ボルゲーゼ動物園は、ローマのボルゲーゼ公園にある動物園。

親子連れが多くて楽しい日曜日に訪れました。

スポンサーリンク

ローマの見どころ観光スポット「ボルゲーゼ動物園」

動物園観覧中に気づいた衝撃の事実

ボルゲーゼ―公園の北にある動物園がボルゲーゼ動物園です。

アクセスとしては、トラムの3番か19番がボルゲーゼ公園のちょうど裏に止まるので、そこが最寄かな。

私が訪れたのは日曜なんですが、どうしてわざわざ混んでいる日曜を選んだのかといえば、がら~んとした動物園よりも、子供がワイワイいる動物園のほうが楽しいかな、と思ったわけです。

さて、トラムの停留所から5分くらいで入り口です。

f:id:nitari-movies:20170625234514j:plain

すんごい立派なゲートですよね。
さすがローマ。

これがチケット売り場

f:id:nitari-movies:20170625234830j:plain

チケット売り場の前でスタッフの女性が、チケット売り場の整理券をくれます。

その番号がチケット売り場のモニターに表示された窓口でチケットを購入。
日本の銀行とかのシステムと同じですね。

イタリアにしては芸が細かいな、と思ったんですけど、そもそもそんなに整理券が必要なほど混雑してはいない……

とはいえ、中はかなりにぎわっていました。
チケットは割と高くて、16ユーロです。

チケットと一緒に、こんなマップをくれます。

f:id:nitari-movies:20170625235638j:plain

盛り上がってきますねええ!

さて、エントランスはこんな感じで

f:id:nitari-movies:20170625235205j:plain

子供がかわいいです♥

私はまじめなので、観る番号がついていたら必ず番号の通りに回ってゆきます。

f:id:nitari-movies:20170626000126j:plain

なんか白いフクロウがいますね。

f:id:nitari-movies:20170626000308j:plain

バッファローですね。

私はバッファローがすごく好きです。

f:id:nitari-movies:20170626000356j:plain

ロバ的なやつですね。

私は動物が大好きですが、特に好きなのがロバとか、牛とか豚とか、農場にいる動物が好きです。

まあ行ってしまえば家畜ですけど。

f:id:nitari-movies:20170626000535j:plain

これはハイエナ的なやつですかね

f:id:nitari-movies:20170626000711j:plain

日本でいうところの猿山。

と、ここで意外なものを発見しました。

なんか鳥が、放し飼いされてます。

それだけでもある程度の衝撃だったんですが、足元にちっちゃい子どもがいますね。
ヒヨコがママとお散歩しているんです。

f:id:nitari-movies:20170626000808j:plain

これはあまりにもかわいらしいので、動画でご覧ください!

この親子だけじゃないんですね。

f:id:nitari-movies:20170626001102j:plain

面白いよね~。

f:id:nitari-movies:20170626001156j:plain

レオパード君。

さて、このころになって私は違和感に気づきつつありました。

実はこの動物園に入った時から心の片隅にあった違和感が、だんだん膨れ上がってついに無視できないものになってしまったんですね。

その事実は少なからず私に衝撃を与え、狼狽させるに足るものでした。

それは……

 

あんまり面白くない……

それは別にこの動物園が、というわけではないんですね。

そもそも、そもそもだけど私、日本でも動物園とか行ったことなかった。
遠足くらいですよね。行ったの。

別に興味がなかったから。

 

あっれwwwww

どういうことなのそれwww

 

しかし、動物は好きなんですね。

だから必ず、楽しめると思ってた。

 

これは一体どういうことだ……

しかし私は見続けます。

f:id:nitari-movies:20170626001636j:plain

アシカ

f:id:nitari-movies:20170626001711j:plain

タイガー。

なんかどうも動物を見ても「うん、いるね。それが何か?」みたいになってしまって、ほんと全然楽しくないんですね。

別に、私は動物が檻に囲まれてかわいそうとか思ってるんじゃないんだけど、とにかくなんかこの、行けば動物を観れるって感じがダメなんですね。

だって先が読めちゃうわけでしょう?

例えばこの地図を見てください。

f:id:nitari-movies:20170626001934j:plain

クマですよね、おそらく。

この33番のとこ行ったらクマがいるんだと思う。そして行きますよね。

f:id:nitari-movies:20170626002019j:plain

いた。

それが何か、ってなりますよね~

(え、ならない??)

f:id:nitari-movies:20170626002139j:plain

ラクダより断然手前の子供のほうがかわいい。
もう、まったく面白くない。

もうわかった。私は動物園が嫌いだ。

だって、何のスリルもなくないですか?

