つまらないブログなんかいくら書いてても、絶対にアクセスは上がらない。
それなのに、つまらないブログを無理くり書き続けている人がいる。

ああ、無駄な努力だなあ。

スポンサーリンク




ブログのアクセスが上がらない?つまんないからだよ!

ブログを始めてから他の方の運営しているブログを読むことも増えてきた。
トップブロガーと呼ばれる人はたまにチェックしているし、それ以外にも、例えば旅行ブログとかだとどんな人がどんなふうなブログを作っているのかを参考にすることがある。

しかし、たまに読んでいて「ん?」と思うくらい、物凄くつまらない記事ばかり書いている人に出会ったりする。

最近知ったブログは、デザインテーマを有料にしている旅行ブログ。
有料のテーマを使っているので見栄えがするし、タイトルが非常に人の興味を引く、旨いタイトルだし見出し画像もきれいなので、うっかり面白いブログなのかと思って何度か読んでみたんだけど、肝心の記事がもろクソつまんなかった。

運営のノウハウはしっかりできてるっぽいのに、あそこまでつまらないとは!たぶん、どこぞのブログサロンにお金を落として勉強してるんだろうな~と思うわけだ。

そもそも、「ブログ」というのはあんまり面白くないツールだ

トップブロガーでも実はそういうことがあって、例えば八木仁平オフィシャルブログとか、るってぃのブログとか、相当つまらない。
一体どういう種類の人がこのブログを読んでいるか完全に意味不明である。頭が悪いんじゃないだろうか?

ブロガー界の女王、はあちゅうのブログも死ぬほどつまらないんだけど、本人はなかなか興味深い人なのでTwitterはフォローしている。たぶん彼女の場合はもう、プロ生き様っていうか、プロのインフルエンサーなので別にいいんだと思う。
noteを購読しているわけでもないので、彼女の場合は一面しかブログでは見れない気がする。

ブロガー界の中心人物であるイケダハヤト氏のブログも全然面白くはないが、それは最近彼が金の話しかしないからで、それというのもそもそも炎上ブログが頭打ちになり、相当イケハヤ氏のブログのアクセスが落ちてきたから鞍替えをしてるんだろうなあと思うわけだ。

だからまあ別に我々にとってつまらなかろうが別にどうでもいいのだろうと思う。それはそれだ。

私が唯一、割と定期的に読んでいるブログはあんちゃという人のブログだけど、この人はたまに差別的な発言が目立つのは残念だけど割と面白いと思う。

ブログを書いている私がこんなことをいうのはなんだが、ブログってそもそも結構つまらないものなのだ。
だって、素人が書いているものを読んで、普通に考えて面白いわけはない。

当然、「文章のプロ」という人が書く文章よりも、「素人っぽさ」とか「フランク感」とかがウケて、旨い人はアクセスを挙げることができる。

だけど、上記のトップブロガーに限らず、多くのブロガーが言っている、「継続すれば必ず結果は出る」というのは、(「結果」の定義にもよるけども)大体は嘘だ。

つまんないブログは失敗する。これはあたりまえ。

こんなブログ記事を見つけた

サロンに入り、毎日ひたすら書き続けたブロガーが引退した話
某有名ブロガーをリスペクトして、半分弟子入りというかサロンにはいって月額を消費し、僅かな収入でその人の書籍をかって、血反吐を吐きながら毎日毎日ひた...

 

この人はイケハヤのブログサロンに入会して勉強してたらしいんだけど、なんともご愁傷様な話である。

そもそも普通に考えて、つまらない文章を書き続けて収益化ができるわけがない。
つまんない文章でも、まあうまくすればSEOに乗っかって上位反映されるのかもしれないけど、そんなの一時のことですぐ落ちちゃうのは当たり前の事だ。

逆に聞くけど、面白くない文章のブログをあんたは読み続けたいと思うの?って話。

もちろん、Googleの検索というシステム上、当然継続すれば多少の結果は伸びてくるのは間違いない。
しかし、それはどちらかといえば「継続すればアクセスは伸びる」というよりは、「継続しなければアクセスは伸びない」というだけの話である。その程度のものなのだ。

