昨日の夕方からナポリに滞在しています!

ナポリはすごいです。
ちょっと気を抜くとすぐに勢いにやられてしまいそうなほどに激しい町ですよ。

スポンサーリンク

ナポリでの四連続トラブルにさすがのNITARIもぐったり

※この記事は2017年6~7月にローマに滞在した際に書いた記事です。

ナポリはローマから車だと2時間半くらいの港町です。
多分、だれでも名前は一度は聞いたことがあると思う。

とにかくナポリはすごいです。
まず、何よりもまず交通がすごい。

交通量が尋常じゃないのに、スピードは出すし、譲らないし、車間距離がめちゃくちゃ狭い。

とりあえず歩道が信号青でも人がいなければバイクなら無視してくるし、とにかく危ないなんでもんじゃないです。

あと、人がローマと違いますよ。
町も汚いし、雑多丸出しで、とにかく勢いがやばい。

あとたまに臭い。

欧州というよりは、ソウルとか香港とかのほうが近い感じだし、たぶんもっと近いのは南米とかなんじゃないかなーと思います。

とにかくうるさいです。歩いてて疲れます。
見るからに治安も悪そうですね。

観光についてはまたおいおいレポしますが、トラブルが連発しています!

ナポリでのトラブルその①スリ未遂

これは本当に危なかったなーと思うんです。

私はナポリに長距離バスで到着したんですね。
で、当然ですが全財産を身に着けているわけです。

重いスーツケースと、リュックと、斜めがけのショルダーで身動きの取れない状態。

で、初めての都市で、人が多くてとにかく大変ですよね。
まず、メトロの乗り方も違うわけ。

なんとか乗るメトロのホームに到着して、そこでガイドブックを開けてちゃんとあってるか確認していたら、

つんつん、

と男性に声をかけられて、

 

「バッグ空いてるよ」と。

 

気づいたら、パッカー!!ですよ。

 

f:id:nitari-movies:20170707024951j:plain

 

ひえええええええ!!!!

 

しかし、NITARIをなめちゃいけない。

こんなことは完全に想定内で、そういうこともあろうかと、リュックには貴重品は一つも入ってない。

しかも、手元の斜めがけのバッグにすら入れていない。

首から下げる用の小さなポシェットにパスポートとお金は入れて、Tシャツの中にしまっていました。

その上、万全を期すために小さなチェーン付きのポーチにクレカの半分と現金の半分も入れてベルトループに括り付けて置いてあったし。

どのようなレベルのスリが現れようとも、決して盗られようがない準備をしたうえでのスリ未遂だったので、問題なし。

ああ、やっぱやられるんだな、というくらいでした。

まあ、本来ならガイドブックとかを地下鉄のホームで開くのはNGなんですが、でかいスーツケースを持っている時点で全財産持ってることを知らせて歩いているようなものなので、関係ないですね。

ナポリのトラブルその②Wi-Fi不通

さて、やっとの思いで宿に到着。

今回は、部屋だけ個室のいわゆるB&Bというところに泊まります。

まず、エントランスとかがすごい汚い。
エレベーターの使い方もいまいち不明。

まあ、とにかく立地重視で選んだところだし、文句は言えまい……

しかし、部屋はなかなかきれいで。

f:id:nitari-movies:20170707025927j:plain

しかもここは個室にシャワーとトイレが付いているので、かなりいいんです。

ところが。

ホストの女性(片言英語)

「Wi-Fiの工事をしてるので今Wi-Fiつながらないの。今日は使えない。明日は使えるかもしれないけど、わからない」と。

 

え。

 

一番困るヤツじゃん。それ。

でもまあ、とにかくWi-Fiがつながらないんだから仕方ないですよね。

とりあえずアパートを出て、近くにWi-Fiフリーのカフェを探しに。
でもすぐに見つかって、家族と連絡取ったりして、とりあえず観光に行った。

とりあえず観光の話は又にするとして……

(ちなみにトラブルではないんですが、見学した地下遺跡の英語ツアーが面白くなくて、その点でもがっくり)

ナポリのトラブルその③ぼったくり

で、とにかく翌朝ですね。
今朝のことです。

とりあえず今日はさっそくポンペイへ行くぞ!と思って準備して出かけて、昨日のカフェでカプチーノとお水をもらったんですね。

で、Wi-Fi繋いでネットして、お会計が5ユーロ。

カプチーノとお水だけで5ユーロ。。

絶対ぼったくってきてる……

 

f:id:nitari-movies:20170707030442j:plain

だって昨日そんな金額じゃなった!!
でもこういう時強く出れないのが、案外気の小さいNITARIなんですね~。

その店員を見ながら、

「頭の悪そうな男だなあ」

とか思ってたのがばれたのだろうか。

まあ、いっても大した額ではないです。
よくあることですね。

さて、まあとにかくと思ってカフェを出て、とりあえずWi-Fiの新しいパスワードがメールで来てたので繋いでみようと宿に戻って(そもそもネット環境ない私にメールしてくるのもね、と思ったけど)、繋いでみてからまた宿を後にした。

