【死ぬまでに読め!】おすすめの傑作漫画7本まとめ

漫画, まとめ記事

鋼の錬金術師にはまっているという話しているNITARIだが、じゃあお前は一体どんな漫画が好きなのだという事で、おすすめの漫画をいくつかピックアップして紹介したいと思う。

スポンサーリンク

【読むまで死ねない】NITARIおすすめの傑作漫画まとめ

おすすめ漫画のルール

漫画の世界というのは小説の世界と違って、基本的に売れている作品が面白い。なので、今さら誰でも知っている漫画を上げてもあんまりおもしろくないと思うので、まあ一般的にはそれほどめちゃくちゃメジャーな作品ではないよ、というものを紹介したい。

また、いくら好きな作品でも連載を終了していない作品は選外とするので、ご承知されたし。

ちなみにであるが、連載を終了していない作品でとにかく好きなのは「進撃の巨人」と「HUNTER × HUNTER」である。

大友克洋「童夢」

 

大友克洋の作品の中でもかなり有名なものだが、「漫画界の法律」ともいえるべきAKIRAなんて今さら上げてもみんな読んじゃってて何のひねりもないので、とりあえず2番目の当作品を上げてみることにした。
私はどうにもならないほどAKIRAが好きだが、実はこの童夢も無茶苦茶好きで、繰り返し読んだ回数で言ったらたぶんこっちのほうが上だ。

この作品はとにかく特に絵が好きで、漫画を描いていた時にはおこがましい事だが影響されて真似したりしていた。AKIRAより何が好きかといえば、細部の細部まで徹底して描きこまれたAKIRAよりも、ところどころ白い空間のまま残された抜け感がとにかくどうしようもなく好きだった。

大友克洋は本当にとにかく好きで好きで、絶版本も合わせて全て持っている。

黒田硫黄作「大日本天狗党絵詞」

 

大友克洋を超える衝撃の作品は一生出てこないと思っていたが、突如として現れたのが黒田硫黄だ。
彼の作品は大友作品を超える、とまでは言わなくても、肉薄するくらいの破壊力がある。非常に有名な漫画家ではあるが、それでも大友克洋ほどは知られていないので、もしご存知ない方がいたら必ず読んでいただきたい。

大友克洋の作品はAKIRAと童夢が圧倒的に有名だが、黒田硫黄作品は短編も含めて全部いいので、どこから手を出しても問題ないだろう。しかしやはり「大日本天狗党絵詞」もしくは「茄子」を読んでおけば間違いないだろう。

大友と黒田どっちが好きかと聞かれたら結構真剣に悩んだ挙句、答えが出ないかもしれない。

富樫義博「レベルE」

 

ハンターハンターでも有名な富樫が、大好きすぎて困る。富樫の漫画の何が他と違うのかといえば、もちろん話が面白いというところもあるんだけど、とにかくその美意識の高さだろう。
美意識というのか、とにかくモチーフの描き方のゆがみが圧倒的にかっこいい。例えばハンターハンターのグリードアイランドの最後の戦いで選ばれたのがドッジボール、というのがセンス良すぎて震えが来るほどかっこいい。そういう事である。キメラ編の軍儀も然り。

彼の作品はダークファンタジーが多く、ともすれば鋼の錬金術師も同類にされがちなところがあるが、確かに双方傑作ではあるのだけれど、富樫の漫画にはハガレンにない美意識があって、それが漫画の説得力を大幅にアップしているし芸術性を高めていると思う。

レベルEは基本的にはバカな王子のしょうもないSF漫画だが、たったの3巻で数えるほどしか短編が収められていないにも関わらずその奥行きは量りしれない。何度読んでも全く飽きないとはこのことである。
もちろん、ハンターハンターも必読だ。

望月ミネタロウ「ちいさこべえ」

 

テイストをちょっと変えてみた。
望月峯太郎といえば「ドラゴンヘッド」などで有名である。私はとにかく「ドラゴンヘッド」もめちゃくちゃ大好きだが、いつの間にかこの方は「望月ミネタロウ」と名前を変え、なんかおとなしいメンヘラ系漫画を描くようになった。それがとにかくよい。