それなのに、結果的にうまく運営がいった人たちがこぞって「誰でも継続すれば稼げる!」なんて言うもんだから、誤解する凡人が犠牲となるわけだ。

そもそも、継続するだけで文章で食べていけるなんて、作家や本職のライターをバカにしているのか?という話だし。

書いているほうはたぶん、面白いと思って書いているのかもしれないけど、私が言いたいのは「継続神話」がおかしいという話。
(ただ、確かにトップブロガーとか言われる人の文章があまりにもつまらないので、「俺にもできそう」とか思っちゃうのはなんか分かる気がするけども)

「君才能ないよ」をスタートラインに

世の中の多くの人は才能がないのに、残念ながらその才能のなさを自覚せずに頑張っちゃっている人がいる。

そしてもっと重大な問題は、「才能がない」と思った瞬間にリングの外に降りてしまう人が多い事だ。

例えば、上のブログの話でも、結局1年間ブログを頑張ったけどアクセスが集まりませんでした、辞めますって、もったいないっていうか、何のためのブログだよとしか思えない。
その程度のことで辞められるんだったら、さっさと辞めてしまえと思う。

それは別に、「継続すればよかったのに」という事ではなくて、そもそも書きたいこともないのにブログをやってたらそりゃそうなるわな、という事だ。

一番重大な悲劇は、1年以上も自分が別にやりたくもない文章を書き続けて可能性を感じ続けたこと。それはイケハヤのせいでもなんでもなく、自分が悪い。

これも当たり前のことなんだけど、文章を書くのが好きな人は、私もそうだけど、書くの辞めようと思ってもそんなに簡単には辞められないものだ。
書きたいことがあれば、別にアクセスなんかなくても書くと思うわけだ。

つまり、「書くのが好きだからブログをやりたい」という、本来なら当たり前の動機を持つことが大切だと思うわけだ。

で、書くのが好きだからブログがやりたい、って思うんだったら、もっと全然違った戦略が見えてくるはずなのだ。
多分、やりたいことをやるためだったら、もっと全然多角的な方面から書くことに対してアプローチできると思う。

それは実は何も「文章を書く」ことだけに限ったことではない。

例えば、自分がレストランを持つとして、その集客のためにブログをするとか、何かしらのコンテンツを売るためにブログをするとかでも同じである。

「文章は苦手だけど自分のビジネスのためにブログを運営する」という動機であっても同じで、そういう場合文章が苦手なりの戦略を立てる。それが重要だ。

もちろん「金儲けをする」というのも一つの重要な動機になる。
そういう場合はわき目も降らずアフィリエイトをするべきだ。

アフィリエイターになる思い切りもない中途半端なブロガーになんてなったところで、一瞬成功したところで5年後あなたが同じように活躍で来ているかは分からないという事。
どうせ才能がないんだから、才能がない前提での戦略が絶対に必要だ。

終わりに・「弱者戦略」を学べる本

最後に、業界トップの二人が「弱者戦略」について語ったこの本をお勧めしたい。

 

「暗殺教室」などで有名な漫画家松井優征と、カリスマ的人気を誇るデザイナーの佐藤オオキがNHKの対談番組「SWITCH」で共演した対談を収録した本である。

はっきり言って「天才」とか呼ばれるレベルの二人が、話してみると「自分には才能がないから弱者戦略を使った」という。おいおいおいと思うかもしれないが非常に説得力があり、面白い。

番組を見た時にそのあまりの面白さに、20回くらいは見返したのだが(今でもたまに見返している)、のちにこの対談だけ書籍化されたという事は、世間的にもこの対談が秀逸なものだと評価されているに違いない。

全てのビジネスマン&クリエイター志望が読むべき名著だ。

<こちらもおすすめ!>
【祝☆開設半年】映画レビューブログは、結局儲かるのか?
【ブログ運営】はてなブログからWordPressへ移行しました
スポンサーリンク