是枝裕和監督の「三度目の殺人」を見てきました。さすが是枝監督です。ネタバレ感想です。

スポンサーリンク

「三度目の殺人」のネタバレ感想

さすが是枝監督って感じの作品でした。なかなか面白かったです。

そもそもは、一体この三隅って男がどういう理由で殺人を犯したのかがよくわからない、ミステリー調で作品自体は始まります。
そのうち広瀬すず演じる被害者の娘・咲江なども出てきて、一体なになに?どういうことなの??と、そもそも途中まではかなりストーリーが面白い。

作品のテーマ自体も割と早いうちに提示されますね。
つまり、「法廷戦略」にばかりこだわる主人公の重盛が、だんだん三隅とのかかわりによって考え方を変えていく、というのが大きなテーマの一つになっているわけですよね。

作品としては非常に淡々とした感じで描かれていて非常にリアリティに拘りを感じます。一般的な法廷劇ではカットされてしまうであろう、細部の事務的な手続きや会議なども非常に面白いですよね。
私としてはこの事務的なリアリティが非常に気に入ったので、正直言ってだんだん重盛が真実追及にのめりこんでいくあたりでは、ちょっと普通だなーと思ってがっかりしたくらいです。

途中で、実は三隅が咲江を自分の娘のように思っていたらしい(自分の娘と同じように足を引きずっていた)という事実が分かった時に、まあこれは被害者が娘を性的虐待していたからなんだろうなーということは容易に想像がつきます。
で、やっぱりその通りで、それを咲江が重盛に告白するシーンが出てきた時には、やっぱり普通だなあ、と思って、そこは大体誰もが想像できるんだから別に言わなくてもいいんじゃないかなあと思ったりもしました。

しかし、その後、その娘の咲江を助けるために三隅が自供を覆したわけで、この展開が必要だったからこそ、ここで咲江が虐待を受けていたことを明らかにする必要があったのだろうと思います。

さて、以上がこの映画の簡単な流れです。
それを踏まえて、いくつかの視点で考えをまとめていこうと思います。

視点①死刑制度に関すること

私がこの記事のタイトルにもしたことですが、この映画は国の司法そのものに疑いを持たせる作りになっています。この映画は、明確に死刑制度に反対というメッセージをはらんでいるわけです。

もちろん、この映画が描いているのは司法の危うさであって、直接死刑制度反対というメッセージだけを持っているということではありません。しかし、結果は同じです。
そのことについては、三隅が似たような疑問を重盛に投げかけるシーンもありました。

先ほどの書いたのですが、この映画の前半部分は特に、人の命にかかわる裁判だというのに、ものすごく淡白というか、完全にビジネスライクに描かれていますよね。
重盛も元々はそういう考えの人でした。
しかしながら、事件を追ってゆくうちに人間性にかかわるようになり、最後に三隅が自供を覆した後の「会議」では、裁判官は「司法経済(だったかな?)」という言葉まで出しています。

そういうことに対しての批判的な様子が非常に濃く見受けられるのですね。

私自身は、昔は死刑制度に反対するとかいう考えすらなくて、別に普通のことだと思っていました。それだけの悪いことをしたのだから、殺されても当たり前だよね、という。
しかし今は死刑制度には反対です。

死刑制度に反対する人って、いろんな理由があると思うんですよね。
まあ、非人道的だとかいう人もいると思うし。

しかし、私は別に非人道的だからではなくて、単純に司法を過信してはいけないよな、という風に思っただけです。

世の中には「絶対」なんて言うものはないんだから、冤罪で死刑になる人もいるかもしれないし、いたかもしれない。という考えに近いのですが、それとも厳密にいえばちょっと違っていて、冤罪の可能性が確実に0で、100%その犯罪者が悪かったとしても、それを殺す権利ってあるのか?
そこに、司法というか、人間に対する過信があるような気がしているんですね。

それを考えたのは実は結構最近のことです。だから、この映画を見てすごく納得したというところもあります。
ああ、やっぱり死刑はまずいよ、と。

一体だれに、三隅のしたことを否定する権利があるというのか?
そういうことを、この映画は言っているんですよね。

視点②様々な点で説明的な暗喩

この映画は、説明的なセリフというのが一見ないように見えますが、実はかなりたくさんの暗喩によって、観ている側の印象を操作しようとする動きを見て取れます。

まず初めに気になったのは、「食べ物のシーン」

食べ物のシーンがこの映画の前半ではすごく多いです。
実はこの食事シーンはそれぞれ非常に重要な意味があります。例えば、一番初めに秘書の女性が資料の死体写真を見て、「しばらく焼肉はいいわ~」といっているのに、そのちょっと後のシーンではみんなで仲良く焼肉を食べています。そんな死体写真の印象などさっぱり意に介さないという場面です。

それから、三隅の好きな「ピーナッツバター」の差し入れですが、その直後のシーンで重盛も同じのをパンに塗ってさりげなく食べていました。たぶん、三隅のを買ったときについでに買ったのでしょう。そのくらいの軽さだということか。

どこかへ行くたびに部下に用意させるとらやの羊羹。あれは、免罪符のようなものなのでしょうか?

