ではこのあたりで、ローマのアパートで暮らすうえで最初私が苦労した、様々なものの「使い方」とか重要事項についてメモしておこうと思います。

スポンサーリンク




ローマのアパート生活の重要な基礎知識

ローマのエスプレッソマシン「ザリーナ」を使ってみた

ローマではコーヒーといったらエスプレッソがデフォルトです。
なので、各家庭にもエスプレッソマシンが存在します。

Airbnbでイタリアに滞在する際にも必ず用意されているはずです。

これ、「ザリーナ」っていう名前です。

イタリアではザリーナはスーパーとかでも安いと20ユーロくらいで売ってます。

イタリア人はブラックコーヒーを飲みません。。。というか、存在がない気がします。
よくいう、「アメリカンコーヒー」っていうのは、エスプレッソを飲んだ人があまりにも濃すぎて飲めなかったから薄めたっていうのは発祥らしいです(たしか)。

で、もともと部屋にザリーナ用の粉があったので、私も朝作ってみた!!

参照サイト:

ザリーナの使い方:ZARINA

といっても作り方はいたってシンプル。

水を入れて粉を入れて沸かすだけです。
(ちなみにこのザリーナは専用のものなので、スイッチを入れれば勝手に出来上がります)

出るかな出るかな o(^^o)(o^^)oワクワク

しばらくすると……

で、でたあああーーー!!!!!

本当にコーヒーが沸いて出てきました!
ザリーナの使い方攻略ぅ~~~~!!!!!

飲んでみる。

 

う、薄っすううう~~~~~!!!!!!

 

これは私が粉の量を間違えたので、本当はいっぱいいっぱいに入れなきゃいけなかったらしい(笑)

しかしながら、この後何度も入れましたけど、なんか口に合いませんでした。
水を変えたり粉の量やミルクを変えたりしても無理だった。

外ではカプチーノなどを頂いてたのだが……

なので、結局その後ローマ滞在中は基本紅茶にしてた。
(どっちも好きなんです)

イタリア式(欧州式)ドラム型洗濯機の使い方

さて、お次は欧州でよく見かける、ドラム式洗濯機の使い方について偉そうに語ってみようと思います。

なんで「偉そう」かといえば、私にも使い方がよくわからんからです。

一応、大家のマルゲリータさんの説明と、ネットで少々調べた情報を合わせてとりあえず使っています。

マルゲリータさん「使い方はものすごくシンプルなの」

上部を見てもらえると、ダイアルがありますね。

f:id:nitari-movies:20170612035943j:plain

マルゲリータさん「この、Cotone40かCotone Freddoだけ使えばいいのよ。
まあ、普通だったらCotone40で十分ね。『コットン』って意味なの。
その下のはまあ、シルクとかデリケートな高級素材用だからあなたには必要ないわね」

最後の部分は私が勝手に付け足しましたが、要はそういうことらしいです。
実際はわかりませんけど、とりあえずマルゲリータさんはそう言ってました。

で。

マルゲリータさん「あとはスタートボタンを押すだけでオッケー」

ということで、押してみました。

ちなみに上に書いてある「centrifuga」ってのはGoogle翻訳でみたら「遠心分離機」って書いてあって、日本語が原語並みに意味不明でした。
ほかのサイトによると回転数のことらしいんですけどね。。

で、洗剤なんですけど、

マルゲリータさん「この引き出しに洗剤を入れればいいの」

とだけ言ってましたけど……

調べたところ、こんな感じらしい。

がまあ、「本洗い」「予備洗い」という概念もよくわからないし、洗剤の量とかもよくわからないんですね。
多分本当は、予備洗い洗剤の倍の量を本洗いに入れるんじゃないかなと思ってますけど。

でもよくわからないので、日本でいう常識的な量(20㏄くらいですかね?)を両方のポケットに入れてた。柔軟剤とかは無視です。

まあ、基本的に別に汚れが落ちなくて困るようなヤンチャな遊び方とかしなけりゃ、大丈夫だと思いますよ。

で、スイッチを入れると無事に始まります。

亀の足のようにノロいですけど。

10年以上前にもパリのアパートに短期滞在してこういうドラム式使ったけど、本当に遅いんですよね。
コースにもよるみたいだけど、まあ90分くらいはかかりますよね。

急いで出かけるときには絶対にやっちゃだめです。
私は夜回すことにしました。

ローマは日本と気温は似てるらしいけど、日本と違ってかなり乾燥しているのであっという間に乾きます。

ローマのごみの出し方

最後に、ローマのごみ事情です。

ローマは優秀なのか、1年中いついかなる時にゴミを出してもオッケーらしいです。
(ゴミステーションがアパート内にあるような、歴史地区はその限りではありませんので注意)

50メートルおきくらいに、こうやって公共のごみ箱があって、そこにいつでも捨ててオッケーなんですね。

いつでも捨ててオッケーってすごいよね。

頻繁に取りに来てるみたい。なぜか夜にゴミ収集車の音がしていました。
もちろん分別は必要です。

紙類

生ごみ

プラスチックや缶

 

…… ?

眼鏡とぬいぐるみとCD???
この分類は一体……

調べたら、「リサイクルできないもの」ということらしいです。
ちょっと日本人の感覚からしたらわかりづらいですね。

CDは確かにリサイクルできなそうだけど、メガネとかついできそうな感じがしちゃうもんね。

ということですので、ごみの捨て方については(分別の謎はともかくとして)、日本よりも非常に出しやすい環境にあるといえます。

ただ、日本は比較的厳密に分けられてるんだけど、こないだ燃えるゴミのごみ箱の口から思いっきりが飛び出ていて、まあ適当なんだなーって思いました。

私はまじめなのでかなり厳密にやってしまうタイプだったけど、ある日ゴミ箱の前を通り過ぎたら、「紙類」の口から思いっきりスニーカーが出てて、ああやっぱ適当だな、と思った。

ローマも日本も生活は変わらない。手順が違うだけ

こうしてみると、日本もローマも基本的な営みは変わらないものですよね。
当たり前なんだけど、実際に生活し始めてみると「同じだなあ」と思います。

ただ、日本のほうが生活していくうえでいろいろと神経質だな、と思うことがあります。自分だけかもしれないけど。

イタリアでは3つのアパートに滞在したけど、どれもこんな感じのエレベーター。

 

一人用の旧式のエレベーター。

例えば私が3階にいて、地階に行きたいとして、上からエレベーターが下りてきても私の階では止まってくれません。あくまでも一人しか使えないエレベーターなんですね。

そしてドアが手動なので、間違えて空きっぱなしにしてたら永遠に誰も使えないという。
このエレベーターに遭遇したら、くれぐれも気を付けましょう。

それも楽しい旅の1ページ。

そのほかのイタリア旅行記はこちら!
スポンサーリンク