今年から始まったサービスである「VALU」

自分の価値を数値化して売り、株式取引のようにお金儲けができるっていうけど、一体どんなサービスなのか調べてみた。

スポンサーリンク




「だれでも、かんたんに、あなたの価値をトレード」ってどういうこと?

どうも、常に金欠、NITARIです。
今回は世間を騒がせている、「VALU」っていう制度について調べてみました。調べた理由は単純明快、私がその恩恵にあずかり、どうにかお金を儲けることができないかという道を探ってのことです。

まずは、「VALU」っていうのがどういうシステムなのかを分かりやすくご説明します。

「VALU」を説明する。

いろんな説明サイトを見てみたんだけど、結構どれもちんぷんかんぷで「で?」っていう感じだったのですが、とりあえずでもいいから登録してみよ~と思ってやってみたら、すごく簡単にできたし、何となくつかめてきました。説明しましょう。

お金っていうのは、価値のあるものにしか付きませんよね。
価値のあるもの=人が欲しがるもの という風に考えると分かりやすいです。

で、この「VALU」っていうのは、自分がどれくらい人に欲しられるか?という事を数値化して売ることができる、というわけです。←まだ難しい

もう少し簡単に説明しよう。

例えば、「クラウドファンディング」と比べて説明してみます。

クラファンというのは、例えば私が、「海外の美術館の本を出版したいからお金を恵んでくり!」って募ったとして、それに同調してくれる人が寄付してくれる。その見返りに、プロジェクトが成功したらその本を優先的に寄付してくれた人に送る。というようなことができるわけです。

VALUの場合ももちろんそういうプロジェクトをできることはできるんだけど、実はこっちの場合は特に何のプロジェクトなんかを設定しなくても、自分の株を売ることができるし、人の株を買うことができるわけ。

「なんで何もやってないのに自分の株を買ってくれるの?」

理由の一つは、まずは「この人を応援したい!」と思っている人が買ってくれるわけ。

例えば私の場合は、海外旅行やアートが好きでブログを立ち上げていろんな事を紹介しているけど、そんな私の活動を好きになってくれた人が、「応援したいぞ!」と思ったときに株を買ってくれる。

もちろん、先に書いたように「アートの本を作る!」とかをブログやSNSで紹介して、それをきっかけに株を買ってくれる人も出てくるかも知れません、

しかし、あくまでもVALUの場合は一つのプロジェクトというよりは、その人の価値に対する出資(こいつ面白いから応援したい)っていう風に考えるのです。

株を買ってくれるもう一つの理由

ここが重要なのですが、クラウドファンディングの場合はプロジェクトに興味のある人しかお金を出さないというのが原則なんだけど、VALUの場合は、別にその人の活動に興味がなくても買ってくれる可能性がある、というのがポイントです。

どういうことかというと、VALUの場合は買ったらおしまいではなくて、みんながその人の株を欲しがったら、持ってる株の価値が上がるというメリットがあるわけです。

要するに、「この人の株買っといたら、後々株価上がって儲かりそうだから買っとこう」という事ができるわけですね。

これは実は我々にとってはすごい利点で、例えば今はフォロワー数の少ない私みたいなユーザーでも、誰かが「こいつの株買っといたら後で値が上がりそうだな」って思ってくれたら、買ってくれる可能性があるという事です。

それが、一番のクラファンとの違いかなと思います。

指針は「フォロワー数」

現段階では価値=フォロワー数っていう風に設定されています。

これは100%です。
つまり、VALU界ではフォロワー(集客)がないというのは、ゴミと一緒っていう意味です。

割と酷な感じもするけど、まあ納得ですね。
一昔前なら、人の価値は結果で決まるという部分がありましたが、今は過程=フォロワー=集客で決まるといってもいいかもしれません。

人からフォローされてなんぼっていうのは、まあわかりやすいし努力によってなんとでもなるって感じがするよね。

ただ、フォロワー数を稼ぐとか、アクセス数を上げることを重視した現代のマーケティングでは、どうしても広告的なもの以外は受け入れられにくいというデメリットはあります。

YouTuberのヒカルがVALUで起こした大問題

VALUの名を世間に知らしめた出来事としては、ユーチューバーのヒカルが起こした詐欺まがいの行為があげられます。

私もこの件についてはさっき調べただけなので、実はあんまり知らなかったんだけど。

ヒカルは超有名ユーチューバーでフォロワー数も多かったので、VALUを売り出してすぐに買い手がたくさんついたらしいんですね。で、どんどん株の価値が上がっていった。

で、その価値が上がり切ったところで、本人や仲間内の株を全部売り払って故意に株価を暴落させてしまった。

仲間たちは一番株価の高い時に売れたので大儲けできたけど、それ以外の株を買っていた一般の人たちにとっては、いきなり株価がゼロになってしまって大損になってしまったという話。

本当の取引市場ではこれはインサイダー取引っていう事で法的に禁止されているのだけど、VALUではまだ取り締まりがきちんとしていなかったので、逮捕とかされなかったけど、結構やばいやつなんですね(笑)。

まあ、そんな悪い事を考えることもできるお金って、なかなか奥が深いなあと思って私は面白くて仕方ありません。

NITARIの株価はいくら?

という事で私もとりあえず登録してみたら、今の段階では74000円くらいの価値ってことになっていました。まあ微妙ですね。

とりあえずまだまだ何もわかってないので上場はせず、しばらくフォロワー数を上げてみたり自分の活動に力を入れながら様子を見ようと思っています。

そのほかのビジネスに関する話
スポンサーリンク