この大傑作をまだ観ていない残念な方のために、手取り足取り詳細にネタバレして、しかもすごく丁寧に解説までしちゃう、そんなナイスなブログ記事。

 

f:id:nitari-movies:20170420225938j:plain

 

スポンサーリンク

「クレイマー、クレイマー」ネタバレ&結末

テッドとビリーの、奮闘の日々の前半

この映画はテッドの妻であり、ビリーの母親であるジョアンナが家を突然出てく行くところから話は始まります。

で、最初はあんまり説明がないもんだから、本っ当にジョアンナはマジで自分勝手!!!!と思います。

つーか、結局最後までそういう風に思って終わっている人も多いかもしれません!
私も初めて見たときにはそんな風に思いました。

 

順を追って話しましょう。

まず、ジョアンナが突然家を出てしまう。

夫のテッドは大慌てですね。
なんでかっていうと、そもそもテッドは仕事人間過ぎて家の事が全然分からないわけなんです。

息子も小さいのでどうして母が突然いなくなったのかも分からない。
テッドもうまく説明はできないし、そもそも朝ごはんひとつまともに作れない。

で、なんかぐちゃぐちゃのフレンチトーストを作ってみたりします。
まあ、全然作れないわけなんですけどね。

 

テッドは子供の送り迎えとかしながらも、もちろん仕事もあきらめない。
しかし子供の世話をしながら仕事をするっていうのは、当時のアメリカだとものすごく大変だったんですね。

今はどうか知りませんが、とにかく30年以上前は本当に難しかった。
日本はまあ今もこんな感じですかね。

でも、色々ありながらも父子だんだん歩み寄ってゆくわけですけど、ある日、ちょっと目を離したすきにビリーが大けがをしてしまいます。

で、テッドはビリーをかかえて全速力で病院へ。
(このシーンは本当にダスティンが子供を担いで、かなり長距離を走っています)

てんやわんやですけど、大事には至らず。

ビリーの養育権を争う後半部分

しかしながら、子どもの世話に時間を費やしていたことで、元仕事人間テッドはクビになってしまうんですね。本当に酷い話だ。

しかもそんな折に、元妻のジョアンナがやってきて、「子どもを返せ」とかいう。

 

キレるテッド。

そりゃあ当然だぜ!!!とかは思う。

 

で、そこからは養育権を争った裁判です。

しかしテッドは何しろ無職なわけで、そんな状態では養育権なんかを勝ち取れるわけがない!ということで、大慌てで再就職します。

しかしながら、裁判では負けてしまうわけ。

失意のどん底のテッド。
テッドとの別れの前日、ビリーは父と離れ離れになることで涙します。
もうここはほんとに泣けるやつです。

で、母親が迎えに来る当日、今はすっかり上手になったフレンチトーストを二人で作って、母親が来るのを待っています。

しかしジョアンナは、「テッドと二人で話したい」と言い、マンションのロビーにテッドを呼び出します。

彼女が涙ながらに言うには、「ビリーの家はここよ」。

ということでジョアンナが息子を諦める、という話です。

 

うーん。これだけ読んでいると「どんだけ自分勝手な母親だよ!!」となりますよね。

まあ上にも書きましたが、観終わった後にもそういう感想を持つ人は非常に多い映画だとは思います。

 

果たして、この映画に描かれるジョアンナは、本当に自分勝手な女性なんでしょうか?

 

「クレイマー、クレイマー」感想と考察

昔と今の、この映画を観た印象の決定的な違い

この映画はとにかく素晴らしい、というのは既に一般論です。

この父子の奮闘ぶりはとにかく感動的で、温かい気持ちにもなるし手に汗握るものだと、私も小さい頃から感じてきました。

一方で、私の中ではこの映画のジョアンナは「悪役」の立場でした。そういう風に感じている方はそれなりに多いと思います。

どんな事情があろうとも、旦那はともかく子供を捨ててはいけない、と思っていました。今でも、子供を捨てるという決断には考えされられるものがあります。

この映画は「女性の自立」に関して描いている

近頃の日本の社会問題の最も大きなテーマの一つが「少子化」にあると思います。私もこのテーマに関しては関心があり、いくつか本を読んでみました。

その中に、古市憲寿氏の「保育園義務教育化」という本があります。名著です。

 

