どうもこんにちわ、NITARI(@NITARI_freedom)です。

森アーツセンターギャラリーで開催されている、「THEドラえもん展2017」に行ってきたので本気の感想です。

スポンサーリンク

THEどらえもん展2017 のみどころ!

私は現代アートが好きでドラえもんも結構好きなのですが、名だたる現代アーティストがドラえもんをモチーフに作品を作る、という事で非常に楽しみにしていました。

実は以前2002年にも同じ企画があったみたいなんですけど、そのことは初めて知りました。

今回私が楽しみにしていたのは、村上隆、奈良美智、山口晃、しりあがり寿などなど。

私は現代アートが好きといってもそれほど作家に詳しいというわけではないんだけど、そんな私でも知っているような有名な作家が多く作品を制作していたので楽しみでした。

「THEどらえもん展2017」の中身

当たり前ですが現代アートとのコラボなので、絵画や彫刻以外にも映像やインスタレーションのようなものが多くありました。

大体の作品が写真撮影可能。
映像作品やインスタレーションは撮影不可でした。

展示室に入ると村上隆の作品がお出迎えしてくれます。

村上作品は、ポスターにもなっているこの作品と、あともう一枚ありました。

大体の作家が1作品ないし2作品を展示していました。
その中で気になったものをパシャリしてきましたのでハイライトとしてご覧ください。

山口晃の作品は3枚の漫画によって構成されていました。

テーマは、「道具が出てこない時のドラえもん」だったかな。

道具に関係のない、ドラえもんとのび太の普段の様子を描いています。

ドラえもんにのび太が「ぼくもいつか死ぬの?」と問うたりするような、少し哲学的な内容でした。

私は山口晃は好きは好きなのですが、なんかこうたまに「これはどうよ?」と思うもの?というか精神があります。

今回の作品も、視覚よりも先に知覚に訴える芸術作品、というのが、正直ちょっとどうかなーって思いました。

でも視覚には素敵な作品だったのは間違いがないです。

だからこそ哲学的な内容ではなく、もっと「昨日ウンコ踏んだ」みたいなどうでもいい話題だったらよかったのになーって思いました。

奈良美智の作品もよかったです。

テーマはドラミちゃんで、リボンをジャイアンに取られたドラミちゃん。

どうもこの作品は2002年に描かれたものの続きだそうです。

2002年バージョンもありましたが、非常にチャーミングでした。

増田セバスチャンだなあーという作品。以上。

その他のアーティスト

ここからはアニメやインスタレーションで、写真撮影不可だったものの感想。

しりあがり寿が制作したのは超短編のドラえもんアニメで、なかなか実験的な作品。
最後まで何の意味もない感じがなんとも切なくて良かったです。

後藤映則という人の作品が私は圧倒的によくて、光が当たるとドラえもんたちのシルエットが立体の中で動き出すという新しいタイプのアニメーションの表現でした。

言葉で説明するのはほとんど不可能なのでぜひ足を運んでもらいたいんだけど、この作品は本当に面白くてしばらく部屋の中で見とれていました。

その部屋の割とすぐとなりにあったインスタレーションも面白かったです。

クワクボリョウタという人の作品なんだけど、暗い部屋の中でNゲージがライトを積んでいろんながらくたの中を走り抜ける、その陰がアニメーションになっているという、こちらも非常に計算された作品でした。

どちらも素晴らしかったですね。

ドラえもん展の全体の感想

とはいえ、全体的にはちょっと物足りない印象でした。

何があんまりおもしろくないんだろう?何が物足りないんだろう?と、考えたんだけど、要するにすべての作家がドラえもんに対して非常に友好的で好印象な作品を作っていたからだと思います。

皆、想像の範囲を出ないんですよね。

もちろんですね、このイベントにはたくさんの「現代アートを知らない人」や子供も訪れるだろうと思うわけですよね。

だから、ちょっとどうしようもなく尖った作品や、時にはドラえもんを批判したような、壊してしまうような作品は「作ってはいけない」という制約があったに違いないわけですよ。

どういうことかというと、本当に何の制約もせずに自由に「ドラえもん」をモチーフにアートを作ってくれと依頼したら、例えば

  • ドラえもんの等身大フィギュアの下半身だけ人間の男の下半身(もちろん裸)
  • 3メートルの入浴中のしずかちゃんの超リアルな像(もちろん股の間をくぐれる)
  • 津波に襲われた後ののび太の部屋
  • そもそもドラえもん関係のモチーフが全く登場しない

などという事をし始める人が出てくるに決まっているわけです。
しかし、ちょっと今回のアートイベントにはそういうのはそぐわない。

あくまでも誰もが楽しめる、「前向きなドラえもんイベント」にする目的の制約がかけられていたことは間違いない。

もしはっきりとそのような定義がされていなかったとしても、そういう空気だったに違いないわけですよね。

その時点で、全然アートではないんです。

だからこのイベントは、まあアートっぽい事を言っていますけど何の批判精神も社会的テーマもない、無味無臭の作品しか集まらない何となく前向きでフォトジェニックなイベント、という事になります。

まあだからあんまり意味なかったですね、イベント自体の。

※追記 イベントのテーマが「あなたのドラえもん」だったらしいので、こういう展示になったのだという事が分かりました。

もちろんいくつかの作品は面白かったし、こんなこともできるんだなーって驚いた事もなくはないんですけど、みんなが気持ちいいためのアートイベントくらいどうでもいいものはないんじゃないかな、と思います。

もっと魂を揺さぶられるような作品を見たかったという事があります。
しいて言うなら、坂本友由のリアルしずかちゃんはちょっとそんな感じだったけど。

写真を撮るのを忘れたので、パンフレットから。

まとめ

最近はフォトジェニックなアートイベントが多いって話は聞いたけど、なんか面白いのあんまないですよね。

日本の傾向なのか、世界的にそうなのか。

私もたくさん写真撮りましたけど、フォトジェニックってなんかウザいムーブメントだと切に思います。

・過去に行った美術展の話はこちら
・海外の美術館・博物館の話!