【ローマ国立博物館①】マッシモ宮とディオクレティアヌス浴場跡続きです。

ローマ国立博物館といえば、

  • マッシモ宮
  • ディオクレティアヌス浴場跡
  • アルテンプス宮
  • クリプタ・バルビ

の四館ですが、非常に重要な博物館なのに四館がたったの7ユーロで観れちゃうという、めちゃくちゃお得な博物館です。

行かずにおくべきか。
今回はその中から「アルテンプス宮」「クリプタ・バルビ」をご紹介します。

ローマ国立博物館見学みどころ②

アルテンプス宮

アルテンプス宮はローマ国立博物館で、ナヴォーナ広場のすぐ裏に位置しているので立地は非常にいいです。
もともとは16世紀にアルテンプスさんという枢機卿が持っていた館が博物館になっている。
古代彫刻のコレクションが非常に多いです。

中に入るとまずは中庭があって。

美しい中庭です。
中は彫刻に次ぐ彫刻の数々。

とにかく大量の彫刻がある。

これが、かの有名な「ルドヴィシの玉座」です。

まあ、「かの有名な」とか言っていますけど、よく知りませんでした。
乙女が海から引き上げられている図だそうです。

どうしてこれがそれほど有名な彫刻なのでしょうか。
調べてみたらこの彫刻は紀元前5世紀に彫られたオリジナルの彫刻だそうです。

紀元前5世紀っていうのはすごいですね。それでこのクオリティだもの。

水浴するアフロディーテ。

自害するガリア人

これはかなり広い部屋に置かれていてめちゃくちゃ印象的でした。
構図がとにかくドラマチックでウケました(←笑うとこではないがw)

妻を殺して自害している像ということで、妻の死にっぷりもものすごいなと思うわけですが、男がよく見ると自分の鎖骨のあたりをぶっさしている。
まあ「自害するガリア人」なんで自害している様子なのだけど、とにかくものすごく権幕ですよね。

カピトリーニ博物館の「瀕死のガリア人」と対になっているそうです。新館にあったやつかな。

別の角度から見てもまたすごい。

部屋が美しいのですが、なんか二つだけ鑑賞用の椅子みたいなのがおいてありますね。

こんな美しい天井画の回廊。
オープン間もなく入ったので、ガラガラでした。

以上がアルテンプス宮の主な見どころです。
とにかく彫刻が多かったですね。

見どころは主に3階に集約されていました。

クリプタ・バルビ

クリプタ・バルビはローマ国立博物館の中では最も小さくてマイナーかもしれません。

場所は、トッレ・アルジェンティーナのすぐそばです。
ヴェネツィア広場からも近いので、見学しやすいかと。

しかし、エントランスがものすごい地味なので、ここであってるのか不安になった。
上の写真の一番右のガラスドアです。

しかし中は非常に明るくてキレイでかっこいいんです。
この博物館は、古代ローマ遺跡に建てられたものです。

敷地はそれほど広くないんだけど、地下遺跡の見学もできて面白い。

多分、こんな感じでアーチがあったよというような表現だと思うんだけど面白いですね。

このオブジェの建てられている階は地下で、そこまで降りることもできます。

地下の一角です。

地球の歩き方2016によると、地下遺構見学はガイド付きという風に書かれていますが、私が行ったときには自由に見ることができました。

地上2階(イタリア式3階かな)まで確かあったと思うけど、地下遺構が一番面白かったです。

陶器とかガラスの器やいろいろな道具をはじめ、宝石やら碑文やら、とにかく大量の出土品の数々でした。

いちいち説明を読んでいたら日が暮れますね!

ローマ国立博物館見学みどころまとめ

ローマ遺跡が好きな人なら、地下遺構はなかなか見ごたえがあるのでおすすめです。
出土品はとにかくローマ国立博物館全部が大量すぎて途中で私は飽きた←はっきりw

ブログではアルテンプス宮とクリプタ・バルビの紹介を後半にしたけど、実際はこちらのほうを先に見ておりまして、元気楽しく見れたんだけど、翌日のマッシモ宮&ディオクレティアヌス浴場跡ではもうかなり疲れてしまいました。

4館合わせるとほんとに猛烈に広いです。ガチです!w

石膏像と石碑はもうおなか一杯である。
しかしどちらも非常に面白いものが残っているのでおすすめ!

もし全てを訪れる時間がないようだったら、私はマッシモ宮をお勧めします。
リヴィアのフレスコ画が超絶美しかったし、モザイクも彫刻もすごく面白かったので。

遺跡が好きだったら、ディオクレティアヌス浴場跡とクリプタ・バルビ。
特にディオクレティアヌス浴場跡はすごい迫力だった。

彫刻が好きならアルテンプス宮かな。
チケットは3日間有効なので、ゆっくり見ることができるし、とにかく安いんでとりあえず駅前のマッシモ宮とディオクレティアヌス浴場跡だけでも行かれることをお勧めします!

※ローマ国立博物館その①↓
【ローマ国立博物館①】マッシモ宮とディオクレティアヌス浴場跡
そのほかのイタリア旅行記はこちら!

NITARIのTwitterで更新情報を見る!
NITARIのFacebookで更新情報を見る!

おススメ記事をチェック!↓
「映画が好き!」を仕事にする!方法を完全解説!