 この本は「はじめに」で、「お母さんが人間だっていつ気づいた?」と言っています。私はこの導入部分にドキッとさせられました

 冷静に考えればわかることだが、「自分の親」、特に「お母さん」となると、その人も人間であることを忘れてしまいがちだ。
 同じ人間であるはずの母親も、「お母さん」という名前が与えられた途端に、何を頼んでも聴いてくれる超人のような存在だと錯覚されてしまう。(中略)

古市氏は続けます。

 日本には今、二つの大きな社会問題がある。少子化と労働力不足だ。
 そんな時代に子供を産んで(少子化解消の貢献)、なおかつ働きたいと思ってくれる(労働力不足に貢献)お母さんは、本来なら国が表彰してもいいくらいの存在だ。
 それなのに現実に起きれいることは完全に真逆。(中略)もう完全に異常だとしか思えない。

 本文より引用

「クレイマー、クレイマー」は、「妻の家出」から唐突に話がスタートしています。これは単に、観客を夫であるテッドの目線に据え置いて話を進めているからです。

それが証拠に、テッドが息子を置いて出て行った妻に対して嫌悪感を抱くのと同じように、観客である私たちも彼女を嫌悪します。

今見たら古い、と思いたいところですが

一方で、この映画では「子を持ちながら仕事をする難しさ」に対する社会批判が含まれています。

この仕事人間のテッドが、妻が出て行った途端にプライベートに時間を費やすことになって、仕事に支障をきたすようになります。この、仕事に支障をきたし方が、今の日本の社会にもすごく似ていて、改めてびっくりしました。

テッドはどんどん立場が悪くなって、しまいにはクビになってしまうという。
今のアメリカだったらそんなことはないだろうし、ドイツや北欧あたりだったらたぶん「どんだけだよwwww」と一笑に付されてしまう展開。

それはそのはず。だってこの映画、制作されたのは1979年なんだもん。

男女平等に関しては……まあ、今も結構微妙な感じになりましたけどね……
トランプとか出てきてるしね……

 

でも、働き方に関しては「いやいやいやないだろwww」という感じに外国ではなるでしょうね。

 

日本ではならないけどねー!!!
今の日本にぴったりな映画じゃないですかね?
30年以上前の映画ですけど。

 

妻がどういう思いでいたのかは裁判で明かされる

この映画のねらいは、とにかくテッド目線ですべてを描いていて、後半の裁判シーンで初めて妻に本音を語らせることで、社会に対しての批判を描写する、というところ。

ジョアンナが仕事をしたかったのに辞めなければならなかった事とか、ジョアンナにとっての結婚が何だったのかということが描かれます。

これって本当に今の日本でも議論されているようなことなんだけど(議論された結果なんの解決もされてないしな)、今見ると本当に先進的でびっくりするわ。

 

かなり社会的なメッセージが込められているんですね。
若い頃観たときには全然気づかなかった。ダメですね。

 

日本ではこの映画の評価は未だに「子供のために頑張る父親の絆の映画」との意見が一般的なように思えます。

この映画は、リベラルな感性を持っている人であればだれもがジョアンナの事を責められない作りになっているのに、たぶん日本ではいまだに、「ジョアンナは悪」ってことに収まってる気がするわ。

つまり、この映画は男女平等女性の自立子育てをする親に対してどのような考えを持っているのかが分かる、のようなものなのかも知れないね。

 

「クレイマー、クレイマー」のオススメ度は?

この映画、ほんっとうにオススメ中のオススメです。

だけどこの映画を観るときに気を付けてほしいのが、息子を捨てるってことはジョアンナは悪だってはじめに思わないでほしいです。

人は追い詰められたときに、見境のない行動しかできないときがあるんです。
問題は、「どうしてそうなったのか」ということです。

心を開いてみてもらえれば、今の日本にも通じる重要なメッセージを受け取ることが出来ると思います。

<こちらもおすすめ!>
【映画まとめ】泣いて笑える必見の傑作ファミリー映画7本
そのほかの人間ドラマの記事はこちら