今回は、欧州を中心に80か所以上の美術館&博物館を訪れてた筆者NITARIが、美術鑑賞初心者向けに、美術鑑賞の極意を語ってみようと思う。

スポンサーリンク




NITARIがおとずれた美術館&博物館

まずはNITARIがどんな美術館を訪れた事があるのか、記事にまとめているのでご参考にしていただきたい。

 NITABI!! 
NITARIが訪れた世界の美術館&博物館【全記録】 | NITABI!!
https://nitabi.net/all-museums/
NITARIはいままでいろんな国を訪れて美術館を巡ってきた。今回は「全記録」という事で、どの都市のどの美術館&博物館を訪れたかを覚えている限りで思い返し...

以上が大体の概要だが、抜けている可能性もあるので実際はおそらく90館近くは訪れているだろうと思う。

今回はそんな私NITARIが、美術鑑賞の極意を伝授したい。
ちなみに今回書くことは、特に海外の美術館に限らず国内の美術館にも共通することなので参考にしていただきたい。

美術鑑賞の極意

ここまで煽っておいて申し訳ないが、まあ特に美術鑑賞に極意なんていうものはない。美術館に行ったら、それはもう好き勝手に自分の見方で見ればいいのである。

しかしながら、ここでは一応初心者向けのHOW TO 美術鑑賞記事という事で、こんな感じで観たら面白いよ~という事をご紹介したい。

極意①美術館&特別展のコンセプトを把握する

それぞれの美術館にはほとんどの場合、必ずと言っていいほどテーマやコンセプトが存在する。特別展、企画展の場合はまず100%存在するので、まずは美術館を訪れる際に、そのテーマやコンセプトだけでもサラっと把握しておくことが好ましい。

例えばその美術館が、古典美術館なのか、近代美術館なのか、現代美術館なのかだけでも把握しておくとよい。

本当に初心者向けになるが、そのためには「古典美術」「近代美術」「現代美術」などの本当にざっくりとした美術史と、有名な画家をほんのちょっとだけ知っておくといいと思う。

ちなみに、「古典美術~」などは分かりやすいように私が勝手に書いているだけで、実際は割と、「ルネサンス美術」とか、「印象派」とか、「シュールレアリズム」といった、美術運動のジャンルみたいな書き方をされることが多いので、そういうのをざっくりと知っておくだけでもかなり楽しい。

極意②その美術館の目玉作品を把握する

これは誰でも結構やっていることだと思うのだが、美術館っていうとかなりの作品数があるため、どの作品が注目の作品なのかはよほど詳しくない限りわからない。

そんな時は、「地球の歩き方」のようなガイドブックで予習して、どこにどの作品があるのかをまず把握して観ると分かりやすい。

欧州の美術館なんかは本当に広くて1日で見て歩くのもやっと、という場合も多くある。そんな時には、観たい作品を事前に把握しておくのは非常に重要な作業だ。

しかしそんな美術館の場合は、館内マップに既に注目作品がピックアップされている場合もあるので、その通りに鑑賞すれば問題ない。

目玉作品の見つけ方

欧州に限らずどこの美術館でも、「オーディオガイド」というものが存在する。イヤホンを耳に付けた無線みたいなものや、携帯電話のような形をしているもので、しかるべき作品の前にあるヘッドホンマークの数字を入力すると解説が流れるというものだ。

オーディオガイドのポイントアイコン

これは美術鑑賞にはなかなか利点があるとおもう。しかし私は鬱陶しいのでほとんど利用したことがない。本当は利用したほうがより知識を深められるのかもしれない。

ちなみに、当然だが海外の美術館の場合、解説が英語のことが多いので英語が堪能でないと意味がない。

私は基本的にはガイドは利用しないのだが、裏ワザとしては、先ほどの「ヘッドホンマーク」の貼ってある作品は「注目の作品だ」という目安になるので、しっかり見るようにしている。

80館訪れたといっても別にめちゃくちゃ美術に詳しいわけではないので、一目見ただけでこの作品が「ティツィアーノの作品だ!」とかまではわからない事も多い(もちろん分かる作品もあるが)。

なのでこのマークの作品を見て、画家の名前をチェックし、ガイドを読む、という方法もまあまあ有効だと私は思っている。

しかしこれを書いていて、ガイドはやはり利用すべきだったかな……と少し後悔もしている。今後は検討したいと思う。

極意③心に問いかける

冒頭で「別に極意なんかない」といったのだが、やはり美術館賞は自分の感性に問いかけるべき部分が非常に多い。

「この作品は好きか?」「この作品はきれいか?」「この作品はなぜ評価されているのか?」「この作品の言いたいことはなにか?」「これでも美術品っていえるのか?」「この作品は自由に創作されているのか?」

そんなことを心に問いかけながら見る。見続けるというのが非常に重要だ。

特に現代アートっていうものは、人にもよるが結構頑張らないと面白さが全然わからなかったりする。私の場合は小さいころから両親に連れられて現代美術館にも多く行ったが、なかなか本質を見極めるのは未だに難しい。

20歳になって欧州の美術館を回るようになっても現代アートが分からず、それでも懲りずに何度も何度も自ら足を運んで、最近になってようやく少しつかめてきたかな、というところ。

「美術は自由に見るものだ」という意見が世の中を圧倒しているが、私はそれに対して半分同感、半分は否定的な意見を持っている。

自分の感性にしたがって美術を観るのはもちろん重要なことだが、それだけで終わってしまうと自分の感性が伸びない。世の中に評価される作品であればあるほど、自分に合わなければ「ではなぜ評価されているのか?」という視線が絶対に必要だ。

そうでなければ、村上隆の存在価値なんか完全に吹っ飛んでしまう(笑 私は村上隆大好きですよ!)。

まとめ

という事で、以上が「美術鑑賞の極意」である。

自由に見ることも重要だけど、興味を持つことが一番重要だよ、という話。
とにかく美術は面白い。世の中には美術は美しくて崇高でおしゃれなものだと勘違いしている人がいるが、全然そんなことはない。目をそむけたくなるような気持ち悪いものや汚いものだって数多くある。

一点でも多くの作品を、興味を持って観ることが、美術鑑賞では最も重要なことだと私は思う。

・過去に行った美術展の話はこちら海外の美術館・博物館の話!
スポンサーリンク