地図のところに行けばその動物がいるなんて……どうかしてるぜ

唯一、ヒッポ(カバ)だけは面白くて見入ってしまった。

f:id:nitari-movies:20170626002341j:plain

このヒッポは尻と鼻だけ水面から出してずっと潜ってた。

スハー!スハー!ってすごい鼻息鳴らしながら。

これは見ていてもほとんど変化がないのに気に入ってずっと見てました。
予想外だったからですかねwww

ちなみに10分くらい見てると、一瞬、1秒か2秒くらい顔を出す瞬間があるんだけどアレ一体どういうつもりなんだろう……

別の種類のヒッポもいて

f:id:nitari-movies:20170626002606j:plain

こいつもずーっと泥の中にとどまってピクリとも動きませんでした。

しかもこの向かいに仲間もいて

f:id:nitari-movies:20170626002656j:plain

やはり泥の中でした。

このころにはすっかり飽きてしまって、半分くらい見たらもうそのまま園を出てしまいました。

16ユーロもしたチケットだったんだけどね。

ローマのボルゲーゼ動物園観覧の感想

結局面白かったのは、放し飼いされていた鳥の親子とヒッポだけでした。
全然面白くなかったですね。

しかし、別にそれはこの動物園のせいではないと思うんですね。

私が動物園が嫌いだということです。

地図のところに行けばその動物が見れるなんて、ほんとつまんないんですよね(じゃあどうしろというのだwww)

私は金輪際動物園にはいかないと思います。
もし子供でも産んだら別ですがね。

ちなみに、イタリアの特色なのかもしれませんが、お客さんは100%子連れでした。
例えばデートで来ているとか友達同士という人は、私は一人も観ませんでした。不思議ですね。

日本ではたぶんデートとか友達と来る人もいそうなもんだけど……
知らないけど。行ったことないから。

それにしても私は動物が大好きなのにこれほどまでにつまらない気持ちになるとは思いも寄らなかったですね。いっそ、苦痛でした。

私にとっての動物の存在価値を示されなかったんでしょうね。

そりゃあ動物なんか地球上に山のように、いるわけで、それがたまたま普段は我々の目に触れないところで生きてるだけなんですね。

別に生きていること自体がものすごいわけでもなんでもなくて、人間と同じように各々が生態系をもって生きてるんですね。

それが人間の手によって、見れるようになっちゃった途端にスリルがなくなるというかね。

だから、放し飼いの鳥の親子はちょっと面白かったし、ヒッポの謎の鼻だけ出しは「そうやって生きてる」って感じがして面白かったんですよね。

多分普段動物たちは、野生では捕食のことだけを考えて生きてると思うんですよね。
その檻に行けば見れる、というシステムがもう、私としてはしんどかった。

でもまあ、そういうのってなんでも同じじゃないですか。

例えば水族館ですけど、これはもう私は大好きなんですね。
なんで動物園はダメで、水族館は好きなんだろう?と考えてみたんです。

それはもう、「水中にいる」というだけである程度スリルがあるんですね。

普通では絶対観れないという別世界な感じがするので楽しいです。むしろいつまでいても飽きません。

とにかく私は動物園が苦手だ、ということが分かっただけでよかったです。

で、この動物園はそれなりに広いし、普通に動物園好きな人だったら楽しいと思います。

ボルゲーゼ公園お散歩コース

そのあと、ボルゲーゼ公園を少し歩きました。

ボルゲーゼ公園はローマ市内から最も近い公園で博物館や美術館もたくさんあるので、見どころが多いです。

是非、晴れた朝に散歩してみてください!

f:id:nitari-movies:20170626004037j:plain

この池がボルゲーゼ公園の最も重要な鑑賞スポットです。

f:id:nitari-movies:20170626004122j:plain

きれいだけど、思ったほどじゃなかった。

ヴィッラ・デステの超絶やばい庭を見てしまった今や、このくらいでは驚かない。

ボルゲーゼ動物園と公園散歩のまとめ

そういうわけでボルゲーゼ動物園は残念な結果に終わってしまいましたが、それは単に私が動物園が苦手だった、ということだけなので、普通の方だったら満足できると思います。

まあ、わざわざローマで観なきゃいけないようなすごいものはなかった気がしました。

しかし、ボルゲーゼ公園はすごくきれいですがすがしいので、お散歩におすすめです!

(2017.6.25)