「生まれてこなくてもよかった人間なんかいない」という部下に対して、「人の命は選別されているんだ」と三隅が反論する際に食べているのは、ファーストフードの牛丼。

なんでこんなにたくさん食べ物のシーンがあるのか?
食べ物=生きることだからだと、普段から私は解釈しています。

普段から、というのは、そういうことを大切にする監督が非常に多いからです。宮崎駿とかね。
是枝監督も、パッと思いつくところでは海街diaryでカレーを食べるシーンとか、「誰も知らない」のラーメンのシーンとか、それ以外にもたくさん食べるシーンがあったよね。

で、今回もだから食べるシーンにたくさんの意味をくっつけてきたんですよね。
その証拠に、三隅が死に向かってゆく裁判が始まってからは、食べるシーンとかかなりなくなってきました。後半で非常に重要な「食べるシーン」は、三隅が支給されたコッペパンにピーナッツバターをたっぷりつけて食べるところです。

視点③カメラワークでのメッセージ

この作品では、カメラワークでも様々なメッセージが見て取れました。
一番重要だな、と思ったのは、三隅と重盛の面会室でのカメラワークです。

始めは3人の弁護士対三隅だったのが、後半に行くにしたがって三隅と重盛の二人だけになりますよね。

最も気になったのは、三隅が「自分が殺した」との供述を覆したシーンです。
あのシーンでのカメラの位置は、最初はこのようになっています。

しかしながら三隅の「自分は殺していないんだ!」という話に熱が入り始めると、いきなりある瞬間にパッと逆側にカメラが移動して、二人の位置は反転します。

映画の世界ではこういうカメラの切り替えは、よっぽど意味がないと絶対にしません。この場合は、立場の逆転なのか、主張の逆転なのか、とにかく「逆転」を表すのに明確な意識で表現していると思います。

そして、最後の二人のシーン。
三隅の死刑が確定して、最後に二人が言葉を交わすシーンでは、ガラスに映った重盛を映し込んでこのようなカットが生まれています。

これまで相対する存在だった二人の向いている方向が重なり、「同じ方向を向く二人」として表現されているわけですよね。
それは、途中で三隅と重盛が図らずも意見を同じくする(人の命は意味もなく選別されている)からなのだと分かります。

他にもいくつも気になるシーンはありました。
重盛が強化ガラスに手を当て、その熱を三隅が受け止めるシーンと対峙しているのは、三隅が「自分は殺していない」と供述を変えた時に狼狽した重盛がガラスについた手を受け止めない、という表現で使われています。

以上のように、とにかくこの映画には暗喩が多いし。見れば見るほどますますいろんな意味が出てくるのだろうな、と思います。

(面会室に入るときに、足元を見せるカメラワークとか)

正直言って微妙な点

しかし、ここまで言っておいて申し訳ないんだけど、私は別にそれがすごくよかったとか思えないんですよ。

はっきりいって、ウザいっす!!!!

他の人は気づいたか知らんけど、正直言ってあざといしクドいしうっとーしいし、気づいちゃったからには非常に説明的!!!
セリフにも結構そういう暗喩めいたものがありますが、しかしこの映画が言っていることは結構普通のことだったりするので、なんつーか全体的には「鬱陶しい映画だなー」と思わんでもなかった。

ばれないようにやってくれよとしかwww

多分、暗喩に対してストーリーがあまりにもわかりやすいからだと思うんですよね。暗喩の多い映画は大体、ストーリーが漠然としてたりしてあんま意味なかったりする場合は結構いいと思うんだけど、ストーリーが普通にわかりやすいのに暗喩まで多かったら、「もうわかったし!!!」って思うしかないわけよ。

タイトル「三度目の殺人」の意味

結局、三隅は殺したのか?という点。
これは普通に考えたら、重盛が言ったように「咲江に虐待を証言させないため」という事なんだろうなあ、と予想できる作りになっています。

しかし、実はそこはタイトルを見れば明々白々。
「三度目の殺人」の「三度目」というのは、「咲江を助けるために自分が死刑になること」なわけですよね。

という事は、映画の中では森重が「咲江に虐待を表現させないためなんだろうなあ」とぼかした感じに終わってますけど、タイトルが説明しちゃっているのでこれが真実という事で決定です。