「東京怪童」もなかなか良かったのだが、「ちいさこべえ」の完成度が高く圧倒的だと思う。おすすめである。

二ノ宮知子「天才ファミリーカンパニー」

 

二ノ宮知子といえば「のだめカンタービレ」で有名だ。もちろんのだめもびっくりするほど面白いが、私は彼女の「天才ファミリーカンパニー」を読んで度肝を抜かれた。ストーリーテリングのうまさが尋常ではない。
「天才ファミリカンパニー」は複雑なストーリーの中に笑いを盛り込んだ作品であるが、純粋なラブコメである「GREEN」も相当面白い。この人はストーリーテリングも圧倒的にうまいのに、あんまりストーリーのないただのギャグマンガも描けるのだ。天才かもしれない。

五十嵐大介「はなしっぱなし」

 

五十嵐大介はとにかく絵がうまい。どういう風にうまいかというと、きわめて美術的にうまい。画力があるっていう言い方ができるけど、別の言い方をすれば美術的素養のある絵のうまさである。
しかし、いくつか読んでいる中では、彼の作品は絵はうまいけどあんまりおもしろくなかったりした。彼に限らず、絵ばかりうまい人っていうのはそういうことがままある。

しかし、その中でこの「はなしっぱなし」は圧倒的に面白い。

面白いといってもストーリー漫画ではない。妖怪にちなんだ超短編を並べた連作の作品集だ。だけどこの作品の切れ味の鋭さはすごい。絵が内容を、内容が絵をどんどん魅力的にしているのだからすごい。これも何度読んでもいつまでも飽きない作品である。

いくえみ綾「私がいてもいなくても」

 

女性なら絶対に誰でもはまるだろう少女漫画界の頂点に立ついくえみ氏。何が他の少女漫画家と違うのかというと、エグイまでに描き出された女子たちの真実が浮き彫りになりながらも、めちゃめちゃ絵がかわいいからである。
もう、いくえみの漫画はほんとにかわいい。つーか男子イケメン。ほんとにめちゃくちゃ男子たちがかっこいいし、女の子がかわいいしファッションもいけてるのである。

その上描かれる人物が、ちょっと目をそらしたくなるくらいリアルだったりするから女性の心をつかんでくるわけだ。

その中でも「私がいてもいなくても」はとにかくはまってしまった。出ている女性キャラがもう、「いるいる!」でもあるし、「これは私のことだ」でもあるし、とにかくなんかこうやるせない重い気持ちになりながら、しかし圧倒的に面白い。

しかし、いくえみ漫画の男子はかっこいいが、私は結構はっきりしたタイプの男が好き(漫画のキャラでいうとエレンとかエドとかみたいな)なので、まあ正直あんまり好みではない。現代っ子なんだよね、みんな。

浦沢直樹「MONSTER」

 

この漫画を語らずにおくのはちょっと意味が分からない、というくらい面白い。とにかくこの漫画を読んでない人はかならず読むべきだし、真っ新な状態で読める人が非常にうらやましくもある。

とはいえ、この作品は非常に複雑で難解なので、何度読んでも新たな発見ができて面白いのだ。

浦沢直樹の作品はこれが確実にピークで、その後は落ちてきてしまった印象がある。20世紀少年の面白さも全然わからなかったし、プルートウも全然ダメだった。ビリーバッドはどうなのだろうか?
この方の作品は面白いが、人情的過ぎるところがやや私には合わないかもしれない。

まとめ

まあ実は書きながら次は何の漫画にしようか考えていた、というほどかなりテキトーではあるのだが、ここに挙げた作品はとにかく面白いのでご一読いただきたい。

しかし世の中には面白い作品っていうのが多いし、まだ読んでない中にも傑作はあるのだろうが、漫画っていうのは基本的に結構巻数がかさ張るものが多くてかなり困ったものだと思う。地道に読んでゆきたい。

それにしても、まったく意図していなかったが、上げた作品が「MONSTER」以外は全てせいぜい全4巻くらいの短い作品だった。気軽に楽しんでいただけたらと思う。

スポンサーリンク

漫画, まとめ記事

Posted by NITARImovies