nitari-movies:20170722214843j:plain

そしてこれが私が食べたかった、ジェノベーゼパスタ
普通ジェノベーゼっていうと、バジルソースのイメージなんだけど、これは違うんですね。

「二度目の旅」シリーズでやってたけど、野菜とか肉とかはかなり長時間煮てほろほろにしたソースです。

もう、うまみたっぷり!って感じでほんとにおいしかったけど、若干甘かったな。

多分、素材から甘味が出まくっての事だと思います。
大変おいしゅうございました。

さて、ここからB&Bに戻るのにメトロもいいんだけど、大通りだしせっかくなら歩こうということに。

やたら歩きたくなるのは機嫌のいい時です。

f:id:nitari-movies:20170722215123j:plain

トレド通りっていう繁華街です。

結構広い通りなんだけどすごいなと思うのは、このありさまだけど別にここ特に歩行者天国とかではないんですね(笑)。

ちゃんと2車線あって、普通に車通ります(この辺は交通量は多くはないけど)。

ざっくばらんだよね。

f:id:nitari-movies:20170722215505j:plain

ダンテ広場です。

この裏がスパッカ・ナポリになりますんで、ここまで来たら帰ったようなもの。

サンタ・ルチア地区の感想

ここまでナポリにあんまりいい印象がなかったんだけど、この夜は本当に楽しかったな。

ナポリって本当に刺激的で面白いなあー!と思いました。

そして、ナポリの様子を多少把握できたことで、一気にスパッカ・ナポリの印象までよくなってくるから不思議ですよね。

ナポリ、住むのは嫌だなあと思ったけど、ヤマザキマリ氏が「近くに行ったときには何かしら用事を見つけて寄る」って言ったのはすっごく分かると思いました。

食だけ見ても、とりあえず行く価値はありますね。

(2017.7.7)

そのほかのイタリア旅行記はこちら!