死ぬまでに観たい映画
戦争・歴史

「ヒトラー 〜最期の12日間〜」感想&解説!映画より断然すごいアレ

2004年に制作された「ヒトラー~最期の12日間~」をみましたが、これ別にヒトラーの映画でもなかったです。

「ヒトラー~最期の12日間~」のあらすじ

まあ、特に説明の必要はないかと思いますが、この作品はヒトラー政権がヒトラーの自殺によって敗北する前後12日間を描いたものです。

内容を特に知らなかったんで、てっきりヒトラーが主役で死んで終わるのかな、と思ったんだけど、実際は途中でヒトラーは死んでしまいますね。

実は別に主人公がいて、それはヒトラーの秘書をしていた女性。
作品自体が、彼女が秘書の採用試験を受けるところから始まります。

秘書が主人公だけど、実際は別に秘書の視点でのみ語られているわけではなくて、当時の様子をたぶんかなり克明に再現しているんだろうな、と思います。

史実にない事はたぶんほとんど描かれてないのだとおもんだけど(じゃなかったらこの場合は意味がないし)、当たり前のことですが、このような映画では一瞬の隙も見せられないですよね。

ドイツが制作した映画だし、一瞬でもヒトラーやナチズムを肯定したり、英雄視したり、そういうのは本当にタブーだから。

しかし、この映画の場合はそういった描写はほとんど全くなかったといっていいと思います。

というかですね、とにかく淡々としているし説明も特にないので、割とほとんどドキュメンタリー的な表現を重んじていたのかな、という感じ。

これだけ多くのことが蠢いている局面なのに、決して感情的にならずに描いているのはすごいなあ、と思いました。

で、結局いいのか悪いのか?

ヒトラー政権の敗北前後を淡々と描いた作品として非常に意欲的な本作ですが、じゃあ作品としてどうだったのか?という点ですけどね。

うーん、、という感じですね。

見終わったのが昨日で、大体24時間くらいたってるんですけど、どうも思い返しても別にどうという感想もないんだよね。

悪くはないけど、よくはないかな~。

状況として割と似ている作品として、日本映画ですが原田眞人監督の「日本のいちばん長い日」という作品があります。

この作品は、日本が敗戦する1945年8月14~15日を描いた作品で、状況としては「ヒトラー」と結構似てるし語り口もそう遠くはないんですが、「日本のいちばん~」のほうがずっといい映画だと思います。

うーん、「ヒトラー」のほうは、写実的に描こうとしすぎたあまりに、全体的に何の意思も感じられない作品になってしまったというか、あんまり映画としての美学を感じないというか。

非常に冷静に描いているのは評価できるんですが、あまりに突き放し過ぎて、映画に何の意思も感じない(というか、隠している?)

これはたぶん脚本とかではなくて単純に監督に力がないんじゃないでしょうか。
ふつうなんですよね。全体的に。

あのヒトラーの死を描く作品としては、あまりにも雄弁でなさすぎるというか、どうしようもないドロドロした空気みたいなものは全然なかったです。

実は結構無難な映画になってるのではないでしょうか?

ヒトラーが取り乱したり、家族で自決したり、事象としては非常に残酷だったり狂気じみたモチーフを描いているんだけど、戦争の持つ気持ち悪さみたいなものが特に描かれてはいなかった。

あと、たぶん登場人物の魅力(役者の魅力)が薄い。

ナチスの人たち人によってはかっこいんですけど(まあそれもどうかと思うが)、かなり有名なキャラがたくさん出ているのに、いまいち顔が覚えられなかったんですよね。

まあ、コテコテの映画的なキャラづくりをされるほうがげんなりするんですけどね。

異彩を放つゲッベルス夫妻

しかし、その中で唯一というか、素晴らしいなと思ったのはゲッベルス夫妻

ゲッベルスは夫もすごいが、本当に妻がすごかった。

最終的にはこの妻は子供たちに睡眠薬を飲ませた後全員毒殺して自分たちも自決するんです。
こんなにかわいい子どもたちを殺すんだけど、その理由というのが「ヒトラーの帝国でない国で子供たちは育てられない」からだという。

完全にヤバいです。
ゲッベルスっていうのは、当然かなり有名な人ですが、聞きしに勝るやばい感じがこの映画では出ていて、まずこの男の顔も完全にヤバいし、ヒトラーへの心酔も完全に異常。

夫妻でそうなんだからイカれ切っています。

それで最後に子供たちをわざわざ呼び寄せて毒殺して自分たちも死ぬという。
その狂気の人を完璧に演じていたし、かなり良かったですね。

私個人の感想としては、ヒトラー役の人よりも良かったな。
(ヒトラー役に関しては、もうあまりにも多くの役者が再現しすぎていて、どれがいいのか悪いのかもよく分からない)

まとめ

映画の全体的な感想としては、全然悪いわけでもないんですけど、割と無味無臭であった。
もう少し、一体何をどう描きたいのか、少しでも尖ったものがあったほうが心に残るのじゃないかな、と思う次第です。

まあ、コテコテに感情的な作品にされるよりははるかによかったとは思いますが。
時代の事がよくわかりますので、観てみて損はないかと思います。

※その他の戦争映画はこちら