うーん。ここもやっぱり説明しちゃいますか。

これも特に重盛に説明させずに終わってもよかったんじゃないかな~と思うんですよね。それでもタイトルを見れば十分に伝わるわけだから。

それまで面会の度に三隅が一方的に天気の話などをしていたのに、最後の面会のシーンで初めて重盛が桜のつぼみの話をしていましたね。
あれは私はすごくいいな、と思ったんだけど、欲を言えばあの話の延長で、核心的な話をせずに二人が笑顔で終わるくらいの感じでよかったと思います。

役者たちの評価

しかし、今回もというか、役者よかったですねえ~。
福山雅治もよかったけど、やっぱこの映画で圧倒的によかったのは役所広司でしょう。

「関ケ原」では正直、他の役者に比べたら意外と微妙かなと思ったりしたんだけど、もうこの映画では圧倒的に良い!!やはりすごすぎる役所広司。
広瀬すずも闇を背負った感出ててよかったですし、吉田鋼太郎の軽薄そうな感じすごくいいですよね。満島真之介も、出てきたころヘタだなーとか思ってたけど最近はすっかり好きな役者です。

斉藤由貴の闇も、素じゃないの?と思うくらいでほんとよかったと思います。

結局どう思う?生まれてきた事が間違いな人っていると思う?

この映画で繰り返された「人の命は意味もなく選別されている」というセリフの意味がよくわからないんですよ。

途中で部下が、「生まれてきたことが間違いだった人間はいない」みたいなことを言いますよね。それに対して重盛が、「俺はそうは思えない。なぜなら、人の命は意味もなく選別されているから」って言いますよね。

そのセリフの意味が全然分からないのだが??
なんで、「選別されているから、死んでいい人間がいる」ってことになるのか?

結局、三隅は被害者を「選別」する側に回った。
もともと、重盛は「選別」する側の人間だ。

ここの「選別」ってものの可不可が私にはよくわからないんですよね。
え?どういうこと??宗教的な話?

そもそも、三隅が殺したインコ(だっけ?)のとこに十字を書いたり、十字に焼けるように火を付けたりとそこに関しては暗喩の意味が私には分からなかったですね。
善悪の話なのかな?とか思うんだけど。

例えば、「死んでいい人間なんかいない(ていうか、生まれてきたことが間違いである人間がいるか)」の議論の時にパッと思い浮かんだのはヒトラーでした。その直後に「選別」という言葉が出てきた時には、ユダヤ人虐殺の時の悪名高き「命の選別」を思い出しました。

例えば人がヒトラーを殺すことの良しあしを考えた時に、「生まれてきたことが間違い」なんじゃないかなっていろんな人が思うと思うんですよね。そういうことなんじゃないかと。

私は、ヒトラーを生んだのは時代であり社会なので、ヒトラーが例えば生まれてこなかったとしても別の誰かがヒトラーのようになったと思うんですよね。
それはスターリンでも、バグダディでも金正恩でも同じだと思う。
ヒトラーを生んだのは社会。でもまあ、ヒトラーは死んでくれてよかったと思いますけど。

それを考えてみても、「生まれてこなかった方がいい人間」論は結局この映画ではどっちかといえば肯定的だったのかな?と思ってしまって、ちょっとそれだと倫理観自体がどうなんだろう……と、この辺はちょっとよくわからないです。正直。

そうではなくて、もしも司法が三隅を死刑にすることができるのならば、どうして三隅には被害者を裁く権利がなかったのか?(=何者にも人を裁く権利などないのだ)というメッセージと考えたほうが自然です。
しかし、それにしてはあまりにも被害者の分が悪すぎる。

被害者は写真でしか出てこないけど、食品偽装するわ娘を暴行するわで一ミリも良い描写がないわけ。死んでよかった感が半端ない。
それだったら、まるで「司法が三隅を死刑にする権利があるのだから、三隅が被害者を裁く権利があるのだ」と認めた作品とも思えるわけですね。

でもそんな結論の映画は見たことがない。成り立つわけがない。
私の読みが甘いのだろうが、ちょっとここはよくわからなかったので、だれか意見をくれたら幸いです。

ちなみに、「生まれてこなかったほうが正解」論ですが、私自身は、生まれてこなかったほうがいい人間っていう考え方自体が無意味でどうでもいいなと思いますね。
そんなこと言ったら人間という存在そのものを否定することにも似てると思うし。

「三度目の殺人」まとめ

とまあ、いろいろ言いましたけど、映画としてはかなり出来がよく、非常に面白かったので、おすすめしますよ!!

「さすが是枝」とか言いながら物凄く面白かったのに、ついつい厳しい目で見てしまったな!!笑
見て、いろんな議論が交わされればいいなあという映画でした。

<こちらもおすすめ!>
【そして父になる】感想・是枝裕和は本当はウザい男なのかも。

そのほかの日本映画の記事はこちら