そこからちょっと中央駅まで歩いてみようと思って。

ナポリのトラブルその④迷子&ストライキ

したら迷った。

思いっきり道間違えて、20分で着くところ40分くらいかかりました。

駅に着いたのが9時半で、朝一行動派の私としてはこの時点でもうポンペイ見学は諦めて、別のエルコラーノって遺跡に行くことにしたんですね。

まずは、3日間有効のナポリのアルテカードっていう観光パスを購入……

と思ったらカウンターで、

「今ストライキ始まったから13時半まで交通機関何も動きませんよ」

と言われた。

 

え。

マジで。

 

とりあえずパスを買って、中央駅で呆然とする私。
どうしよう。

 

昨日からの連続のトラブルで、さすがにちょっと疲れてきた。

とにかく帰ろう……

 

しかし、メトロも例外なくスト。

f:id:nitari-movies:20170707031122j:plain

仕方なくダラダラと歩いて、せっかくなのでいくつか観光してお昼にはいったんアパートに戻りました。

ナポリの洗礼かと思うほど、トラブルが続いた件

まあ、一つ一つは大したことではないんですけど、一気に来て疲れました。

あと、道に迷う、とかは別に自分のせいなんで(笑)
あと、生理前だからイライラしているのかもしれない(笑)

とにかくナポリの雑踏がうるさくて暑くて疲れる。
なんか、港町特有の浮かれた感じもあるんですね。

それもまたものすごく苦手。

前にも思ったけど、とにかくリゾートが嫌いなんですけど、ここってポンペイはもちろんのこと、カプリ島やらアマルフィ海岸の玄関口として有名な都市なんですね。

だから来ている観光客も浮かれた感じになっているし、受け入れる街もごった返し状態。

今のところ、苦手です。

しかしナポリにもいいところはある。

酷評に近いことばかり言っていますけど、しかしながら圧倒的に優れた点があります。

それはですね。

まだ何食かしか食べてないんだけど、とにかく美味いですね。何を食べても。

今日の昼は時間もお金もないから、アパートの最寄りのピッツェリアで一番安いパスタを頼んで5ユーロだったんだけど、

f:id:nitari-movies:20170707031627j:plain

こんななんの変哲もないふっつーのパスタ(何なら不味そう)なものが、あまりにもめちゃくちゃ美味くて衝撃だった。

 

f:id:nitari-movies:20170707031759j:plain

あと、どこにでもあるライスコロッケみたいのなんですけど、とにかくこれがおいしすぎてすでに2個は食べました。

f:id:nitari-movies:20170707031915j:plain

とにかくおいしいです。

中はトマト&チーズ味だったり、ピスタチオだったり、いろんな種類がありますが、とにかく、とにかくおいしいです。

優れた食文化というのは正義だと思いますね。

よく思うんですけど、いくら「美食の町」とか言われている町でも、実際に優れた食文化のある街だったとしても、適当に入ったカフェやストリートフードがものすごく安定しておいしい、ということが一番の「美食の町」だと思うんですね。

いろんなところを旅してきましたけど、「美食の町」とか言われてて適当に入ったカフェとかでおいしくないものを出されることは非常に多いので(パリとかね)。

そりゃフランスとかは一つの食の歴史を作った国だから、おいしいものはおいしいんだと思うんだけど、安くてこだわりのないカフェやビストロでもおいしいものを出してくれるかといえば疑問です。

その点、まだ2日しかいませんけど、ナポリはいい意味でやばい感じがする。

あ、ローマはちなみに、おいしくはないです。

今までの経験上、どこに入っても大体いつもおいしいのはソウルくらいですかね。

あの街は安っぽい定食チェーンでも安定して美味しいものが出てくるし、ご飯やナムルや野菜は食べ放題で無料だし、ものすごくおいしいのにものすごく体にいいものが大量にあるし、ですね。

この旅行でも何度ソウルのことを思い出したか。

とにかくそういうわけで、とにかくナポリはおいしい!!

この町はとにかく、ピザが主流なんだけど、しいて言うなら私はピザは週1くらいで十分なので、まあその点だけはね。

あと、もっと難点なのは野菜がどこを見ても見当たらない。
ローマ以上に野菜がない感じ。

まあ、1週間だし、何とかなるでしょう。(ヤケ気味)

つづく(2017.7.6)